サーバから失ったサイトのデータを再作成して復旧するには?

サーバ(Server)に保存されているデータをうっかり間違って削除してしまったり、
ホームページのサービスが終了して対象のサイバースペースがなくなったり、サイトの更新のミスで破損した場合に、
各ウェブページのファイルを再作成して復旧するにはどうすればいい?という疑問について。

ホームページのデータを丸ごと復旧するには?

まず、失ったホームページのデータを丸ごと作り直して復旧される場合、
最初は誰でもどのように作り直せばよいか、難しいかと思われます。

ホームページはトップページ(インデックス)と下階層のディレクトリページ、
またサイトマップやRSSフィード、画像ファイルといったいくつものコンテンツで構成されているのですが、
まずは簡単に、トップページから復旧してみましょう。




HPの製作ソフトウェアでサイトを再構築するには?

ウェブぺージは、HTMLソースやCSS、CGI、PHPといった、タグ文法で書かれたテキストファイルで出来ています。

しかし最初はそこまで詳しく覚えなくても大丈夫です。

ジャストシステムの「ホームページ・ビルダー」など。HP作成ソフトウェアやブログサービスを用いて、
簡単にできる作り方でINDEXのページを一枚作成してみます。

それをウェブレンタルサーバー先のファイルマネージャーに、アップロードされてみてください。

トップページのURLアドレスをブラウザで確認

FTPソフトやホームページの制作ソフトで、ウェブページのHTMLといったファイルを送信したら、
トップページのURLアドレスをインターネットのウェブブラウザで開いてみて、
作成したページがしっかりと表示されているかどうかを確認します。

もし正常に画面上にページが表示されていなかったら、ファイルマネージャーを開き直して、
INDEXのファイルが正しい階層にアップロードされているかどうかをチェックされてみてください。

また、HTMLソースの記入ミスの方も、チェックして、ミスがあったら修復してください。

PHPファイルのテキストを失った時に修復するには?という疑問については、こちらのページにて。

サブコンテンツのファイルを再作成するには?

最初の1ページができましたら、次は同じ作り方で、他のサブコンテンツとなるページのファイルを、
1個ずつ再作成してみましょう。

ホームページに必要な主要コンテンツは、インフォメーション、サイトマップ、ヘルプ、
個別コンテンツのページ、RSS配信ページなどがあります。

ウェブログサービスの場合、すでに過去のログデータをエクスポート(バックアップ)されていた場合は、
インポートのフォームにそちらをアップロードして、ウェブ上にデータを復旧することができます。

そしてトップページから下へと、きれいな階層式にウェブサイトを構築していきます。

序盤のうちでしたらページの多さやデザイン、失ったページデータの正確な復元など他の要素に関しては、
あまり気にされず、まずはページの再構築のペースに慣れていくことから始められていくことで、
よりスムーズにホームページを復旧できます。

そしてサイトが次第に元に戻ってきたら、次はページの細部にも力を注いでいきましょう。

または、ホームページの作成サービスに注文をして、代行作業を行ってもらう方法もあります。

サーバ上から失ったデータを復元するには?

ネットワークで通信先のクライアントにサービスを提供するコンピューター装置である『サーバー』(server)上で、
またはそのシステムを搭載したNASなどの機器で、内部のハードディスクなどの
データ記憶装置に保存されていたファイルを間違えて削除してしまった時は、
「復旧天使」といった、XFSなどのファイルシステムを読みこみできるデータ復元ソフトが必要になります。

また、サーバ(Server)やNAS(Network Attached Storage)が故障した時には、
まだ内蔵されたハードディスクドライブ(Hard Disk Drive)は破損していなくて、
セクタに残っている必要なファイルを読み出しして救出することもできます。

ハードディスク自体が、物理障害の影響で故障してしまった時には、
サーバやNASのファイルの救出のサポートに対応された、データ復旧サービスに注文をされてみてください。

個人や自社内のファイルサーバーから誤って削除や初期化の操作で消去してしまったり、
サーバーダウンの障害やOSのシステム障害、アクセスエラーなどで読み込みできない時や、
HDDやサーバー本体の物理的な破損による故障で開けなくなった際にも、データを復旧してもらうことができます。