USBの機器が読み込みできない時に接続を修復するには?

パソコンのUSBポート(差込口)から接続して使用する、
Universal Serial Bus(ユニバーサルシリアルバス)の機器には、データ保存装置やマウスをはじめ、
数多くのリムーバブルディスクがあり、パソコンには欠かせない重要な機器でもあります。

そんな普段使用しているUniversal Serial Busの機器が、ある時、読み込みできなくなったら、
それらの接続を復旧する方法やサービスには、どのようなものがある?という疑問について。

USBの電子機器が読み込みできなくなったら?

まず、主なUSB接続の機器には、マウスやキーボードをはじめとして、USBハブ、スピーカー、プリンター、
ほか、イメージスキャナまたは複合機、デジタルカメラ、デジタルフォトフレーム、Webカメラ、チューナー、
音響機器や延長ケーブル、コントローラー、SDカードなどを読み込むカードリーダー/ライターといった機材が販売されています。

そして、データ記憶装置の外付けRAIDのケースや、外付けHDD、USBメモリ、DVDドライブなどがあります。

これらのUSBの機器はすべて、コントロールパネルにあるデバイスマネージャーに、
正常に認識されることによって使用することができます。

しかし場合によっては、稀に不明なデバイスと扱われたり、またはUSBの読み込みが出来ずに、
パソコンで使うことができない、というトラブルが発生してしまいます。

ファイルの補助記憶装置が認識できない時には、プロのデータ復旧サービスに問い合わせて、
内部のデータを取り出しして別の機器に移し替える形で、救出してもらうことを推奨します。




標準インターフェースが認識しないトラブル

次に、マウスポートやキーボード、USBカードリーダーなど簡単に読み込みができる、
標準インターフェース(standard interface)の媒体が、突然読み込めなくなった場合に接続を修復する方法について。

・USBポートへの接続不良、あるいは差込口を間違えていた。

・ケーブルのコードまたはコネクタ、記憶装置の回路が故障してしまった。

・延長コードを使っている場合にたまに起きる、読み込みのエラーが出ていた。

たとえばこういった、機器のアクセス面における、デバイスが認識しない問題の発生が考えられます。

USBコネクタの端子を接続し直してみる

まず、パソコンのUSBポートなどに、補助記憶装置といった機器のUSBコネクタに差し込みしたら認識できない場合に、
アクセスができない状態から修復する手順について。

まず、接続したUSB(ユニバーサル・シリアル・バス)の差込口が対応されていない箇所であるケースがあります。

別のUSBポートに差し替えてみたり、または他のパソコンなどに付け替えてみると、
そちらでは正常に読み込めたり、デバイスで起きている認識のエラーが自動的に修復されて、
データファイルへのアクセスを復旧できることもあります。

また、USBメモリを差しっぱなしにしていた時に起こる問題と対処の方法については、こちらのページにて。

たまに、コンピューターを起動した直後に動かない場合、端子が正しく差さっていなかったり、
しばらく待ってみるか、もう一度再起動されてみると今度はちゃんと認識される、
というケースもありますので、まずは様子を見て判断されてみてください。

差し込み口が破損していて、USBの機器の内部に保存されたファイルの替えも効かなさそうな場合は、
プロのデータレスキューサービスに注文をして、読み込みできない状態からの復旧をしてもらわれることを推奨します。




セットアップをする時の手順を間違えた場合は?

次に、複合機やレーザープリンターなど、大型である容量のインストールが必要なマシンの場合、
セットアップとUSB接続の手順を間違えてしまうと、正常にデバイスが認識されない時があります。

たとえば、Canonのプリンタードライバーのインストール方法など、
まずは解説書やインストールのマニュアルを、じっくりとチェックされてみてください。

手順に失敗してしまった時は、アンインストールを行ってもう一度やり直してみましょう。

Windowsのパソコンで正常に読み込まれているかどうかは、液晶モニターの画面の右下のアイコンや、
『スタート→コントロールパネル→システム→デバイスマネージャー』の表示で、確認することができます。

データ記憶装置の破損した時に復旧するには?

例えば、外付けHDDやポータブルハードディスク、RAIDケース、MO、DVD-RAM、USBメモリなどの
データ保存用のデバイスが、ある日突然リムーバブルのアイコンから開けなくなった時は、
ディスクやドライブ本体の経年劣化による老朽化や、過熱によるエラーの可能性が考えられます。

まずは電源を抜いて、しばらく本体を冷やしてから再度接続をされてみると、
USBデバイスの認識状態が復旧して、再度、機器のデータの読み込みができる可能性もあります。

その時点で正常に開けましたら、念のために新しいディスクに移し変えるか、
すべての必要なデータファイルのバックアップを、外付けハードディスクやRAID、NASなどに取って、
いつでもリカバリーができるようにしておかれることを推奨します。

もしそれでもデータが開けないようでしたら、知人の家や会社の別のマシンで接続を試してみましょう。

またそれでもUSBの機器が、コンピューター上でデバイスに認識されず読み込めないようでしたら、
データリカバリーサービスにて一度、診断を行ってもらわれることをお薦めします。