microSDカードに記録していたデータファイルを復旧させる方法

デジタルカメラやビデオカメラ、携帯電話、スマートフォン、タブレット端末、
デジタルオーディオプレーヤーといった電子機器で作成したデータファイルを保管するための
フラッシュメモリ型のデータ保存装置であるmicroSDメモリーカード(マイクロSDカード)で、
データが消えてしまったり読み込めなくなったら、どうすれば復旧できる?という疑問について。

壊れた機器からSDカードを取り出して読み込むには?

まず、microSDメモリーカードは、デジタルカメラや携帯電話で撮った写真画像のファイルなどを
頻繁にパソコンに移動させる動作や、持ち運びの機会が多くなりやすいデバイスでもあります。

コピーと間違って削除操作やフォーマットをしてしまったり、物理的な損傷で
内部データがデバイスから読み込めなくなるトラブルが発生するケースもあります。

そんな時には、まずデジタルカメラやスマートフォンといった電子機器が壊れてしまった際に、
SDカードの方はまだ無事そうでしたら、ソケットから取り外して、USBカードリーダーに差し替えるか、
別の機器に移し変えて、パソコンどでマイクロSDメモリーカードを読み込みして開くこともできます。

microSDメモリーカードから消えたデータを復元するには?

次に、microSDカードに記録されていたファイルの拡張子を、誤って削除した時には、
どのようにすれば復元できる?という疑問について。

まず、マイクロSDメモリーカードはUSBポートと専用アダプタから接続する外部記憶媒体であるため、
パソコンに標準で搭載されている復元システムでは、基本的に元に戻すことはできません。

ですが、市販の『ファイナルデータ』や『完全データ復元プロ』などの、データ復元ソフトウェアを
購入・インストールして使うことで、誤った拡張子の消去や、フォーマット(初期化)などの論理障害で
失ったファイルの場合でしたら、データの痕跡からの復旧(restoration)を行うことができます。

マイクロSDメモリーカードに読み込みエラーが起きたら?という疑問については、こちらのページにて。

マイクロSDカードをスキャンして拡張子を修復する

パソコンにセットアップしたデータ復元ソフトウェアを起動して、リムーバブルディスクとして接続している
microSDメモリーカードに「ドライブスキャン」を行います。

スキャンの作用が完了しましたら、画面の一覧リストに、検出に成功した拡張子名が表示されます。

その中から必要なデータファイルを選択して、パソコンや外付けハードディスクドライブに、
バックアップをして保存する形で、修復を実行します。

写真画像やテキストといったファイルの拡張子が保存されましたら、パソコンのHDD・SSDまたは
外付けハードディスクやRAIDのフォルダーを開いて、対象のファイルをソフトウェアで展開してみます。

正常にデータが開ければ、復旧は完了です。

メモリーカードの規格が破損して読み取れない場合は?

microSDメモリーカードの規格のサイズは、11mm×15mm×1mmと、miniSDカードよりも更に小型化され、
データの容量も多く保存できます。

一方で、メモリチップが収納されているケースが薄く、衝撃や圧迫によって破損してしまいやすく、
カードリーダーやアダプターからの読み取りができなくなったら、一般の個人では
内部に保存されているデータファイルを開くのは、ほぼ不可能になってしまいます。

データ復旧サービスでリカバリーを行ってもらう

SDカードそのものの回路が物理的に損失していると思われ、パソコンのBIOSやOS、
アプリケーションソフトウェアでの読み取りができない場合は、
それ以上は、故障したメモリーカードを通電するのは控えて、一度カードリーダーから取り外します。

microSDメモリーカードの物理障害に対応されている、専門のデータ復旧サービスセンターに
問い合わせをして、メモリチップの内部からのファイルの取り出しをしてもらわれることをおすすめします。