SQL Serverのデータベースを復元するには?

米国:マイクロソフトにより開発・販売されているRDBMSこと、リレーショナル・データベース管理システムの、
Microsoft SQL Server(マイクロソフト・エスキューエル・ サーバー)を使用されている際に、
ある時、内部のデータベースにある、必要なファイルやフォルダーを失ったり、
ウェブサイトのデータが破損してしまったら、どうすれば復元することができる?という疑問について。

よくあるサーバ上のアクシデントの事例

まず、SQL(エスキューエル・シークェル:Structured Query Language)とは、
リレーショナルデータベースの取り扱いをする、構造化照会言語です。

SQL Serverのデータベースを構成するアクセス権を定める定義言語と、
テーブルに対してのデータ追加・更新・削除を扱う操作言語があります。

このSQLサーバーに保管されたデータファイル群も、PCや他の種類のサーバ、周辺機器のデータ記憶装置と同じく、
作成した分だけのデータを、バックアップなどの対策手段で保管をして、
もしものアクシデントで構造などが破損した時のために、いつでも復元ができるようにしておく必要があります。

コンピューターは、急な落雷や台風、地震、強打、埃の侵入などの外部的な影響で故障して、
動かなくなるアクシデントも起こるためです。

また、誤ってSQLのデータベースのテーブルを削除してしまったり、まったく違うデータに上書き保存して、
損失してしまった分は、上手く対処をしなければ復活が難しくなります。




エクスポートやバックアップのサポート機能を活用

次に、インターネット上のデータを保護するための、主な事前の復旧対策の方法について。

まず、RAIDやNASの装置の導入によるミラーリング(ハードディスクの二重化)を、
サーバの機器にセッティングする手法がおすすめです。

片方のHDDのグループが破損しても、もう一方のグループからデータ復旧をして、
稼動を続けられるようにするシステムの導入をすると、安全性が高まります。

また、サーバーのデータ復旧については、こちらのページにて。

サーバやNASは、ハードディスクやSSDに実行されるファイルシステムのフォーマットが、
WindowsやMacのオペレーティングシステムとは異なっていて、PC上では通常、
増設や外付けで新しいローカルディスクとして認識させても、そのままではデータが開けない場合もあります。

また、自宅や自社で運用されているサーバのHDDにあるファイルやフォルダーを取り出ししたい、という際には、
プロのデータリカバリーサービスにストレージを出して、復元してもらわれることをおすすめします。



デジタルデータリカバリー

SQL Serverのバックアップと復元の機能とは?

次に、自動バックアップのシステムを、専用のソフトウェアや専門の事業への依頼で整えて、
データベースの差分から更新したファイルを常に作っておく手段などが有効です。

また、Microsoft SQL Server自体にも標準で、「バックアップと復元」のセクションが付いています。

こちらのマニュアルに目を通してセットアップを行うと、更に安全管理の幅も広がります。

詳しくは、例としてデータベースの完全バックアップの作成の解説などを参考までに。

また、以前にバックアップした分のデータは、いつ頃に作成したものかどうかも、ご確認ください。

SQLサーバーのディレクトリに予備のデータを引き出しして上書き保存する前に、お使いのWindowsやMacのパソコンで、
現在のウェブサイトに保存されている状態のデータの方も、念のためバックアップして、
もしもの時に後から、必要な差分のデータファイルを復元できるようにされておくことを推奨します。

レンタルサーバ上のデータベースを復旧するには?

次に、自身で管理を行っていないレンタルサーバ上のデータベースを復旧したい、という場合の対処法について。

まず、SQLサーバーを導入して契約しているサービスのサポートに、もしエクスポート/インポートや、
一括のデータ保存によるバックアップ、クラウドによる共有やウェブページへの公開アップロード、
といった機能がありましたら、それらを一つずつ開いて、どこかの機能で復元が可能か確認します。

また、サーバとストレージでデータを復元する方法の違いとは?という疑問については、こちらのページにて。

事前に、別の場所のサイトからエクスポートしていたデータを、サイトの移転などで、
SQL Serverのホームページにインポートしたい、
という場合は、ファイルの形式やテキストの一部を変更しなければならない場合もあります。

データ復旧サービスでハードディスクを見てもらう

もし、SQL Serverにすでにメディア障害が発生して、外付けHDDやRAID、NAS、クラウドなどでの、
データのバックアップの予備がなく、手遅れな状態になっている時は、ひとまずそれ以上の稼動を一度中断します。

Superファイル復活3の販売ソフトウェアや、データ救命サービス(インターコム)
といったサポートで、SQLサーバの復旧にも対応されていますので、これらを使用して残った痕跡からの修復を試みる手法もあります。

または、データレスキューセンターにも、サーバの復活の注文のお問い合わせをされてみることをおすすめします。