Transcend(トランセンド)の機器のデータを復旧するには?

Transcend Information, Inc.(トランセンド)のメーカーから開発・販売されています、
外付けHDDやポータブルSSD、USBメモリ、SDカード、CF、NASといった機器をお使いの際に、
保存していたファイルを誤って消去した時に、後で拡張子を読み出して復元をする手法や、
ストレージが開けない時にデータを復旧する方法には、どのようなものがある?という疑問について。

外付けの電子機器のデバイスが認識しなくなる原因とは?

まず、外付けのハードディスクケースやUSBメモリーといった、外部からパソコンなどに接続して、
データを読み込む電子機器のデバイスが認識しなくなる時の、主な原因について。

たとえば、ポータブルSSDまたはHDDのUSBケーブルの両側のコネクタが、
しっかりと差し込まれていなかったり、折れて損壊していると接続できなくなります。

また、デバイスドライバのソフトウェアにエラーやプログラムの破損が出ていると、
そのWindowsといったコンピューターのOSでは、そのままでは読み込めなくなります。

あるいは、移動で機材を持ち運んでいる時に何かにぶつけて強打してしまったり、
水濡れ・水没や異物の混入による影響で、装置が故障してしまうケースもあります。

ですが、エラーの解消やストレージの換装といった適切な措置を行うか、
専門業者のサービスにて、内部のデータがまだ復旧できる可能性があります。



                               [PR]


別のパソコンにストレージを接続して読み込みを試してみる

次に、ポータブル・ハードディスクやUSBメモリー、CFにアクセスができない時の対処の仕方について。

まず、別のUSBポートに差し替えてみるか他のパソコン本体に繋げて試してみてください。

また、Windowsでコントロールパネルの一覧にある「デバイスマネージャー」を開いて、
もしエラーの表記が出ていた時は、右クリックでデバイスのアンインストールをして、
パソコンを再起動してからもう一度ストレージを接続して読み込みすると、直る可能性が高いです。

もし「フォーマットしますか?」といったメッセージが出た時は、そこでうっかり勢いで実行すると、
初期化で機器に保存されたデータが消えてしまうため、必ず「キャンセル」を選択してください。

何らかのアクセスエラーが出ている時は、macOSやUbuntuといった別のOSで読み出しをすると、
自動的にシステム的な不具合から修復されて、Windowsでも開き直せる場合があります。

Transcend製の機器からハードディスクやSSDは取り出しできる?

次に、Transcend製のストレージの電子機器にある回路が故障したり、
重度の不明なエラーでどうしても開けない時に、内部のSSDやHDDを取り出す方法について。

まず、トランセンドのメーカー製のポータブルハードディスクの一部は、
ケースがネジとゴムのカバーで固定されているため、自力での分解が比較的 簡単です。

固定ネジとカバーを外して、差し込み口のふたを取り外してからケースを開けて、
内部の基板(コントローラーボード)から、HDDを丁寧に引き出します。

そちらを市販の外付けHDDケースに差し込むか、デスクトップパソコンの空いたドライブベイに増設して、
外部のローカルディスクとしてボリュームを認識させて、保存されたデータの回収ができます。

一方で、ポータブルSSDや一部のHDDケースは、内部からのツメで固く閉じられていて、
分解してカバーを取り外すのがある程度 難しいため、破損させてしまわないようご注意ください。

ほか、SSD(フラッシュメモリドライブ)に故障が起きる原因については、こちらのページにて。

また、USBメモリーやSDメモリーカード、コンパクトフラッシュが故障した時は、
一般の個人ユーザーでは、分解を自分で行って内部のデータを取り出すのは困難です。

自力での解決が難しそうな時は、物理障害のアクシデントに対応された、
デジタルデータリカバリー様といった、専門のサービスで救出をしてもらうことができます。



デジタルデータリカバリー
                          [PR]


パーソナルクラウドストレージのStoreJet Cloudでの不具合

次に、Transcendの「StoreJet Cloud」のパーソナルクラウドストレージ(NAS)の使用中に、
NASへのアクセスができなくなって内部のデータが開けない時に修復をする手順について。

まず、無線LANルーターの電源が正常に付いていてネットワークに繋がっているかどうか、
またそれぞれのケーブルが機器に正しく接続されているかを、ご確認ください。

または、パソコンやスマートフォンのOSにセットアップしているStoreJet Cloud Appで、
プログラムのエラーといった不具合が出ていたら、一度インストールをし直してみてください。

StoreJet Cloud本体のプログラムに、何かのエラーが発生している時は、
「ホーム」のウィンドウにある「Firmware」から「Update」を押して、
ファームウェアのプログラムをアップデートすると、復旧ができる見込みがあります。

RAIDのディスクアレイがもし崩壊した時は、再構築を実行する必要があるのですが、
先に内部のデータを取り出しするのは、個人ユーザーでは非常に困難になるため、
RAID・NASを請け負ってもらえるデータ復旧サービスでの注文を推奨します。

間違えてストレージから削除した拡張子を自分で復旧する方法とは?

次に、お使いのトランセンド製の補助記憶装置から間違えて必要なファイルを削除した時に、
表示が消えた拡張子を後から自分で復旧する対処の方法について。

まず、外付けのSSDとハードディスクから誤ってファイルを消去した時は、
パソコンのファイルマネージャーから入力の操作をしていた場合、
ローカルディスクとして扱われるため、ファイルはすぐ消えずにゴミ箱に移行します。

また、バックアップソフトの機能で外付けのドライブ装置も対象に設定していた時は、
予備の補助記憶装置の方に、コピーしていたデータが残っているかをご確認ください。

ほか、macOSのFinderでカードリーダーに差し込んだSDカードやUSBメモリーから、
間違えてデータを消去した場合も一度ゴミ箱のフォルダーに移動するので、そこから復元ができます。

トランセンドのRecoveRxのデータ復元ソフトを使用する

次に、トランセンド製の対象のストレージにあるボリュームから、画面上で拡張子が消えた後も、
まだ痕跡のデータが、セクタの領域に残っていることが多いです。

こちらはデータ復元のソフトウェアを使用して、ドライブにスキャンをかけて検出ができます。

例として台湾のTranscend社では、RecoveRxというWindowsとMac用のデータ復元ソフトが提供されています。

ドキュメントや画像、動画、音楽といった、消えた拡張子をスキャンして、
ハードディスクやメモリーカードからのデータの修復を試みることができます。

操作の仕方は、RecoveRxを起動した最初の画面で「リカバリ」の項目を選択します。

続いてリカバリーを行うドライブ装置の名称の項目を選択して、復元の動作を実行します。

ほかにも、市販の高性能なアプリケーションソフトウェアが数多く販売されています。

プロのデータ復旧のサービスで拡張子をサルベージしてもらう

しかし、個人ユーザー自身で実行ができる範囲では目当てのファイルが検出できないことも多いです。

また、HDDやSSDのインターフェース(差し込み口)や内部の回路が破損してしまった場合は、
パソコンなどでのボリュームと拡張子の読み込みが、個人ではほぼ不可能です。

その際には、やはりプロのデータ復旧のサービスセンターに問い合わせて、
必要なファイルのサルベージの作業を行ってもらわれることをおすすめします。




                         [PR]