ストレージから全データを丸ごと消去した後でも復元できる?

ハードディスクドライブやCD-RW、DVD-RW、MO、RAID、USBメモリーカード、SSDなどデータの記憶装置やパソコン本体、コンパクトメディアに保存されている数百、数千、数万個~のファイルを、間違えてクイックフォーマットを掛けたり、リカバリー(リセット)の操作で初期化したり、
すべて選択して削除してしまった時、まだ必要だった替えの効かない重要なデータが大量に含まれていて、もう一度、消してしまっていたファイルを全て復元する事はできる?という疑問について。

ゴミ箱やバックアップ設定のフォルダーを開いてみる

まず、WindowsパソコンのエクスプローラーやMacintoshパソコンのマイファイルにあるフォルダーや、複数選択をしたファイルをまるごと削除した場合は、ゴミ箱のフォルダーに一時的に移行しますのでそこから復旧ができます。

また、ウィンドウズの「ファイル履歴」やマッキントッシュの「TimeMachine」などのファイルの復元プログラムを用いて、特定の領域の全データを丸ごと復旧できます。

フルバックアップソフトやクラウドストレージのサービスを使うなど、データのバックアップ作業を行うことはセキュリティの面でもに非常に重要な作業です。




ネットワーク上に残ったファイルを確認

クラウドストレージのサービスでは、まずメールアドレスからアカウントの登録をして、ログイン(サインイン/signin)をして、自動更新の差分バックアップやモバイル端末との同期接続といった設定を行っていきます。

そして、特定のフォルダーに保存されたファイルを、定期的に自動で、外部のオンラインストレージの領域にバックアップしていくことができます。

TeraStationやLinkStationなどのNAS製品や、インターネット上のウェブメールのサービスにもゴミ箱のフォルダーがあります。

ゴミ箱の移行できないフォルダーにあるデータ(Windowsで使う外部記憶装置など)や、アプリケーションのプログラムをアンインストールした時は、ハードディスクのゴミ箱の内部にファイルが残らない仕組みです。

その際には、『ファイナルデータ』や『Superファイル復活』などのデータ復元ソフトをセットアップして、ストレージにスキャンを掛けて、ある程度の数のファイル呼び戻しを実践できます。

ですが、消去されたファイル名をすべて元通りに復活させることができるとは限らず、特にかなり時間が経っていて新しい拡張子を上書きしていた場合は、必要な全部のデータを復元する事は難しくなる場合も多いです。

そのため、数百個以上の大量のファイルの抹消作業を行ってしまうと一般個人でのデータ復元ソフトからの復活での作業では拾いきれないもあります。

やはり、専門で営業されています、専門業者のデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、診断を受けて、修復を行ってもらわれた方がより確実でおすすめです。