SDカードをフォーマットした後にデータの復元は可能?

USBフラッシュメモリと並び、一般的なデータ記憶デバイスとして広く普及しています
『SDカード』をデジタルカメラで使用中に、誤ってフォーマットをかけて、写真画像やムービー、
また音楽やテキストなどのファイルを削除してしたら、どうすればデータを復元できる?という疑問について。

SDメモリーカードを誤って初期化してデータを消去したら?

まず、誤った初期化で失ったデータの復元が可能かどうかは、フォーマットの種類によって大きく可能性が変わります。

デジタルカメラで初期化した場合だけでなく、パソコンに接続した際に、USB2.0/3.0カードリーダー/ライターや
変換アダプターに差し込んで、パソコンのUSBコネクタに接続してデバイスに認識させようとした時、
ハードウェアまたはソフトウェア的なエラーで正常に読み込まれず、
『フォーマットしますか?』という指示のメッセージが出る例もあります。

フォーマット(format)とは、初期化の意味で、ここで「はい」を押すと
SDカードに保存された全てのファイルやフォルダが全部消去されてしまいます。

勢いで「はい」と選択されてしまうと、ゴミ箱フォルダーにも移行されずに消えてしまいます。

時間を短縮して行うクイックフォーマット/論理フォーマットの作業は簡易的な初期化の作業であり、
まだ削除されたファイル群の痕跡は残っていて、すぐに復元の処置を施せば直せる見込みは十分にあります。

SDカードをフォーマットした後は上書き保存を控える

次に、SDメモリーカード(SD Memory Card)を、間違えてパソコンやデジタルカメラでの操作のミスで
初期化(formatting)して、書き込みされていたファイルを失った場合に、消えたデータを復元する方法について。

まず、物理フォーマットで時間をかけて完全にセクタを全て上書きする
初期化作業の場合は、一般個人では復旧はが非常に困難になります。

しかし大抵のミスの場合は論理フォーマットが行われる仕組みであるため、
SDカードの個別の設定が特殊であったり、新しく大量のファイルを上書きしたりしていなければ、
まだデバイスからのある程度のデータの復元は可能な範囲です。

すなわち、誤った削除の後でなるべく新しい撮影による写真画像のデータの保存といった使用をしなかった場合には
拡張子の修復の成功率も高まります。

SDカードで「フォーマットしますか?」と表示された時は?という疑問については、こちらのページにて。

データ復元ソフトでSDカードをスキャンする

デジカメで撮影した動画などを間違って消してしまった後、ファイルの復旧を試してみるには、
動画の拡張子(.movなど)に対応されているデータ復元ソフトを購入して使用してみる方法があります。

(海外製のアプリケーションソフトは英語表記で少し操作が難しいことがあります。)

自分自身でSDカードの削除ファイルを復活させる場合は、市販の
「ファイナルデータ」や「フォトリカバリー」、「Superファイル復活」といった
データリカバリーソフトウェアを購入してパソコンにインストールします。

SDメモリーカードをPCに接続して、データ復元ソフトウェアのスキャンの機能を実行します。

容量が32GBや64GB、128GB以上と、高いSDカードの製品は、データを消去した数や拡張子の大きさに関わらず、
ディレクトリのファイルスキャンに少し時間がかかります。

検出された拡張子ファイルの一覧に、取り戻したいデータが表示されていましたら
「復元」を開始して、パソコンのフォルダーに保存して、拡張子の復旧の作業は完了です。

しかし、アプリケーションソフトウェアの機能は必ずしも高確率での復元を保証できるものではなく、
ファイルの検出が不可能な場合も多いです。

ファイルの拡張子が壊れていた場合は?

デジタルカメラなどでSDカードを使って、動画・静止画を撮った後に、「.MOV」と「.ASF」といった
いくつかの動画・静止画のファイルを削除操作や初期化で消去してしまい、そこでデータ復元ソフトで
スキャンを掛けてみて検出できたファイルが、一部が破損しているためか再生ができない、という場合は、
サムネイルを表示して正常に映っているか確認、また試しにファイル名の変更で拡張子を変えてみます。

それでも再生できない時は、その動画ファイルではなく、
パソコンのレジストリ構造の破損を直すことで 開くことが出来るかもしれません。

パソコンのシステムが破損していた時に修復するには?

拡張子ではなくOSのレジストリの一部が壊れているためにファイルが開けない、という場合もあります。

その際にはパソコンのレジストリを、レジストリクリーナーなどの
修復ソフトウェアを使って、SDカードなどの読み込みを回復させてみます。

コンピューター上でデリケートな部分のレジストリを 書き換える作業を行うため、
念のために先に外付けハードディスクかRAIDにパソコンの全体のフルバックアップを取っておかれることを推奨します。

他のパソコンでも開けない時は、MOVやASFなどの動画ファイルの方が、
やはりSDカードのデータが破損している状態で修復されていた可能性が高いです。

個人で市販のソフトウェアを使う手法では、どうしてもそれほど高くはない復旧の確率が前提での作業になります。

壊れたファイルをいくつか直してもらうだけでしたらそれほど費用もかからずにすむので、
専門のデータ復旧サービスにお問い合わせをされてみることをおすすめします。

データリカバリーサービスで復旧してもらう

より小型で大容量なmicroSDカードやminiSDカード、SDHCメモリーカード、
microSDHCカード、SDXCメモリーカードといった新型の製品も続々と発売されて、

ノートパソコンやデジタルカメラといった様々な小型の端末でのファイルの移動やバックアップ用に
使用する機会が多い分、うっかりデータを初期化するトラブルが出やすいので注意が必要です。

やはり、SDメモリーカードが一般的に普及している分、
間違えてフォーマットを実行してデータを削除してしまうトラブルの事例も後を絶ちません。

フォーマットで消えたファイルを出来る限り確実に修復したい場合は、専門のデータ復旧サービスセンターで
SDカードを早めに見てもらい、専門の設備と技術での復元の作業をしてもらわれることを推奨します。