unknown hard errorの状態からパソコンを修復するには?

「unknown hard error」(アンノウン・ハード・エラー)とは、
パソコンの起動中に突然起こりうる、ブルースクリーンの障害の一つです。

青い背景と白い文字のエラーの画面が表示されて、unknown hard errorと書かれている、
ウィンドウズのオペレーティングシステムで発生する問題となります。

特に、Windows2000などの古いバージョンのOSや、部品のスペックが低めのPCでは、よく起こります。

このトラブルが出た時には、どのようにすればパソコンを修復することができる?という疑問について。

「unknown hard error」の問題が起きる原因とは?

まず、パソコンの電源を付けてウィンドウズのオペレーティングシステムを起動した時に読み込まれる、
レジストリが破損して、エラーを起こしているために発生する場合があります。

ほかにも直接的な原因として、英文の通りハードウェアが認識不明な障害が発生している場合、
特にハードディスクドライブが、パソコンの内部でマザーボードなど別の部品と、
しっかりと繋がっていない、接続不良の不備が起きていることなどがあります。

移動中の衝撃を受けて、コネクタとケーブルのコードが外れかかったり、
部品の交換による修理や自作パソコン組み立て・分解の作業の時に位置がずれてしまい、
取り付けられたパーツに接触不良が出ている時にも、エラーが発生する場合があります。

また、長く使っていたハードディスクが故障を引き起こしてしまったために、
unknown hard errorが表れている可能性もあります。

HDDが破損した場合は、交換をする必要があります。

その際、バックアップしたデータがなくて、内部のファイルを回収しなけらばならない時には、
プロのデータリカバリーサービスにHDDを提出して、復旧してもらうことができます。




エラーが発生しやすいソフトウェアをインストールしている

次に、WindowsのOSで「unknown hard error」といった多くのエラーが多発していて、
定期的に付属のリカバリーデイスクなどを使って、
パソコンのリカバリーを何回も行っているほどに、トラブルが出やすい場合について。

まず、オペレーティングシステムやパーツのスペックに何かの修正するべき点があるか、
深刻なエラーが起こりやすいアプリケーションソフトが入っている可能性もあるかもしれません。

まずはWindowsの起動ディスクを、DVDドライブに挿入して、回復コンソールを立ち上げます。

セットアップの開始画面を開いて、マニュアルに沿ってレジストリの修復などを行われてみてください。

また例として、オレンジセキュアサービス 様での、
「STOP: c000021a Unknown Hard Error」の原因と対処法 の解説も参考までに。

回復コンソールといったツールからの修復方法でもまだ直らない時は、一度パソコンケースを開いて、
HDDがしっかりと接続されているかどうかを確認して、ケーブルやコネクタ部分の付け直しをされてみてください。

ハードディスクドライブやSSDを新品に交換する

しかし、もしハードディスクドライブやSSDに物理障害が出ていて壊れていたら、
新品にストレージの交換をして、修理をする必要があります。

根本的に一番良い解決策は、やはりOSを最近のWindows10や11にして、
部品のスペックもハードディスク:500GB~2TB、メモリ:2~4GB、といった、
性能の高いパソコンに買い替えをされて使われてみることが無難です。

また、再起動を繰り返すエラーから修復するには?という疑問については、こちらのページにて。

PCの使用の用途によっては、グラフィックボードなどのパーツがなければ、
うまくソフトウェアの稼働ができない、といったコンピューターのトラブルが出る場合もあります。

パソコン修理サポートのサービスで最適化をしてもらう

次に、近年のパソコンは容量やシステムの安定も向上して、
ブルースクリーンといったエラーの発生率もかなり低くなっています。

しかし、今のパソコンをもっと使っていく場合は、上記のように、
レジストリの修復やハードディスク・SSDの状態の点検を行う必要もあります。

ですが、自分で行うのが難しそう、という場合には、安全と状態悪化の防止のため、
専門のパソコン修理サービス店に行って、検査と修復の措置をしてもらわれることをお薦めします。

読み込めないファイルをデータ復旧サービスで取り出してもらう

また、unknown hard errorなどの深刻なエラーのメッセ―ジが表示された際に、
特に小型・薄型のノートパソコンが立ち上がらない場合には、
HDDやSSDの取り外しがデスクトップPCよりだいぶ難しくなることがあります。

自身ではパーツを取り外して、必要なファイルやフォルダーを回収するのが難しそうな場合にも、
やはりプロのデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、サルベージをしてもらわれることをお薦めします。