WindowsでEメールのフォルダーが消えた時にデータを復旧するには?

メールソフトのOutlook(アウトルック)やThunderbird(サンダーバード)、
Windows Live Mail(ウィンドウズ・ライブメール)などを使っている際に、
ディレクトリを分けて使っていたフォルダーから、間違えて削除してしまい、
またEメールのバックアップを取っていなかった場合に、後で復旧をするにはどうすればいい?というご質問について。

間違えて削除したメールをごみ箱のフォルダーから元に戻す

まず、メールクライアントソフトでは、通常は作成したフォルダーや内部のデータを削除すると、
中に入っていたメールは、すぐには消えずに「ごみ箱」の方に移動されます。

そして、ごみ箱のトレイには、まだしばらくの間は間違えて消去したファイルも残っていて、
そちらを選択して「元に戻す」の操作で、受信トレイから表示が消えたEメールの復旧ができることが多いです。

間違ってフォルダー自体を消去した時は、「この操作を元に戻すことはできません」といった表示の通り、
基本的に不可逆な入力のため、もう一度、同名のフォルダーを作成されてみてください。

あるいは「OneDrive」(SkyDrive)やiCloudなどのクラウドサービスにバックアップデータが保存されているか、
パソコンの中のフォルダーに「.eml」という拡張子で保管されているかどうか、念のために確かめてみてください。

エクスプローラー(Explorer)の画面の設定で、「隠しファイル」を表示モードにして、
user→ユーザー名→AppData→Local→Microsoft→Windows Live Mail→Hotmail →「ごみ箱」のフォルダ―を開くと、
直後の時点であれば稀に、こちらにはまだEメールのデータが残っていることもあります。

そこから対象のファイルを元に、フォルダーの位置に戻す形で復元してください。

ですが、パソコンのハードディスクやSSDからエクスプローラーやメールソフトで一度削除していて、
暫くの時間が経過していた時は、それ以上のウィンドウズの操作をなるべく控えて、
専門のデータリカバリーのサービスセンターに出して、失った拡張子を復旧してもらわれることを推奨します。




インターネット上の送信・受信のトラブルが出た時に回復するには?

次に、インターネットから送信・受信をした電子メールの添付ファイルが読み込めず、
開こうとしても反応しないトラブルが出た場合に、回復の対処をする方法について。

まず、送信側の電子メール(Electronic Mail)のソフトウェアかクライアントの提供サービスに、
ファイルを添付する時に、Windows上のエラーなど、何かの問題が発生している可能性もあります。

試しに、Eメールなどで他のアドレスから送信をしてもらってみてください。

また、受信トレイから削除したEメールのデータを復旧するには?という疑問については、こちらのページにて。

また、インターネットで共有できるオンラインストレージサービスに、
対象の画像やPDFといったデータファイルを、アップロードしてもらってみてください。

そして、外付けHDDやRAIDケース、NAS、DVDディスクなどにデータを保存されてみてください。

メールクライアントのソフトウェアのプログラムを更新する

次に、そのファイルの拡張子を保存しているソフトウェアのバージョンがかなり古いと、
新しいアプリケーションソフトのバージョンで対応できずに、開かないことも稀にあります。

また、WindowsやOfficeのアップデート(Update)またはアップグレード(upgrade)を行った後に、
メールデータごと突然開けなくなってしまうような、何らかのエラーが起こる可能性もあります。

デスクトップパソコンやノートPCのOSの違いなどでも、同様のことが起こりえます。

その際には、OSのアップデートのし直しや、メールクライアントのプログラムの更新を行ってみてください。

もし、Windowsのパソコンのオペレーティングシステムが破損してしまった場合は、
データ復元のサポートを実施されたサービスで、修復の措置を行ってもらうこともできます。




WindowsでEメールの表示が消えた時に復元するには?

次に、MicrosoftWindowsで、メールクライアントソフト上で、Eメールの表示が消えた場合に復元をする方法について。

まず、Outlookといったソフトウェアのデータを保管している隠しフォルダーを、
ウィンドウズのファイルマネージャーのエクスプローラーで表示して、
画面から消えたメールのファイルが保存されているかどうかを、一度確認されてみてください。

データが残っていた場合は、ひとまずソフトウェアを更新するか、再度のインストールされてみてください。

例として、Microsoftでの、消えたメールを取り戻したい のQ&Aも参考までに。

また試しに、Word(ワード)やExcel(エクセル)、PowerPoint(パワーポイント)のオフィススイートを開いて、
そちらのソフトウェアのウィンドウは正常に表示されて、データを展開できるかどうかをご確認ください。

読み込みできないファイルをデータ復旧サービスで開いてもらう

また、重要なファイルを外部サーバーやクライアント先に圧縮して転送する際に、
第三者に見られないために、セキュリティ対策として安全にプログラムの暗号化、または複合化により、
プロテクトをかけて圧縮した後での送信が原因で、互換性の問題で読み込みできないこともあります。

その際には、別のセキュリティのツールによる加工で、データの転送をしてもらってみてください。

暗号化・複合化のセキュリティソフトウェアは、PCショップや電気店で購入できます。

もし、拡張子の破損などによりどうしてもファイルが開かず、
また代わりのデータが入手できなくなった場合は、パソコン本体、または内部のハードディスクやRAIDを、
専門のデータ復旧サービスに問い合わせて、Eメールのフォルダーを開いてもらわれることもおすすめします。