SDメモリーカードから失ったデータを復元するには?

SDカードとは、主に携帯電話やデジタルカメラ、デジタルオーディオプレーヤーを
はじめとする持ち運び可能な小型の電子機器に使われている補助記憶装置です。

MOやCD-R、DVD-Rのように大きめのサイズではなく、USBメモリよりもさらに小さい、
小型のチップのような形状のメモリーカードであり、持ち運びにも大変便利です。

主にSD Memory Card(SDメモリーカード)とminiSDカード、microSDカードの三種類があります。

携帯電話のカメラ機能やデジカメで取った写真画像、インストールした音楽ファイル
などをパソコンのローカルディスク内に移し変えて保存することが主な用途なのですが、
もしもその作業中にコピー・移動と間違えてデータを削除してしまったり、
同名のファイルと上書きしたりして失った場合は、どうすれば復元できる?という疑問について。

まず、SDカード内部のファイルはご存知、USBポートからデバイスに認識させることが
できますので、ファイナルデータや完全復元プロなどのデータ復旧ソフトを
用いて読み込ませて、修復を行うことができます。

ソフトウェアの中には特殊な外部データ記憶装置まで対応できないものも多いため、
購入またはインストールの前には用途をご確認ください。

ユーティリティーをパソコンにセットアップするか、USB/DVDブートで起動して、
ドライブスキャンを、各ソフトウェアの手順に沿って進めていきます。

検出ができた写真画像をパソコンや外付けハードディスク、RAID、NAS、個人用サーバなどに
データのバックアップをする形で保存します。

ファイルを削除してしからすぐ作業を行えば高確率で元に戻せるのですが、
すでに何度もSDメモリーカードに新しく別のファイルを上書きしてしまった時は
拡張子の痕跡が上書きされて、修復できる確率が下がってしまうためご注意ください。

カードの基盤に大きな傷がついてしまったり、また割れてしまう、水没してしまう、高熱や低温、
強い磁気にさらされてしまうなど物理的に破損して読み込みができなくなった場合には、
自力で復旧するのはほぼ不可能なため、物理障害に対応されている
データ復旧サポートセンターにて内部ファイルの取り出し作業の依頼をされてみることをお薦めします。