インターネット上のHTMLページのデータは復元できる?

インターネット上にある通常のウェブページを構成するマークアップ言語の
「Hyper Text Markup Language」(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)で
作成された「HTMLページ」が、いつの間にかネットワーク上から消えてしまったり、
誤って自身で管理しているページを削除した場合には、後から復元できる?という疑問について。

キャッシュページからのファイルの救出

まず、インターネット上に公開されているHTML(マークアップ言語)のウェブページでしたら、
大手の検索エンジンに「キャッシュページ」がまだ残っているかどうかを確認します。

Google(グーグル)の検索結果ページでチェックをする場合には、そのページのURLを検索窓に入力します。

緑色のURLの文字の右横にある、▼マークをクリックすると、「キャッシュ」という項目が表示されますので、
そちらを開くと、過去ログのキャッシュページが表示されます。

こちらのページで上部の解説または右クリックで出る「ソースの表示」でHTMLソースを開いて、全文を選択して
テキストエディタかホームページ作成ソフトのシートなどにコピーペーストして「.html」の拡張子で保存ができます。

または「Ctrlキー」+「Sキー」でページのhtmlをパソコン上のフォルダーに保存して、データのバックアップによる復元ができます。




アーカイブのサービスからページのログを開く

また、インターネット上のウェブページの状態を一定の期間ごとに保存されている
「アーカイブ」(archive)のサービスのホームページを開いて、
対象のウェブサイトまたはページのURLを検索すると、以前の状態のHTMLページが発掘できることもあります。

必要なページがアーカイブから見つかった際には、上記と同じ手順でhtmlファイルを保存します。

またウェブ上のディレクトリに保存されているHTML(HyperText Markup Language)のページ自体が消えてしまい、
非表示になっていた場合でも、見出しの部分はRSS(RDF Site Summary)の送信などで、
個人または別の場所で管理されている外部のウェブページにログが残っていることもあります。

そちらに表示されたテキストや画像をコピーして、消去したデータを一部分、復元できることもあります。

ホームページ制作ソフトで保存したデータから復旧

自作のホームページ、またはウェブページが、ホスティングサーバ上のファイルマネージャーなどから、誤った削除の操作や
サービスの終了でデータが消えてしまった場合は、ホームページビルダーなどで作成していたサイトであれば、
自宅・自社内のパソコン本体や外付けHDD、RAIDケース、NASなどにデータファイルが残っているかを確認されてみてください。

SNSでアカウントを削除された後でまた一部のページのデータが必要になった場合には、
SNSによっては、アカウントを削除した後に一定期間以内であれば、解説の通りに手順を進めて
もう一度、インターネット上のアカウントを復元することができるものもあります。

ファイルマネージャーとURLアドレスを確認

インターネット上のウェブページのリンクや、ページの内部にあるコンテンツが何らかの消えてしまった場合は、
そのページやコンテンツが表示されるための入口の部分にあたる箇所がなくなっていても、
まだファイル自体はレンタルサーバのディレクトリに残っている場合もあります。

ご自身で製作されているウェブサイトでしたら、レンタルサーバやブログサービスの管理画面にログインして、
データベース(ファイルマネージャー)のページを開きます。

見れなくなってしまったファイルがまだ消えずに残っていて、保存されているかどうかを確認されてみてください。

データベースが破損して消失した時に復旧するには?という疑問については、こちらのページにて。

ご自身で管理をされていないほかのホームページの場合は、一度そのサイトのトップページに戻るか、
Google(グーグル)やMicrosoft Bing(マイクロソフト・ビング)で検索をして、
表示が消えてしまったページまたはコンテンツが別のURLアドレスに移転しているかどうかを、チェックされてみてください。

静的ページでない動的ページのデータは復元できる?

ホームページやブログサイトのURLアドレスは、静的ページ(static page)と動的ページ(dynamic page)
という種類に分かれていて、このうち基本的には静的ページの方が、固定化されたHTMLなどのファイルとして保存されます。

静的ページとは、いわゆるURLアドレスの文字が流動的でなくて固定されたページです。

一方で動的ページは、URLアドレスに「?や&、%」といった記号、またはタグの文字などが含まれていて、
ウェブサイト上のプログラムから自動的かつ一時的に生成された、
URLのページのデータが一個のファイルとして保存されていないものが多いです。

そのため、拡張子としては保存されていない状態で、もしこの動的ページのデータが消えてしまった場合は、
HTMLのファイルの復元が、静的ページと比べて難しくなってしまいます。

また、動的ページは基本的にGoogle(グーグル)やMicrosoft Bing(マイクロソフト・ビング)といった
ロボット検索エンジン、またアーカイブのサイトにインデックスがされにくい傾向にあります。

ですがもし対象のHTMLページのURLアドレスが登録されていましたら、
そちらの「キャッシュページ」を開いて、そこからコピー&ペーストなどで、データを回収できる見込みもあります。

また逆に、「?や&、%」といった記号が含まれていない、静的に生成されたページは
優先的にインデックスが行われて、キャッシュページのデータも保存されやすく、多少ファイルの復元がしやすくなります。

エクスポートとインポートの機能でバックアップと復元を行う

ウェブログのHTMLの個別ページ、またはブログを丸ごと間違えて削除されてしまった場合は、
過去にすべてのページのエクスポートを行っていましたら、そちらのファイルを探して、
インポート機能を使ってバックアップからデータを復元することができます。

事前にエクスポートで、エントリーページの一覧をバックアップしておくことで、後に誤った操作で
ページを削除したり、URLアドレスを移転する際に、インポートの機能から一括で復旧することができます。

自宅・自社内で稼働されているサーバから間違えてデータを削除されてしまったり、
サーバまたは内部のHDDが故障して開かなくなってしまった、といった場合には、サーバからのサルベージに
対応されたプロのデータ復旧サービスに注文をして、直してもらわれることをおすすめします。