WindowsでEメールのフォルダーが消えた時に復旧するには?

メールソフトのWindows Live Mail(ウインドウズ・ライブメール)などを使っている際、
Windows Updateを行った後に、
ディレクトリを分けて使っていたフォルダーがメールデータごと突然なくなってしまい、
バックアップも取っていない場合に復旧するにはどうすればいい?というご質問について。

まず、Windows Liveメールの場合、通常は作成したフォルダーを削除すると
中に入っていたメールは「ごみ箱」の方に移動されるのですが、
ごみ箱にはまだファイルが残っている可能性があります。

フォルダー自体は「この操作を元に戻す事はできません」という表示の通り
基本的に不可逆な入力なため、もう一度、同名のフォルダーを作成されてみてください。

あるいは「OneDrive」(SkyDrive)に保存されているか、 パソコンの中のフォルダーに
「.eml」という拡張子で保管されていないかどうか、 念のために確かめてみてください。

エクスプローラーで「隠しファイル」を表示モードにして、 user→ユーザー名→AppData
→Local→Microsoft→Windows Live Mail→Hotmail →「ごみ箱」のフォルダ―を開くと、
直後の時点であれば稀にこちらにはまだ残っていることもあります。

そこから対象のファイルを元にフォルダーの位置に戻す形で復元します。





なお、電子メールの添付ファイルも読み込めず、開こうとしても反応しない時は、
送信側の電子メールソフトかクライアントの提供サービスに、
ファイルを添付する時に何かの問題が発生している可能性もあります。

試しに、Eメールなどで他のアドレスから送信をしてもらうか、 またはネットで
共有できるオンラインストレージサービスにアップロードしてもらってみてください。

その拡張子ファイルを保存しているソフトウェアのバージョンがかなり古いと、
新しいソフトウェアのバージョンで対応できずに開かないことも稀にあります。

逆の場合や、OSの違いなどでも同様のことが起こりえます。

重要なファイルを外部サーバーやクライアント先に圧縮して転送する際には
第三者に見られないために、暗号化、または複合化によるプロテクトをかけて
圧縮した後に送信すると、セキュリティ対策として安全に行うことができます。

暗号化・複合化のセキュリティソフトウェアはPCショップや電気店で購入できます。

どうしても開かない場合には、パソコン本体または内部のハードディスクやRAIDを専門の
データ復旧サービスに問い合わせて、Eメールのフォルダーなどの診断を受けてみてください。



『「電子メールの復活」のカテゴリーの前後のページ』

«

»