Windows7のバックアップと復元機能

Microsoftからリリースされている現在最も新しいオペレーティングシステムの
Windows7(ウィンドウズ・セブン)では、[Windows バックアップ]という名称の、
パソコン内蔵ハードディスク内のデータをバックアップする機能が標準で搭載されています。

[システムの復元]や[シャドウコピー]、[システム修復ディスクの作成]とは
また別の機能で、Windows 7 Home PremiumやProfessionalなどのエディションでも
もちろん使用できる、ファイル修復用の搭載ツールです。

事前に外付けハードディスクを一台購入してから使用されるとより使いやすくなります。

まず、デスクトップの[スタートメニュー]からコントロールパネルに入り
[大きいアイコン]⇒[バックアップと復元]をクリックします。

初期の状態ではまだ何も設定されていないので、
メニューの右側にある「バックアップの設定」をクリックします。

バックアップの設定画面

次の画面で表示された中から保存する記録メディアを選択して、[次へ]をクリックします。
(USB接続した外付けハードディスクが[推奨]で表示されるのでそちらをお薦めします)

バックアップの対象は[自動選択]でWindowsで作られたフォルダのデータと
システムイメージすべてをまとめて保存するか、
もしくは[自分で選択する]で特定のデータを選ぶ設定にして、[次へ]を押します。

バックアップの設定を確認して、[設定を保存して終了]をクリックします。

[ファイルのバックアップまたは復元]の画面に戻り右側に新しく出た
[今すぐバックアップ]を押すと、指定した保存先にデータの書き込みが開始されます。





※ウィンドウズ7のパソコンに事前に外付けハードディスクドライブといった
 補助記憶装置をUSBポートなどで接続して、そちらにデータを保存します。

バックアップ進行中

実行作業が完了したら、外付けHDDなど保存先メディアのフォルダを開いて
[ユーザー名-PC]という名称の読み取り専用ファイルが新しく作成されているか確認します。

このファイルをクリックするとWindows バックアップのバルーンが表示されます。

「このバックアップからファイルを復元」または
「このコンピューターのすべてのユーザーのファイルを復元」の項目を選択、

または先ほどのコントロールパネルの画面から「ファイルの復元」ボタンを押して
保存した[ユーザー名-PC]のデータを選択して実行すると
Windows全体を保存した時と同じ状態にして元通りに復旧できます。

また[スケジュールの有効化]で一週間に一回の更新バックアップの設定ができます。
[バックアップ設定の確認]画面にある[スケジュールの変更]ボタンで、
更新バックアップが自動で行われる予定の時刻を1日、1週間、1ヵ月に変更もできます。

システムの復元と同じく、スケジュールに従って定期的にデータや設定が
新しい日付とともに上書きされていくので、
前の状態のファイルを残しておきたい時にはご注意下さい。

ですが、Windows バックアップや他のアプリケーションツールで
予備のデータを更新して保存していなかった時に消えた分のファイルは、
タイミングが良くないとシャドウコピーなどの復元ツールでも戻らない場合もあります。

どうしても失った分のファイルが読み込み直せなかった場合は、
それ以上のパソコンの起動を控えて、内蔵ハードディスクを本体から取り外して、
データリカバリーサービスに出して復旧をしてもらわれることをお薦めします。



『「Windows」のカテゴリーの前後のページ』

«

»