ノートパソコンの内部のファイルが破損した時にデータを復旧するには?

ノートパソコン(note personal computer)が安価で購入できるようになり、広く普及して久しいこの近年、
その内部のデジタルデータの使用をする方法なども、幅広くなっています。

しかし、たとえば移動の最中に何かの弾みで強い衝撃を受けてしまった時に、
エラーや故障を起こしてしまい、その拍子に使用中だった内部のファイルが破損してしまうこともあります。

そんな時にはどのようにすれば、ノートパソコンの壊れたデータを復旧することができる?という疑問について。




ノートPCの内部のデータを損失する事例

・ノートパソコンに内蔵された、2.5インチのハードディスクにモーター不良やヘッド吸着が起こる。

・持ち歩きの際に衝撃や圧迫、水濡れといった物的な損害が出て、ハードディスクやメモリーカードが壊れた。

・ノートブックPCの本体の電源が強制的に閉じたはずみで、データが破損してしまった。

・インターネットへの接続の際に、コンピューターウィルスに感染した。

・誤った手動の削除やフォーマットのミスでファイルを消した後で復元した時に、拡張子が正常に開けなくなった。

・ディレクトリやレジストリのシステムが損傷してしまった。

・同名のファイルの拡張子で上書き保存をしてしまい、前のデータが開けなくなった。

ノートパソコンに保存した必要なファイルが破損するトラブルとは?

まず、長く使ったパソコンや旧型のパソコンは、
OSやパーツの性能が現在のものほど平均的に安定していないため、特にエラー発生の可能性が高まります。

ノートパソコンの、デスクトップパソコン本体との主な違いは、液晶モニターやキーボード、スピーカー、
また、バッテリー(電池)やタッチパッドなどの必要不可欠なサプライを、
コンピューターの本体とすべて一体化して、コンパクトに持ち運べるようになって、どこでも使える点になります。

しかし、持ち歩きの機会が多くなる分、故障のトラブルが少し多くなりやすい点もあります。

例として、PC-Fixs(ピーシーフィックス)の、よくある質問の解説なども参考までに。

たとえば外出中、椅子に座って使用している最中に本体をうっかり落としたりすると、
その衝撃でノートパソコンが閉じてしまったり、バッテリー切れで強制終了が起こると、
そのはずみで、展開していたファイルが破損する可能性がやや高くなります。

以前にバックアップしていたデータから復旧する

次に、Windowsのオペレーティングシステムのパソコンには、様々な修復機能が搭載されています。

例えば「イメージバックアップ」、「システムの復元」、「シャドウコピー」、「システム修復ディスク」、
さらに「バックアップと復元」、「回復」、「修復インストール」、「セーフモード」、「記憶域」、「ごみ箱」など。

また、アプリケーションソフトの中には、「BAKファイル」という、
予備のバックアップファイルが、データの保存の際に自動で一緒に作成される機能が付いているものもあります。

もし、現在作成・編集中のファイルの拡張子が破損したり、間違えて消去した時には、
このファイルの名前の「.bak」の部分を、元データの拡張子と同じ文字に変更すると、
その拡張子にそのまま変換される形で、復旧することができます。

また、プロのデータ復旧サービスセンターにて、高度な技術と設備で修復をしてもらうこともできます。




macOSのパソコンからデータを復元するには?

次に、AppleのmacOS/Mac OS Xがインストールされた「MacBook Air/Pro」のノートパソコンで、
データファイルが破損した時に、元の状態に復旧する方法について。

まず、Macパソコンにも、「ゴミ箱」や「TimeMachine」、「iCloud Drive」などの、
失ったデータを復旧する機能やサービスが使用できます。

また、Time Machine(タイムマシン)のバックアップ機能については、こちらのページにて。

小型化、軽量化されて内部も頑丈に設計されているため、
MacBook AirやProのノートパソコンは非常に使いやすく便利です。

ですが、誤って、ハードディスクドライブやSSDに保存されたデータファイルを削除してしまうトラブルには、
バックアップの設定を行っていなければ、対処が難しくなることもあります。

そんな時のために、アイギーク社の「データレスキュー」という、データ復元ソフトを使って、
一度消去してしまったファイルを、ある程度の割合で拡張子の痕跡から復旧することもできます。

しかし、拡張子自体は残っていて、ファイルが破損していて正常に展開できない、という場合は、
それぞれのデータ専用の、プログラムの修復用のソフトウェアやサービスを使われることをおすすめします。

データリカバリーサービスでファイルの修復をしてもらう

もし、貴重なデータがどうしても開けず、バックアップもない、といったトラブルに遭遇してしまった際には、
ファイルのリカバリーを実施されたパソコンの修理店や専門のデータ復旧サービスにて、復元をしてもらうことができます。

デスクトップパソコンに限らず、ノートPCのデータファイルの復元も、もちろん受け付けられています。

また、マシンの完全な水没など、物理的な破損の場合での復旧の他に、
システムエラーなど論理的な障害の場合は、より高い確率でファイルの復元を行ってもらうことができます。