データをバックアップから復元してトラブルを解決するには?

パソコンに搭載されたハードディスクやデジタルカメラなどに差し込んだメモリーカードで不具合が生じた時に備えて
事前に予備のコピーデータ(複製)を用意しておくための「バックアップ」(backup)を実行しようとしたら、

何かの機器の故障やシステムのエラー、回路の障害が発生したり、取り扱いのミスでファイルが消えてしまったり、
読み込みできなくなったり、前に保存していた予備データからいざ復元する時に、なぜか上手くできない、などの問題で、
どうすれば適切にファイルを復元して、各種トラブルへの対処ができる?という疑問について。

こちらでは、訪問者の方々からいただきましたご質問を元に、
トラブルシューティングをまとめて質問回答の形で、一覧にして解説をいたします。

最初に、ハードディスクにデータのバックアップシステムを設定したら、
元々保存してあったファイルが上書きされてしまった時、データは復帰できる?という場合について。

まず、ハードディスクの配置やオペレーティングシステムによって、少し対処が変わります。

Windowsパソコンの本体に内蔵されたCドライブやDドライブなら、コントロールパネルから
「システムの復元」や「ファイル履歴」などをすぐに実行してデータの状態を少し前に戻せば、まだ間に合います。

Mac OS Xは「Time Machine」、Ubuntuは「バックアップ」を事前にセットして有効にしている必要があります。

外付けハードディスクの場合は、AOSテクノロジーズの「ファイナルデータ」などの
データ復元ソフトでスキャンを掛ければ、消えたファイルが検出できる見込みも高いです。

LANDISKやLinkStationなどのNASやレコーダーといったフォーマットの違う製品の
HDDの場合はWindowsやMac OS Xでフォーマットが読み込めない場合が多いです。

ご自身でデータが回復できそうにない状態の場合は、専門のデータ復旧サービスに注文をされてみることを推奨します。




インターネットにあるデータからの回収

次に、インターネット上でクラウドストレージのサービスに保管してあったファイルを
同名ファイルで上書きして消してしまい、後から復旧できる?という場合について。

まず、バックアップ先のクラウドストレ―ジのサービスによって対処が変わります。

もし時間差の差分バックアップが行われているサービスでしたら、
復元機能があるかどうかを、管理ページから探してみてください。

またはカスタマーサポートに問い合わせをしてみると、場合によっては以前の上書き前のデータを送信してもらえるかもしれません。

エクスポート機能で事前にバックアップを取っていれば、そちらのデータをインポートして復元できる見込みもあります。

パソコンでインターネットを見ていたら突然、画面がフリーズして強制終了になり、その後でブックマークが消えてしまい、
そこでブラウザのブックマークの復元はできる?という場合は、まず、外付けのデータ記憶メディアやクラウドサービス
などの場所にブックマークのバックアップが自動保存される設定もあります。

メニューからシステムの確認を行ってみてください。

ブラウザのお気に入りデータが保存されているフォルダー

お使いのウェブブラウザによって「お気に入り」(ブックマーク)の保存先のフォルダーは変わります。

例えばMicrosoft Windows8.1のオペレーティングシステムの場合、

Microsoftの「Internet Explorer」(インターネットエクスプローラー)は
C:⇒ユーザー⇒ユーザー名⇒「お気に入り」。

Googleの「Google Chrome」(グーグルクローム)は
C:⇒ユーザー⇒ユーザー名⇒AppData⇒Local⇒Google⇒Chrome
⇒User Data⇒Defaultのフォルダーにある「Bookmarks」のファイル。

Appleの「Safari」(サファリ)は
C:⇒ユーザー⇒ユーザー名⇒AppData⇒Local⇒Apple Computer⇒Safari です。

Mozillaの「Firefox」(ファイアフォックス)は
C:⇒ユーザー⇒ユーザー名⇒AppData⇒Roaming⇒Mozilla⇒Firefox
⇒Profiles⇒*******.default⇒bookmarkbackups です。

ブックマークが読み取れない場合

フォルダー上で設定などを意図せずに変更してしまったりした場合は、
これらの場所のデータが認識されずにブックマークが読み取れないケースも考えられます。

ブックマークのフォルダーを開いて、まだファイルが残っているか確認してください。

前に別のブラウザにお気に入りデータをインポートしていたら、そちらも開いてみます。

パソコンによっては、ブラウザ画面の「設定」の機能などから事前に手動でバックアップする必要がある場合もあります。

ですが、通常ではウェブブラウザのブックマークはパソコン本体のハードディスクに書き込まれることが多いため、
そのままではパソコンから内部フォルダへのアクセスができず、バックアップがなければ一般個人では復元が難しい場合もあります。

HDDを取り出して、別のデスクトップパソコンに繋げて読み込んでみる手法もあります。

ほかに、iPad(アイパッド)をiTunes(アイチューンズ)から同期して開く方法など、タブレット端末の画面が
開かない状態でも、パソコンに接続して、内部のフォルダーを読み込んで一部のデータをバックアップすることもできます。

または製造メーカー先のカスタマーサポートセンターに郵送で出せば
故障がよほど重度の破損でなければ、多くの割合で修理してもらえます。

また法人の場合、運用管理のシステムを突然のアクシデントから保全するために、無停電電源装置(UPS)や
迂回用回線を設備に備えておくと、電気のバックアップによって通電の面での安全性が高まります。

専門のデータ復旧サービスでは、物理的な故障で断線したり割れた回路を繋げ直して修復をしたり、
データが保存されているメモリーを取り出しして読み込んで、
他の補助記録メディアに移し変えてもらう、といった方法で復元をしてもらえます。