データ修復の初期診断の受付サービスとは?

パソコンのハードディスクや外付けHDD、RAID、NAS、USBメモリ、SDカードといった
周辺機器などの各種データ保存メディアで、誤った操作で必要なファイルを消去したり、
衝撃やエラーなどで破損してしまった場合、自身では通常、直すのが困難になりやすいです。

そこで、専門のデータ復旧サービスの業者に喪失したデータの復元の依頼をする時には、
どのように注文の際に、様々な確認を行っていく?という疑問について。

ディスクチェック

・いきなり[データ復旧]と言ってもやはり予算はそれなりにかかりそう。
・喪失したファイルやシステムが確実に戻ってくるとは限らなさそう。
 かといってあきらめるにはあまりに貴重すぎるデータだった、という場合など、

こういったケースが、パソコンで作業をされている人にはやはりいつかは高い確率で遭遇しまう事でしょう。

そんな時のために「初期診断のサービス」がある事を、事前に知っておくとお得です。

どのようなプランで調査してもらえる?

まず、データ記憶装置で、システム的なファイルの喪失が発生する[論理障害]と、
物理的にハードウェアの回路が壊れて読み取りができなくなる[物理障害]という
2パターンのアクシデントとで、対応された復元のコースが用意されています。

次に、デスクトップパソコン、ノートパソコン、モバイル端末、外付けハードディスク、
DVD-R、USBメモリ、SDメモリーカード、ファイルサーバ、RAIDなど、
各データ記憶媒体の製品の型番や最大容量に合わせた適切なプランが準備されています。





主に、論理障害の方が物理障害のトラブルよりも手早く、安い価格での復旧作業を請け負ってもらえます。

機材の物理障害の場合、またストレージの最大容量が高い製品の場合は料金が高めになっていきます。

ですが、初期診断とアドバイスによる相談のサービスは料金がかからずに
受けることができるサポート業者も多いです。

事前に状態を調査して受けられるサービスが大変多く、より安心した確実性の高い納品ができます。

※データ復旧サービスによって、対象の製品の普及性や古さによっては、
 その機材の復旧作業が対象外でが請け負われていないこともあります。

時間に急を要する場合は混雑する時期でなければお預かり期間などがなく、
即日でスピード診断を請け負ってもらえるプランもまたあります。

ちなみに一度コンピューターや周辺機器でショートやエラーが起きてしまった場合、まず一度
電源を抜いてしばらくたってから再起動すると再び読み込みができて回復することもあります。

なのでその場合でも、一時的というケースもありますが起動を保っている内に、
データを手早くバックアップをされておかれることをお薦めします。

HDDのヘッドクラッシュ障害や落雷、水害などによる深刻な破損の場合は、
無理な起動を試みず、すぐに専門業者の受付に問い合わせて、
できる限り安全で適切な対処のアドバイスを受けてみることを推奨します。



『「修復料金・価格」のカテゴリーの前後のページ』

«

»