USBメモリがデバイスで認識しない時に修復するには?

現在、パソコンなどで使用する外部記憶装置の主流とも言える、USBメモリ(Universal Serial Bus frash memory)を
日々お使いの際に、コンピューターにデバイスが認識しなくなり、内部に保存したデータファイルが
開けなくなった場合は、どうすれば補助記憶媒体から修復することができる?という疑問について。

USBメモリのデバイスがパソコンで認識しない状態とは?

PCを立ち上げてデスクトップ画面が起動した後に、USBコネクタにUSBメモリを挿入すれば接続音が鳴り、
普通はそのまま自動認識されて『リムーバブル ディスク(E;)』という具合に、バルーンが出てきます。

アイコン一覧の下にある、黄色いマークの「フォルダを開いてファイルを表示する」をダブルクリックすると、
USBメモリのディレクトリとデータファイルの一覧が開けます。

ですが稀に、USBポートに端子を差し込んでも何も表示されなかったり、
USBデバイスが認識されません』というエラーメッセージが表示されて
マイコンピューター(PC/エクスプローラー)でも認識しない状態が出る場合があります。

そんな時には、まずUSBポートの差し替えをすると、デバイスの認識ができて開ける場合が多いです。

USBコネクタにメモリーカードを差し込んで接続してから、ファイルやフォルダーなどの電子データを
パソコンから書き込んでバックアップや移動のために保存する、USBフラッシュデバイスの規格は、
製品によっては長時間の使用で高熱を帯びると、一時的に認識しなくなる場合があります。

その時は、少し置いて冷ましてから、もう一度付け直すと、今度はデータが開けることもあります。

デバイスのアンインストールによる削除を実行する

何かのエラーが起きていると見られる場合は、まず、すぐにUSBメモリのコネクタを抜かず、
コントロールパネルのデバイスマネージャー(Device Manager)の状態を確認してみましょう。

Windowsのモニター画面の左下にある、スタートメニューからコントロールパネルを開きます。

システム→ハードウェア→デバイスマネージャー、と進みます。

そこで表示されたデバイスの機器の一覧に、黄色い「!」「?」「×」マークが付いているものや、
「不明なデバイス」と書かれているものがあったら、これらを選択します。

そのまま右クリックをして、「デバイスのアンインストール」(削除)を実行します。

そしてUSBメモリを『安全なハードウェアの取り外し』で一度抜いて、端子やコネクタ部分にゴミや埃が
付いていないかを確認して、今度は別のUSBポートに差し込んで、もう一度認識をさせてみてください。

別のパソコンに繋げて読み込んでみる

またUSBフラッシュメモリだけでなく、外付けHDDやSDカード、メモリースティック、xDピクチャーカード、
コンパクトフラッシュなど他の補助記憶媒体も、上記と同じ手順でパソコンに認識させる方法が使えます。

しかし、それでもデバイスに認識しないようでしたら、別のパソコンの本体をお持ちであれば、
試しにそちらのUSBポートに接続されてみてください。

WindowsのOSから、MacやUbuntuといった別のオペレーティングシステムで読み込みをすると、
アクセスのエラーが自動的に修復されて、データの復旧ができる場合もあります。

メモリーカードの回路が破損している可能性

それでもやはりファイルの読み込みの状態が元に戻らないようでしたら、
USBフラッシュメモリの方に、回路破損などの異常が出ている可能性が高いです。

USBメモリのデータの書き換え可能な回数は、数千回~一万回くらいが限度で、長いこと使用していると
次第に内部の回路が劣化・老朽化して寿命が来て、いつかは使えなくなってしまいます。

また最近のUSBメモリは最大容量も大きく、高いものでは32GBや64GB、128GB、256GB~の製品もあり、
時には非常に多くのデータを、短期間で書き換えして取り扱う機会も出てきます。

また、ファイルを保存できる期間にもやはり限度があり、長く使い続けているほど経年劣化で、
コンピューター上でデータが読み込めなくなる可能性は高まり、認識できない場合もあります。

USBメモリの故障によるデータの喪失をある程度防止するには?という疑問については、こちらのページにて。

USBメモリが物理的に壊れている時は?

他に、フラッシュメモリに水分や小さなゴミが付いたり、持ち歩きの際の衝撃で
差し込み口が曲がってしまったり、内部の精密な部品が欠けて故障している、
といった物理的な破損が起きていて、デバイスに認識しない可能性もあります。

上記のような理由でUSBメモリが物理的に壊れている場合は、
新しい製品に買い換えして、新品で使い直していくのが基本的な解決策になります。

データ復旧サービスセンターでファイルを取り出して

USBメモリ(Universal Serial Busのメモリーカード)を複数のパソコンに何度接続しても、
デバイスが完全に認識しない状態になり、内部のフォルダーやファイルが開けない時は、
重度の故障が起きている可能性が高いため、それ以上の通電は控えた方がよいです。

しかし、もし内部に換えの効かない大事なデータが入っていて、それを何とかもう一度読み込みたい、
という場合には、専門のデータ復旧サービスセンターに出して、内部の分解をしてもらい、
保存したデータを抽出して、他の補助記憶装置にコピーしてもらうのが、最も確実な修復の方法です。