Windows8.1でシステムの復元ポイントを手動で作成する手順とは?

マイクロソフト社からリリースされた新しいオペレーティングシステム
Windows 8.1」(ウィンドウズエイトポイントワン)は、
[Windows 8]をWindows Storeでアップデートする形で使用することができます。

(ウィンドウズ7以前のバージョンからアップグレードする場合には
 リテールパッケージを新しく購入することで実行します。)

普通にパソコンを使っている分にはウィンドウズ8とそれほど変わりはなく、
インストールなどで拡張したアプリケーションのほとんどは互換性を保ったまま使用できます。
(一部の未対応のユーティリティーは「互換性のトラブルシューティング」 を使って
Windows8.1でも起動できるように設定します。)

またOSのアップデートを行ったつもりが何かの途中のトラブルで正常に行われていなくて
Win8のままだった、ということがありますので、しっかりと変更されているかを確認するには、
以下の画面を開きます。

コントロールパネルを開いて「システム」を開くと「Windowsのエディション」の項目が
「Windows 8.1 Pro」と表示が変わっています。

また、アップデートの後にはデスクトップ画面の下にあるタスクバーの左端に
スタートボタンにあたる白い長方形のようなマークが加わります。

Windowsはシステムの中身が頻繁にアップデートされていくのですが、
特に新しいOSは上書き更新(アップデート)の量も多くなりやすいです。

また、これまでインストールしてきたアプリケーションの方も
互換性を高めるためにWindows8対応のものに少しずつアップデートされたり、
新しいバージョンのユーティリティーを購入する必要が出ることもありますね。

そんな中で、ある時OSやアプリケーションのアップデートの際に、
何かのエラーやバグが突然発生して、システムに不具合が出る可能性もあります。

そのようなトラブルに備えて深刻な問題を回避する方法として、
「システムの復元」というバックアップの標準搭載機能を有効にして
後からリカバリーできるポイントのデータを作成しておくと安心です。

(こちらの一例ではWindows 8 ProのOSを入れたPCで解説いたします。)

まず、コントロールパネル⇒システム⇒システムの保護、と移動して
システムのプロパティ画面を開きます。

「保護設定の項目にある「利用できるドライブ」のうちのWindows8.1をインストールしている
「ローカルディスク(C:) (システム)」を選択して、ウィンドウの下の方にある「作成」を押します。

「復元ポイントの作成」のバルーンでわかりやすい説明文か名前を入力して「作成」を押します。

「復元ポイントは正常に作成されました。」と表示されたら「閉じる」を押します。

そしてCドライブの状態が「有効」に変わっていたらOKです。

後にパソコンの更新などの際に何かOSで不具合が起こった時に、
いつの状態にシステムを戻していいかわからなくなった時には、
この手動で作成した復元ポイントを任意で選択して修復させることもできます。

その際には同じシステムのプロパティ画面にある「システムの復元」を押します。

[別の復元ポイントを選択する]⇒[次へ]と進み、一覧の中から指定の手動ポイントか
何かのアプリケーションのインストール時に作られたポイントを選んで、
「影響を受けるプログラム」のボタンを押して先に問題が出ないか確認します。

そして「次へ」を押して「完了」を押すと、
コンピューターがトラブルが起こる前の状態などの段階まで戻ります。

もしウィンドウズ自体がパソコンの電源ボタンを押しても正常に起動できないほど深刻なトラブルに
見舞われてしまった時は、パソコン本体かWindows 8 ProのOSの購入時に付属で入った
起動ディスクをDVDドライブのトレーに再び入れて、各種のシステム修復機能を使ってみてください。

他にもコントロールパネルにある「ファイル履歴」などを設定して外付けHDDにハードディスクやSSDの
バックアップを取っておいたり、「回復」の項目から外部記憶装置用に回復ドライブを作成しておくと、
パソコンが不調を引き起こして起動できなくなった時に安心です。

もしこれらの手順が難しくてよくわからない場合や、パソコンの部品そのものに何か不具合が
出てきた時には、カスタマーサポートや専門のパソコン修理サービスで、復旧の作業を受けてみてください。