Windows10のパソコンの故障を修理するには?

Microsoft Windowsのオペレーティングシステムの最新バージョンである
Windows 10』(ウィンドウズ・テン)を、それまでのWindows 7や8/8.1から
アップグレードしてお使いの際、急に何かのシステムエラーや、パーツの故障が発生して
故障した時は、どうすればパソコンを修理できる?という疑問について。

Windows10が搭載されたパソコン製品の一覧リスト

・Dell:ノートパソコン Inspiron 14 3000シリーズ 16Q31 Windows10/14インチ
・ASUS:ノートパソコン EeeBook X205TA-DBLUE10 Windows10 11.6インチワイド/ダークブルー
・マウスコンピューター:2in1 タブレット ノートパソコン Windows10 Office付 8.9インチ
・HP:15.6 型 ノート パソコン Windows 10 A4-5000 4GB 500GB DVDスーパーマルチドライブ
・Acer:2in1 タブレット Aspire Switch 10 E SW3-016-F12D/WF Windows 10 10.1インチ

デスクトップの画面がまだ開ける場合での復旧

最初に、電源ボタンを押したらロゴ画面が表示されるようでしたら、BIOSの設定画面を開いて、
パソコンに搭載されているCドライブ(プライマリパーティション)に該当するHDDかSSDが
しっかりと認識できていて、最優先で起動する設定になっているかどうかを確認します。

デスクトップ画面自体が普通に開けるようであれば、コントロールパネルを開いてみます。

「回復」のメニューでは、Windows10にアップグレードしたあと、
「システムの復元」の機能がリセットされて自動的に無効になっていますのでご注意ください。

「システムの復元の構成」を実行する

「システムの復元の構成」を押して、「システムの保護」タブにある「保護設定」で、
「ローカルディスク(C:)(システム)」を選択します。

「構成」→「システムの保護を有効にする」→「OK」
→プロパティ画面に戻って「適用→」「OK」で、機能が有効になります。

復元ポイントが作成された以降は、ウィンドウズ10のオペレーティングシステムに問題が出た時、
あとからこの復元ポイントの時刻の状態にシステムを戻す仕組みで修理ができます。

OSを回復させる時には「システムの復元を開く」→「次へ」→「日付と時刻」のポイントを選択します。

「次へ」→「完了」でWindows10の修復作業がはじまります。

ウィンドウズの起動ディスクを使って修復

もしデスクトップ画面が開けない状態になった場合は、ウィンドウズの起動用ディスクを
DVD・BDドライブに挿入します。

修復用プログラムの中の「システムの復元」を選んで、同じように手順を進めてみてください。

また、修復インストールなどの回復プログラムも使用できます。

コンピューターの状態をチェックするには、新しいスタート画面を開いて、「設定」を開きます。

「システム」や「デバイス」などの項目でパソコンの状態を確認します。

Windows Updateを使って回復

また、「更新とセキュリティ」にある「Windows Update」で、OSのアップデートを実行できますので、
システムの細かいエラーが起きた時には更新による故障の修理を試されてみてください。

インターネットのブラウザ関連のトラブルが起きた時には、コントロールパネルの
「トラブルシューティング」→「プログラム」→「Internet Explorerのパフォーマンス」で
問題の検出を実行できます。

オペレーティングシステムのリカバリー

Windows自体が重度の破損で修復プログラムが使えない場合は、
従来通りに「OSのリカバリー」(再インストール)を行って直します。

ですがその前に、セーフモード画面からセーフモードでの起動を試してみたり、BIOS画面を開いて、
臨時にLinuxディストリビューションの『Ubuntu』(ウブントゥ)などの別のOSで開いてみる、
などの手法も試してみる価値があります。

パーツが破損した時の交換による修理

パソコン本体のパーツが故障した場合は、これまでのWindowsパソコンと基本的に同じ部品であるため、
壊れた部品を同じように新品に交換することで多くの場合は修理ができます。

メインメモリ、CPUは容量不足や性能不足でエラーが頻繁に起こる場合は、
Windows10に見合った より高い性能の製品に変更されることをおすすめします。

マザーボードが破損した場合は、特にノートパソコンでは換装が大変になるのと
新品とサイズが合いにくいこともあるため、専門業者への依頼も考慮されてみてください。

ハードディスクドライブやSSDが故障してしまった場合は、内部にインストールした
Windows10まで開けなくなってしまうため、新品のドライブ装置に交換した後で
再度、起動ディスクからウィンドウズをボリュームにインストールします。

さらにそこから”Windows 10″へのアップグレードをし直す必要があります。

個人ではどうしても難しい作業で自信がない、というトラブルの場合には、製造メーカー先の
カスタマーサポートか専門のパソコン修理サービス店へ問い合わせて、見てもらわれることをお薦めします。

先にハードディスクなどに保存された大事なファイルを取り出ししたい、という際には、
専門のデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、データの救出作業をしてもらうこともできます。