ファイルを大容量で転送できるデータ便のサービスとは?

ネットワークを経由して、取引先の企業内のパソコンやホームページのレンタルサーバーの
ファイルマネージャー、また家族や友人・友人にEメールやFTPを使ってファイルを送信したい時に、
インターネットの電子メールサービスなどは制限があるため、容量が数百MBや数GB以上と、
大型サイズのサイズである場合、相手先のサーバ元にデータが送信できないことがあります。

そんな時の助っ人として、ファイル転送サービスの【データ便】が大変役立ちます。

大容量のファイルを送信できるデータ便のサービスの機能とは?

まず、データ便では画像やテキスト、動画ファイルなど、デジタルデータでしたらほぼ転送可能です。

メールの添付で送れない大型のファイルでも、相手先のサーバに送信が可能です。

また、Eメールでの添付で送るよりも、セキュリティ便で安全性が強化できる強みもあります。

データ便などのウェブサービスでファイルを転送する際には、念のため事前に、
パソコンにコンピューターウイルス対策ソフトで一度スキャンをかけて、
ファイルの状態が正常であるかどうかも、ご確認されることも推奨します。




圧縮・解凍ソフトでファイルのサイズを縮小して送信

次に、データ便にアップロードする前に、Lhacaなどの圧縮/解凍ソフトを使って、
lzhやzipに圧縮してサイズを縮小して、一括ですべてのファイルを送信するとさらに効率的です。

しかし、向こう側のサーバースペースの空き容量を上回っている場合は送信ができませんので、
一応データ便から転送をする前に、場合によっては相手のクライアント側と確認を取ることも大事です。

もし電子メールクライアントなどの送付先で、受信または保存ができる最大容量が低めなサービスの場合は、
こちらから送信するファイルのサイズを縮小する必要があります。

大量の電子データを送付するための方法とは?

また、データ便のサービスだけでなく、有料の電子メールへのファイル添付や、
FFFTPでのアップロードサーバーへの送信、オンラインリモートからの同期通信、
またDVDディスクやUSBメモリといった記憶装置の宅配便による送付など、データを送る手段は数多くあります。

ほか、オンラインストレージサービスの様々な使い方については、こちらのページにて。

また、クラウドストレージのdropbox(ドロップボックス)やGoogle Drive(グーグルドライブ)など、
ネットワーク上でのデータの保管庫にあるディレクトリからダウンロードしたファイルを、
オンラインの転送サービスでまた別の場所に送信する使い方も便利です。

さらに、インターネットを通して別のコンピューターやクライアント先のサーバ宛てに、
重いサイズの拡張子や多数のファイル・フォルダー群をスムーズに送るには、
パソコン高速化ソフトや、転送速度を上げるツールをインストールする方法もおすすめです。

一方で、転送する予定のコンテンツになるファイル自体が、何かのエラーで破損していた時は、
専門の事業であるデータ復元のサービスに出して、修復の措置をしてもらわれることも推奨します。




パソコンのスペックが低い場合は転送に失敗することもある?

一方で、パソコン本体の部品のスペックが低いと、データ便などの大容量転送サービスでの、
多数のファイルの送信の際に、十分な速度を発揮できないこともあります。

そのため、ある程度のパーツの性能と、定期的な部品とシステムのメンテナンスも大切です。

また、大容量のファイルはそれだけサイズが重いため、ソフトウェアで開く時、
展開に時間がかかって動作の遅延やフリーズが起きてしまう可能性もあります。

そのため、特にコンピューターのメモリやCPUは、ある程度の性能のものを取りつけたマシンにして、
データ便といった大容量ファイル転送サービスの機能を使用して転送をされるのも、一つのコツになります。

ファイルのストレージが破損した時に復旧するには?

もしも運悪く、パソコンへの物理的な衝撃やシステムダウン、コンピューターウィルスによる感染など、
何かの影響による障害が補助記憶装置で発生して回路が破損したり、データが破壊された時は、
一旦それ以上の無理なコンピューターの稼働は控えてください。

その際には、プロのパソコン修理サポートや専門事業のデータ復旧サービスセンターで、
パソコンの機能やファイルの状態を修復をしてもらわれることをお薦めします。