間違えた操作で削除してしまったデータファイルを復元するには?

パソコンをはじめとしてコンピューター上では電子データを拡張子のファイルという形式で
これまでに続々と種類を増やして個人・法人を問わずに使用されてきています。

これらの拡張子はパソコンのオペレティングシステムやアプリケーションソフト、あるいは
デジタルカメラやRAID、レコーダー、NAS、家庭用サーバといった電子機器の機能で開いて
写真を閲覧したり自身でテキストを作成したり上書き、編集、削除などを行って活用していくのですが、

その際に、誤った操作でうっかり必要な画像や文章などのファイルを削除してしまうミスが
誰にでも時々起きてしまいます。

間違えた操作でファイルを失ってしまうケースとは?

Wordやメモ帳などのエディタで同じテキストのファイルを二画面 同時に開いていて、
片方に書き込んで上書き保存した後で間違えてもう片方の更新していない分のウィンドウまで
上書きして同じファイルを保存したために更新した分のテキストが失われるトラブルもよくあります。

またUSBメモリや外付けHDD、SDカードをパソコンのデバイスに読み込ませた時に、
「フォーマットしますか?」というメッセージが出て、勢いで「はい」と選択して
そのまま初期化させてすべての保存データを消去してしまうアクシデントもよくあります。

他に、ごみ箱フォルダーの中身を確認する前に空にしてしまったり、
メモリーカードなどのファイルをうっかり削除してしまった後にごみ箱に入ることもなく失ってしまう、
というような数多くの誤操作によるトラブルがコンピューター上ではよく発生しがちです。

バックアップの機能を有効にしていなければ、特にデータの喪失が激しくなりやすいです。

そんな時に、間違えた操作で削除してしまったデータをどうすれば後から復元できる?という疑問について、
下記にて訪問者様からこれまでに戴きました質問を元にそれぞれの修復の方法を並べて解説いたします。




ドキュメント内の大事なデータを消去した時に修復

まず、間違えてドキュメント内の大事なデータを消去してしまい、
また、誤って上書き保存をしてしまった文章の前の状態は復元できる?という疑問について。

ファイルを消去される前に「ファイル履歴」などの機能を使って
別の外付けハードディスクなどの記憶媒体にバックアップを行われていましたら、
そちらの予備ファイルを開いてみてください。
 
もし削除してしまったファイルのバックアップの分がない場合は、
早いうちであれば「ファイナルデータ」などのデータ復元ソフトで
ドライブにスキャンを掛ければ検出できる見込みもあります。
 
電子ファイルとしてバックアップが取れない特殊なデータは
もう一度作成し直すしかなくなってしまうケースもあります。

なお、上書きした場合はWindowsのシステムの復元やmacOS/Mac OS Xの
テキストエディットのように 「差分データ」を一定時間おきに保存しておく機能を
有効にしておくと、上書き前の状態のファイルを後から開いて、再度別名で保存し直すこともできます。

ウィンドウズを再セットアップした後でデータは復元できる?

次に、パソコンでウィンドウズの再セットアップを実行した際に、大事なデータにまだバックアップでコピーできず、
ファイルを削除してしまった時にデータを復元できる方法について。

まず、パソコンに入っているハードディスク(またはSSD)にそれ以上
新しいデータの上書きされないようにあまり動かさないようにしてください。

フォーマットした状態からファイルを回復できる「AOSテクノロジーズの『ファイナルデータ』」
といったソフトを使うと、修復できる見込みもあります。
 
「試用体験版」で回復できるかどうかのスキャンができますのでそちらをおすすめします。

 

より確実に修復するには、プロの「データ復旧サービス」に
お問い合わせをされてみて、初期診断を申し込まれてみることもおすすめします。

サービスの事業所が遠くにある場合は宅配便による送付で注文されてみてください。

ストレージからすべてのデータを丸ごと消去した後でも復元できる?という疑問については、こちらのページにて。

デジタルカメラの機能で写真画像を誤って消去したら?

次に、デジタルカメラを使っている時に手が滑ってカメラ上の機能から写真画像のJPGファイルを消去してしまった際に、
メモリーカードのデータを自分で復旧できる方法について。

誤ってメモリーカードのデータを削除してしまった場合には、
USBカードリーダーなどでお使いのパソコンのUSBポートに繋げる環境があれば
同じく『ファイナルデータ特別復元版』などの市販ソフトで個人でも修復を行えます。

また、ハードディスクやほかのメモリーカードに保存されている拡張子(ファイルネーム・エクステンション)を、
誤って削除した場合にも、データの復旧を試みるすることもできます。

ですが、もし衝撃による破損などでデータが開かなくなった場合には、一般の個人では
難しくなるため、プロのデータ復元サービスで見てもらうことを推奨します。

MacのパソコンでHDDを間違えてフォーマットしたら?

Macのパソコンで使っていた増設のハードディスクのデータを誤ってフォーマットを掛けて消してしまい、
テキストフォーマットや写真画像、などがなくなってしまった際には、Windowsのパソコンの
アプリケーションソフトで元に戻す方法もあります。

個人でできる手順として、まずハードディスクをMacパソコンの本体から外して、
外付けハードディスクケースなどに入れて、WindowsのパソコンにUSBで接続します。

(または空いたドライブベイに増設します。)

Windowsのエクスプローラー上ではドライブが表示されないのですが、
株式会社ジャングルの「完全データ復元PRO」のソフトならドライブの読み込みが可能です。

これを購入してからインストールして起動して、削除したファイルをスキャンします。

こちらも「試用体験版」があり、フォーマットをかけて消去してしまった後で、消えたファイルをスキャンして
復ができるかどうか先にチェックして、それから製品版を買う、という方法もあります。

https://www.junglejapan.com/products/kanzen/fukugen/products/data.html

また、HDDを初期化してしまった際には「フォーマットした場合」という項目を選んで検出の手順を試して、
それから製品版で復元作業を行う方法もあります。

そしてデータをDVD-RやDドライブなどにコピーして、
その後HDDをまたMacパソコンの本体にUSBコネクタで繋げ直します。

(設定などはまたやり直ししなければならない部分もあります。)

ですが、一般の個人では、100%確実にすべてのファイルが修復できるとは限らないので、あらかじめご了承ください。
データ復旧サービスの方にも、相談されてみることをおすすめします。

メモリーカードのデータの復元をするには?

USBメモリやSDカードなどのUSBマスストレージに対応されている補助記憶装置の方に移した
セーブデータの方を削除してしまった時は、パソコンにそのカードを差し込んでデータ復元ソフトを
ショップで購入してパソコンにインストールし、スキャン機能で修復を試みることができます。

もちろん、「データ復旧サービス店」ではこの内部のデータがクラッシュなどで損失してしまった時にも
診断と修復作業を行ってもらえます。

かなり以前の規格で現在はほとんど市場で普及していないデータ記憶装置の場合は
請け負ってもらえるデータ復旧サービスの業者がある程度限られてくる可能性もありますが、
USBメモリやメモリースティック、SDカード、コンパクトフラッシュ、xDカードといった
データ記憶媒体を用いたハードウェアでしたらほぼ受け付けてもらえます。