システムダウンの障害を早急に復旧させるには?

Webサーバやメールサーバをはじめとするネットワークシステムを構築する際には、
LAN・ネットワーク構成の見直しやセキュリティポリシーの設定、
そしてファイアウォールサーバーの設定やセキュリティホールの穴埋めなど、数多くのセキュリティ対策が必要になります。

また簡単にマシンが異常を起こさないように、冷却設備やUPSを設置するなど、
コンピューターの環境整備も重要です。

コンピューターのシステムダウンの障害とは?

しかし、ネットワークやハードウェアの防御をどれだけしっかりとしていても、
システムダウンはふとしたことで頻繁に起こりえます。

インターネットのウェブサービスや管理コンピューターでも、
やはりどうしてもダウン障害と復旧対策の話題がよく出てくるのが、わかりやすい一例です。

システムダウンが起きてしまうと、そのサーバーやパソコンに発生した故障や、
データまたはプログラムの破損の問題を解決するまで、
公開中のウェブサービスやコンピューターが、ずっと停止したままになってしまいます。

システムが止まってしまう障害からすぐに切り替えて、早急に運用を回復するには、
様々な対策を事前にコンピューター環境に施して、
いつでもすばやく復旧ができるように準備をしておかれることがとても重要です。




ファイルやフォルダーが開けなくなったら?

次に、パソコンやサーバ、NAS、モバイル端末といったコンピューターや、
ネットワーク上のサイバースペース(Cyberspace)といった場所に保存されているシステムがダウンしても、
まだ内部に保管されているストレージにあるデータファイル自体は、無事であることが多いです。

例として、クイックマン 様での、Windows Serverの障害別データ復旧の解説も参考までに。

電子機器やディレクトリが開けなくなるアクシデントなどが発生してしまった時に、
別のコンピューターに外付けでハードディスクやメモリーカードを繋げる、などの方法で復旧できる見込みもあります。

ハードディスクから異音が鳴り出した時は、なるべくそれ以上の通電はしないようにして、
ストレージを早急にプロのデータ復旧サービスに出して、検査してもらうことを推奨します。




ハードディスクのデータを保護するには?

また、ハードディスクの故障に備えて、RAID1(ミラーリング)などを用いて、
データの書き込みを二重化しておかれると、物理障害のトラブルにも強くなります。

外付けハードディスクや予備のマシンといった他のデータ記憶媒体へ、
急なシステムダウンのアクシデントに備えて自動的な更新バックアップも設定しておかれると、
誤った操作によるファイルの喪失といった論理障害にも、早急な復旧の措置で対応できます。

コンピューターウィルスの感染やハッキング・クラッキングに対する防御には、
ファイアウォールサーバーや、クライアント自身での対応をはじめとする、
セキュリティ対策や定期的なチェックをしっかりと施す必要があります。

停電による急な遮断を無停電電源装置で防止

次に、停電により電力の供給が止まるアクシデントを防ぐ手法について。

まず、UPS(ユーピーエス・無停電電源装置)を購入して設置することで、落雷や台風・地震による停電、
また電気の瞬断による電源障害でコンピューターが使えなくなる事態を、ある程度防止することができます。

基本的には、急に電源が止まるのを防ぐためのもので、バッテリー自体は安価のUPSの製品だと、
数分ほどの持続時間である仕様が多いです。

そのため、その間に書きかけで未保存のデータファイルを保存して、
パソコンなどの電源を安全にシャットダウンしてください。

ほか、物理障害の破損からデータ復旧をするには?という疑問については、こちらのページにて。

また、サーバーの機器が過熱やシステムの破損で壊れてしまう場合を見越して、
なるべく予備のマシンを1台以上用意して、早急にコンピューターの復旧ができるようにおくことも大切です。

サーバのデータを早急に復旧してもらうには?

しかし、24時間365日、パソコンやサーバー、NAS(ネットワークドライブ)を一般の個人で管理し続けるのは、
やはり難しいため、システムダウンの障害が起きた時に、初期対応を自動で行う設定機能を導入されるか、
サーバの管理サービス会社に依頼をされる方法が役立ちます。

また、万が一膨大な保管データーが飛んでしまったり、その一部が開けなくなった時のために、
データ復旧サービス会社へ事前にお問い合わせをして、詳しく説明を聞いてみるのもおすすめです。