Windows Server2008の安全管理とデータの復旧

Microsoft Windows Server2008【マイクロソフト・ウィンドウズ・サーバ2008】
とは、マイクロソフトより発売されています、サーバー向けのWindows OSです。

WindowsServer2003の後継種として登場しています。バージョン名は『Windows Server 2008 R2』。

64Bitと32Bit(ビット)の環境に対応されており、Windows PowerShell(ウィンドウズパワーシェル)の
スクリプトやServer Coreというインストールオプション、Hyper-V(仮想化マシンモニタ)などの
技術が新しく導入されています。

コンピュータやユーザーの管理を行うディレクトリサービスシステムも
新しく、『Active Directory』(アクティブ・ディレクトリ)が使われています。




ウィンドウズ・サーバーの安全対策

サーバのシステムは、クライアントからの処理要求を常時受信して応答を行う装置であるため、
多くの用途の場合で24時間365日、長時間連続で起動して使用する事となります。

そのためパソコンや携帯電話といった他の電子機器よりもハードディスクドライブなどの
精密な回路を中心に部品への負担もかかりやすく、いつ故障やダウンの障害が
発生するかもしれませんのでシステムやデーターの安全対策が必要不可欠となります。

まずは基礎的な保全管理として、セキュリティガイドの案内に沿って
ウイルス対策ソフトやファイアウォールを導入しましょう。

サーバの購入やWindowsServer2008のOSダウンロードの前に、通常の動作が可能な
推奨スペックの基準を満たしているかも確認を行いましょう。

もしもスペックが足りない場合は必ず部品の交換をしてもらうなどして動作環境の基準を満たす事も重要です。

設置場所の周辺には機械に悪影響を与える物を置かないようにして、
またサーバールーム内野温度や湿度の調節も行えるよう整える事も大事です。

時々、ホコリやゴミの除去のために掃除も行いましょう。

バックアップと復元の機能

急なシステムダウンや内部の破損で壊れてしまう事態に備えて、
サーバ内部データのバックアップ対策も必ず施しましょう。

まず、近年の「WindowsServerバックアップ」や「ntbackup」というWindowsOSに提供されている機能が役立ちます。

どちらも2008には標準で搭載されてはいませんので、ダウンロードしてインストールする必要があります。

他にも市販のフルバックアップユーティリティを購入して一定の間隔時間おきに更新して保存できるようにすると、
こまめなバックアップを自動で行う事で、シンの障害が起きた後でも、故障を直した後でほぼ元の状態に戻せます。

また、通常のパソコンからでも、データベースや管理画面にアクセスができれば、そちらからファイルマネージャーのデータやシステム設定のバックアップを行うことが出来ます。

ウィンドウズサーバー2008はWindowsVistaを基準としたOSですので、
シャドウコピー機能をセッティングして備えるのも有効です。

しかしバックアップの取りこぼしが発生したり、手動で誤って削除してしまうといったトラブルが起きて
一部のファイルが消えたりした場合は、Server2008か、対象のファイルシステムに対応されている
データ復活ソフトウェアをインストールして、検出してみましょう。

時間が経ってセクタ内容が他のプログラムの動作で変わってしまうと、次第に
読み込みが効きにくなっていくため、早めにファイルの修復の対処を行いましょう。

他に、もしサーバが本体が故障した時は無理に稼動を続けずに、購入メーカー先のサポートか
コンピューターの修理業者に損壊した部品の修理交換の依頼をされてみて下さい。

各種の回復ツール機能を試してみてそれでも直せなかったり、ハードディスクが破損して内部の読み出しが
出来なくなった時はHDDをデータ復旧サービスに診てもらい、中身の抽出を行ってもらいましょう。