SDメモリーカードから失ったデータを復元するには?

デジタルカメラや携帯電話のカメラ機能で撮影した写真画像、インストールした音楽ファイルといった、
SDメモリーカードが、搭載している機器の故障で読み込みできなくなったり、
パソコンのローカルディスク内に移し変えて保存する作業などでコピー・移動と間違えてデータを削除したり、
同名のファイルと上書きしたりして失った場合は、どうすれば復元できる?という疑問について。

SDカードをUSBカードリーダーで開く方法とは?

まず、SDカードを差し込みしているデジタルカメラやモバイル端末が故障して開けなくなった時は、
読み込めなった装置からSDカードを取り外します。

市販のUSBカードリーダー・ライターにあるインターフェース(差込口)に差し込みをします。

USBポートからパソコンにつなげて、デバイスドライバを認識させて、
SDメモリーカードの内部のファイルを読み込みすることができます。

そして、必要なデータを外付けハードディスクドライブやRAIDなどにバックアップして、復旧します。

SDメモリーカードで削除したファイルを復元するには?

次に、携帯電話(Mobile phone)やデジタルカメラ(Digital Camera)で使用するSDメモリーカードから、
誤ってファイルを削除してしまった時に復旧したり、失ったデータを復元する方法について。

まず、macOSのパソコンのFinderから、USBカードリーダーを通してPC上の機能でファイルを削除した場合は、
ゴミ箱のフォルダーに、一度拡張子が移行されます。

ゴミ箱を開いて、「元に戻す」を実行することで、データをSDメモリーカードにもどすことができます。

Windowsのエクスプローラーから消去した場合や、デジタルカメラなどの機能で消去した場合は、
市販の「ファイナルデータ」や「完全データ復元プロ」といったのデータ復旧ソフトによって、
SDカードを読み込んで、スキャンをして検出ができたデータを修復することができます。

SDカードのフォーマット後にデータの復元は可能?という疑問については、こちらのページにて。

SDXCやSDUCのメモリーカードに対応していない場合は?

データ復元ソフトウェアなどのユーティリティーの中には、特殊な外部データ記憶装置や
ファイルシステムには、WindowsやMacパソコンで通常では対応できないものもあるため、
購入または体験版のインストールの前には、用途をご確認ください。

ユーティリティーをパソコンにセットアップするか、USB/DVDブートで起動して、
ドライブスキャンを、各ソフトウェアの手順に沿って進めていきます。

主にSDメモリーカードには、通常のサイズのSD Memory Cardと、miniSDカード、microSDカードがあります。
現在はminiSDカードは開発が終了しています。

古いカードリーダーでは、新しく大容量の製品であるSDXCやSDUCのメモリーカードには、
対応されていないため読み込みできないので、新しいカードリーダーも買う必要が出てきます。

定期的なデータのバックアップによる保存

SDカードは、主に携帯電話やデジタルカメラ、デジタルオーディオプレーヤーを
はじめとする持ち運び可能な小型の電子機器に使われている補助記憶装置です。

MOやCD-R、DVD-Rのように大きめのサイズではなく、USBメモリよりもさらに小さい、
小型のチップのような形状のメモリーカードであり、持ち運びにも大変便利です。

しかし、データの長期間の保存には、ハードディスクドライブやDVD-Rの方が向いているため、
写真画像やテキストといったデータを、定期的にパソコンと通して、
や外付けハードディスク、RAID、NAS、DVDディスクなどにデータのバックアップをされることを推奨します。

ファイルを削除した後で繰り返し上書き保存をしていたら?

ファイルを削除してしからすぐ作業を行えば高確率で元に戻せるのですが、
すでに何度もSDメモリーカードに新しく別のファイルを上書き保存をしてしまった時は
拡張子の痕跡が上書きされて、修復できる確率が下がってしまうため、ご注意ください。

また、カードの基盤に大きな傷がついてしまったり、また割れてしまう、水没してしまう、高熱や低温、
強い磁気にさらされてしまうなど物理的に破損して読み込みができなくなった場合には、
自力で復旧するのはほぼ不可能なため、これらの状態になった場合には、専門の事業である
データ復旧サービスセンターに出して、内部のファイルの取り出しの作業の依頼をされてみることをお薦めします。