サクラエディタで消去したテキストのデータを復元するには?

Microsoft Windows用のテキストエディタのソフトウェアである「サクラエディタ」(sakura-editor)で、
文章を打ち込んで使用している際に、うっかり一部の文字を削除してしまった時に復元をしたり、
誤って消去した「.txt」のデータファイルを復旧するにはどうすればいい?という疑問について。

消去した文章をサクラエディタの「元に戻す」の機能で復元する

まず、サクラエディタにもWindowsの「メモ帳」やMicrosoft Officeの「Word」と同じく、
「編集」のタブに、修復のための「元に戻す」(アンドゥ)や「やり直し」(リドゥ)の機能が備わっています。

うっかりテキストの入力中に間違えて一部の文章を削除したり、文字の打ち間違えをした時には、
編集タブで「元に戻す」を押すか、「Ctrlキー」+「Zキー」で、少し前の状態にデータを修復できます。

また「メモ帳」よりも、サクラエディタでは「元に戻す」と「やり直し」ができる回数の上限が多いため、
ある程度までメモリにある過去の履歴データの分から、ミスで消去したり上書きしたテキストを復元することができます。

一方でサクラエディタのソフトウェアを一度閉じると、パソコンのメモリに一時的に保存された、
保存せずに閉じた分の書きかけのデータはそのまま消えてしまうので、ご注意ください。

ほかのファイルや入力欄の方にテキストのコピーをしていたり、どこかに別のキャッシュ(一時ファイル)が残るように、
パソコン上で設定をされていましたら、上書きをうっかり忘れてフリーズや強制終了で保存せずに閉じた、
文章の未保存の箇所を、可能性は低めですが部分的に後からデータの復元ができる見込みもあります。

メインメモリの容量が足りない時には、パソコンのマザーボードに増設をしたり性能の高い新品に交換する、
または専門のパソコン修理関連のサービスに注文をして、換装の作業を行ってもらうことができます。




共通設定でファイルの保存時にバックアップを作成するには?

次に、保存したテキストのデータを間違えて消去したり、拡張子が破損してしまうトラブルに備えて、
予備のバックアップの分のファイルを自動的に作成して、後で復元できるようにする手順について。

まず、サクラエディタにはバックアップファイルを自動で作成する機能が搭載されています。

初期設定ではオフの状態になっているため、まずは「設定」タブの「共通設定」の項目を開いてください。

次に出てくるバルーンにある、「バックアップ」のタブを開きます。

「保存時にバックアップを作成する」の欄にチェックを入れて、「OK」を押します。

場合によって、「指定フォルダに作成する」の項目では、DドライブやEドライブなど、
別に内蔵されたハードディスクやSSD、または外付けのリムーバブルディスクの方に、
データファイルの自動保存を設定しておくのも、バックアップの一つのコツです。

BAKファイルの名前を変更して「txt」の拡張子を復旧する

次に、サクラエディタでの共通設定の変更が終わった後で、
「.txt」のテキストのファイルを一度、上書き保存または名前を付けて保存します。

すると、指定したフォルダー先に、同じファイル名の「.bak」という拡張子が自動で保存されます。

もし後に、保存していた元々のテキストのデータファイルをいつの間にか間違えて削除していたり、
HDDやSSDをフォーマットですべて消去した、または拡張子が破損してしまった場合には、
この予備のファイルの名前を「.bak」から「.txt」に変更すると、開けるようになって復元ができます。

ですが、テキストのファイルを保存しているハードディスクやメモリーカード自体が、
故障して開けなくなった場合は、一般の個人では読み込み直すのがほぼ不可能になります。

その際には、プロのデータリカバリーサービスで取り出しをしてもらうことが、唯一の復旧の方法になります。




過去の履歴の管理からデータを探して開き直すには?

次に、前にサクラエディタのソフトウェアで展開していた文書のデータファイルが、
フォルダーのどの場所にあったか分からなくなった時に、過去の履歴から開き直す方法について。

まずサクラエディタを起動して、「設定」のタブにある「履歴の管理」を開きます。

こちらの「ファイル」や「フォルダー」のタブに、これまでに開いてきたうちの、
新しい順から36個のデータが一覧で、フォルダーの場所の表示付きで並んでいます。

この中から、見覚えのある「.txt」や「.php」「.html」といったファイルを探して見つかりましたら、
エクスプローラーでそちらのフォルダーを開いて、対象のテキストのデータを展開されてみてください。

ほか、データをバックアップから復元してトラブルを解決するには?という疑問については、こちらのページにて。

または、サクラエディタなどで作成したファイル名を全部または一部でも覚えていましたら、
エクスプローラーの検索ボックスに入力をして、テキストデータの場所を調べる方法もあります。

失った文書の拡張子を修復することはできる?

また、バックアップファイルがなかった状態で 間違えて「.txt」といったテキストの拡張子を削除しても、
まだパソコンの「ゴミ箱」のフォルダーには残っていて、「元に戻す」で復元できる可能性があります。

もしゴミ箱の中にも残っていなかった場合でも、ハードディスクドライブやSSDには、
まだ拡張子の痕跡データが、表示の上では消えているだけでセクタに残っている可能性があります。

この消去したファイルは、市販のデータ復元ソフトウェアを使って検出と修復を試みることができます。

ですが より確実に元に戻したい、という際には、プロのデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、
HDDやメモリーカードを提出して、失った文書ファイルの修復の作業を行ってもらわれることをおすすめします。