Ubuntuの起動でデータ救出をする方法とは?

Ubuntu(読み方:ウブントゥ・ウブンツ)とは、LiveCDからインストールできる
DebianベースのLinuxディストリビューションのOSです。

Ubuntu

1枚のCDディスクのみで簡単にUbuntu全機能のインストールが可能で、
パソコンのデスクトップやサーバーなどに使用出来ます。

ウブントゥの派生系としてEdubuntuやXnbuntu、Kubuntuといった
リナックス・ディストリビューションも存在します。

また、UbuntuはKNOPPIXと同じくCDメディアから起動させることも出来ますので、
いざという時にWindowsなど他のOSで動いているパソコンの内部データ救出を実行する使い方もあります。

例えばウィンドウズのXPや2000、Vista、7などのオペレーティングシステムにプログラム的な障害が
発生して、デスクトップ画面が映らなくなった場合、ハードディスクに入っている
全てのファイルやフォルダーを開く事が出来なくなってしまいます。

そんな時、HDDの機能自体がまだ無事であれば、システムが破損したWindowsのかわりに
Ubuntu9.10やKNOPPIXといった別のOSを起動して内部データを開き、その間に
USBフラッシュメモリや外付けHDDにコピーをして回収する方法が大変役立ちます。




Ubuntuによるデータ回収の手順

まずはUbuntuの書き込まれたLiveCDと、外付けハードディスクか
USBメモリ、DVD-RAM等の大容量リムーバブルディスクを用意する必要します。

Cドライブ内へのISOファイルの保存が完了したら対象の保管先のフォルダを開き、
次にCD-R等の書き込み用ディスクをCD-DVDドライブに挿入します。

『ubuntu-ja-12.04-i386.iso』のファイルを右クリックして
「プログラムから開く」→「Windowsディスク イメージ書き込みツール」をクリックします。(Windows7の場合)

記録用CDまたはDVDを挿入したドライブを選択して、「書き込み」を押します。
ディスク上に『.disk』などのフォルダが新しく書き込まれたら、作成完了です。

BIOSのBOOT変更

UbuntuのOS起動ディスクを作成したら、今度はパソコンのBIOS(バイオス)設定を
変更して、「BOOTの優先順位」を切り変える必要があります。

まずPCの起動ボタンを押してからCDドライブにUbuntuのCDディスクを入れて、
BIOSのタイトルロゴ画面が表示された時にキーボードのDELキーまたはF2キーを
数回連打します。(より詳しくは各メーカー製品のチュートリアルを参照)

少し待つとBIOS画面が出てくるので、十字キーのカーソルの右を押して
BOOTのメニューにスクロールして開きます。

一番上の項目の「Boot Device Priority」でEntryを押すと、
『1st Boot Device』 『2st Boot Device』 『3st Boot Device』と、
優先されるデバイスの順に項目が表示されます。

最初は「Hard Drive」(または製品名)が「1st」の位置に置かれているので、
ここで+キーか矢印キーを押すと、CD-ROMまたはDVD-ROMドライブが「1st」に入れ替わります。

そして、上列メニューの『Exit』で「Exit Saving Changes」に合わせて
「Entry」→「OK」を選び、もう一度「Entry」を押してBIOSを終了します。

そしてパソコンが再起動されて、Windowsの代わりにUbuntuのOSロゴマークが出ます。

赤と白のランプが点滅するような待機画面が出てしばらくすると赤紫色のデスクトップ画面が表示されます。
(途中でフリーズしてしまった時はもう一度起動し直してみて下さい。)

次に外付けHDD(または大容量のUSBメモリなどのリムーバブルメディア)をUSBポートから接続して、
一番上メニューのコンピューターから、CドライブとUSB記録装置の両方のフォルダを開きます。

そして、Windowsの時と同じように、残しておきたいデータを外付けHDDに
コピー&ペーストして、各フォルダ内のファイルをバックアップして救出します。

※内蔵HDDにUbuntuのOSをインストールせずそのまま使う事もできるのですが、
 Windowsよりもかなり読み込み速度が遅めなので、ある程度の時間がかかります。

すべてのデータのフォルダを見回り、回収し尽くして移行作業が終わったら、
外部記録メディアをUSBポートから取り外して、Ubuntuをシャットダウンして
最後にDVDドライブか起動ディスクを抜いて、データ救出作業の完了です。

Ubuntuによるファイル取り出しの作業を行う前の注意点として、もしOSだけではなく
ハードディスクやBIOSの方が壊れているとLinuxディストリビューションの認識と起動ができません。

HDD自体が破損していたり、BIOSが壊れているとシステム的な復元方法が
使えないため、その場合はプロのデータ復旧業者の店舗の方に注文をして
ハードディスクの中身のデーターの回収を行ってもらいましょう。



『「Linux・Ubuntu OS」のカテゴリーの前後のページ』

«

»