デジタルカメラの修理や交換の際にデータ復旧も行うには?

デジタルカメラやデジタルビデオカメラを持参して写真や動画を撮影していく際に、
誤って人とぶつかってしまう、転倒してしまう、乗り物での走行移動中に振動などで
強い衝撃を受ける、誤って水濡れ・水没させてしまう、といった破損の事故が出てしまったり、
経年劣化で故障した際に、修理や交換と同時にデータの復旧を行うには?という疑問について。

まず、デジタルカメラの製品本体がその内部の回路まで破損した場合、一眼レフカメラのレンズや
バッテリー、そしてメモリーカードといった、換装が効く部品がまだ無事でしたら、
そちらのみを取り外して、別の同じ製品本体に交換した時に、再度使用の継続もできます。

デジタルカメラの内部パーツのうちのどれかが破損しても、内蔵フラッシュメモリ
またはSDメモリーカードやコンパクトフラッシュ、xDピクチャーカードが無傷であれば、
まだ内部の写真画像や動画のデータは読み込みがし直せる見込みがあります。

デジタルカメラやデジタルビデオカメラが故障してしまい、メーカーやショップでの
修理サービスに出したり、新品への取り替えをする際には、メモリーカードは必ず先に
本体の差込口から取り出しておかれるように、ご注意ください。




また写真は撮影できなくてもデジタルカメラの電源自体がまだ正常に起動できる状態でしたら、
付属のUSBケーブルをパソコンのUSBコネクタに差し込みして接続をして、
内部のフォルダーを読み込んで写真データをバックアップできる見込みもあります。

スマートフォンやタブレット端末の内部ストレージやmicroSDメモリーカードも同様です。

メモリーカードが開けない場合は、USBカードリーダー/ライターに付け替えをして、
そちらをパソコンにUSB接続して、ファイルが開けるかどうか試されてみてください。

(水濡れや焼損で壊れた場合には、事故の防止のため通電をされるのはなるべく控えて、
 やはり先に修繕の注文をされるか新品への交換をされることを推奨します。)

損傷した製品の保証サポートによる補填の範囲

普通に使っていて回路が故障した場合は、カメラ本体の修復やパーツの交換は、
一定の期間内であれば、付属の長期修理保証サポートのサービスが受けられます。

(充電中の落雷による焼損や、飲み物をこぼして水濡れした場合など、
 通常の使用時と関係のない部分で破損が起こった場合は、
 ほぼ保証サービスによる填補の対象にはなりえず、有償での依頼となります。

 特に自動車の中のトランク、キャリア、後部座席、引き出しなどにある荷物や鞄の中で
 圧迫された状態が続いていると、レンズやボタンの破損につながるおそれがあります。)

また保険会社による物品の損失の際の補償のサービスに加入されていましたら、
条件に該当されていれば、保険金の支払いにてある程度の賄いができる場合もあります。

カメラ本体のレストア(リペア)の作業には、通常は画像ファイルの回収は含まれていないため、
修理とは別にデータ復元のプランがありましたら、そちらも一緒に注文をする、
または別の専門のデータリカバリー業者の方へ注文をする必要があります。

カメラ本体が完全に動かなくなってしまい内蔵フラッシュメモリが読み込めない、
またははじめから読み込めない仕様になっている場合や、メモリーカードの方も
破損していて読み込めない、という場合は、やはりプロのデータ復旧サービスセンターに
注文をして、写真画像ファイルのサルベージの検査をしてもらわれることをおすすめします。