一時的に電源を切る時はスタンバイの方が良い?

Windowsパソコンの起動をストップさせるには、スタートメニューの終了オプションで開く
『コンピュータの電源を切る』の項目にある3つのボタン
【スタンバイ】【電源を切る】【再起動】のどれかを選択します。

パソコンを1日以上使わない、など通常の時は【電源を切る】を押すのですが、
数分~数十分くらい一時的に席を立って、後ですぐに起動しなおす場合でしたら
スタンバイの方が、マシンへの負担や起動時間が掛からずお薦めです。

またスタンバイモードは通常、キーボードやマウスの一押しで解除してパソコンを開き直せるのでまた便利です。

パソコンは電源を切る時と起動する時に、特に電力・電圧を必要とし、
またHDDなどの部品にも1回おきにほんのわずかながらも負荷もかかります。

そのため、少しの間電源を帰しておきたい場合でしたらスタンバイモードで
十分ですし、パソコン本体にも負担をかけずに済みます。




しかし、ログオンのし忘れによる長時間の放置にはご注意ください。

また、一度シャットダウンしてすぐに起動させたい時には再起動を使うようにしましょう。

一度電源を切ってすぐまた電源ボタンを押すやり方は、一見同じようでも電力・電圧に
急激な電圧がかかり故障の原因にもなりかねませんのでお薦めできません。

シャットダウンや電源ボタンの押し続けでパソコンの電源を一度切った後は、
1分くらいは時間を空けてから起動した方が安全です。

ログオフやスタンバイ、再起動の後で急にパソコンの様子がおかしくなって
止まってしまった時は、あまりそれ以上は無理に動かされずに
PCのトラブルサポートサービスにお問い合わせをされtみてください。