故障したHDDの交換による修理では保証サービスは適用できる?

パソコンの本体や外付けHDDケース、RAIDといった多くのコンピューターに内蔵されている、電子データファイルを
保存するための二次記憶装置である「ハードディスクドライブ」(HardDiskDrive)や「SSD」(ソリッドステートドライブ)が
物理的に破損して故障したら、多くの場合にそのまま開けなくなってしまいます。

内部の個人用ファイルやインストールされたシステムが読み込みできなくなり、
そのままではその電子機器が使用できなくなるケースが多いです。

その際、メーカーや店舗で付帯された修理保証のサービスは適用できる?という疑問について。

付帯の保証サポートが適応できる期間

まず、お使いの機器の本体に内蔵のハードディスクドライブは製品の一部のパーツなので、故障した時に換装して直してもらう際にも、
メーカーや店舗で実施されています1年~数年の期間が決められた修理保証のサービスが適用できます。

普通に使用していてパソコンが故障した場合に、修理保証のサービスは適用が可能です。

製品を個人で分解したりパソコンのパーツの換装や増設などで改造をしていた場合は、
期間内の保証の対象外になる場合があります。

私設のパソコン修理店では、即日のスピード診断・出張修理といった便利なサービスを実施されている店舗もあります。




移動中の衝撃や落下によるパーツの破損

また個人で自動車などを使っての持ち運びで走行中に強打させてしまったり、硬い床にPCを落として壊してしまった、
災害による被害でPC本体が破損した、といったケースでは、大体の場合は期間内での保証サービスが適用できないためご注意ください。

その代わりに、メーカーや一部のパソコンショップで行われています有償での修理サポートや、
カスタマー(アシスタント)サービスでのアドバイザーへの相談を受けることはできます。

その際には、事前の料金のお見積りプランなども参考になります。

保険会社の対物補償のサポート

また、保険会社で提供されています対物保険のサービスに加入をされていれば、
条件が満たされていれば備品として保険金を支払ってもらえる見込みもあります。

(※軽い物損事故の場合での被害額が免責金額の範囲内で収まっていたり、
 状況次第では審査が厳しくなるなど、保険会社によって対象のサポートは違ってきます。)

換装の際の手続き

HDDはデリケートな精密機器であり、どちらかといえば消耗品の扱いとなりまして、破損したために修理をする場合は、
基本的にハードディスクドライブ自体を直すのではなく、パソコン内部のドライブベイから引き出して、
新品の別のドライブに交換する形になります。

平均的な製品としての寿命が来る前にも、強い衝撃を受けたり、突然のヘッドクラッシュ障害、
災害、事故など、数多くの要因によって、破損するケースがあります。

HDDは個人でもPCショップやジャンクショップ、通信販売で、お気軽に購入もできます。

データ復旧サービスへの注文

故障した方のハードディスクドライブ自体にまだバックアップが取れていなかった貴重なデータファイルが残っていた場合には、
壊れた方のHDDはそのままで、内部データの回収は、パソコンの交換修理サービスでは行われませんのでご注意ください。

また、まだ何とかHDDに通電できる状態でも、決まりにより内部のデータは
すべて消去されますので、先にファイルのバックアップを取っておく必要があります。

HDDが完全に開かない状態の場合は、交換修理の前に、「物理障害」の破損に対応された各地で営業されています
専門の「データ復旧サービスセンター」に依頼をして、内部の必要なデータファイルを回収してもらわれることも推奨します。