ダイアログボックスから削除したHDDのデータ復旧を行うには?

Windowsのパソコンを日々お使いの際に、アプリケーションソフトを開いてファイルを開いたり
名前をつけて保存をする際に展開する「ダイアログボックス」(dialog box)のウィンドウで、
うっかり間違えて、表示されているハードディスクまたはSSDの内部のフォルダーに保存されていた
別のファイルを削除してしまった場合、どうすれば復旧ができる?という疑問について。

ゴミ箱フォルダーへのファイルの移行

まず、Windowsの仕様で、エクスプローラーの画面で削除したファイルと同じく、
ダイアログボックスから削除したファイルも、すぐにはそのままフォルダー上から消去されず、
一度「ゴミ箱」(trashbox)の中にデータが移行します。

デスクトップ画面にあるゴミ箱フォルダーを開いて、一覧に削除したファイルがありましたら、
そちらを選択して右クリックをして「元に戻す」を押すと、以前のフォルダーの位置に復旧できます。

データがそのまま消去される場合

ゴミ箱フォルダーへは、Cドライブだけでなく、増設したハードディスクや分割したパーティション(Dドライブ~)、
外付けHDDやポータブルSSDといったディスクドライブにあるファイルをダイアログボックスの操作で
消去した場合でも、一度ゴミ箱フォルダーへ移動します。

ですが、USBメモリやSDカードなどの、メモリーカードのデータ記憶媒体に保存されているファイルは、
ゴミ箱には移動せずにそのまま削除されますので、ご注意ください。

また、たとえばウェブブラウザの「お気に入り」(ブックマークの一覧)の画面から
ファイルを削除した場合など、ダイアログボックス以外の、アプリケーションソフト独自の機能で
実行した場合も、ゴミ箱には移行せずにそのまま消去されます。

時間が経って拡張子が消えているケース

ゴミ箱のフォルダーは、ハードディスク(ローカルディスク(C:))の空き容量がなくなってくるか、
指定の空き領域の最大容量が埋まると、古い方のデータから順に自動的に消去されます。

また、ディスククリーンアップの機能で一括で不要なファイルを削除する場合にも、
ゴミ箱にあるデータごとまとめて気づかず消去していた、というデータ喪失のパターンもあります。

なお、そのパソコン本体、または内蔵のSSDを最後に使ってから相当に長い時間を放置して
動作をさせていなかった場合、自然的な放電が発生して電子抜けによる拡張子の破損や消失が起こることもあります。

そのため、普段使っていないパソコンまたはその内蔵のSSDも、定期的に起動して
通電をすることで、データ化けによる破損を防止することも大事です。

データ復元ソフトからのサルベージ

ダイアログボックスで削除したデータも、エクスプローラーでの削除と同様、画面上からは消えていても、
まだ拡張子の痕跡データは、HDDのセクタの中に保存されたまま残っていて、
そこから新しいファイルを多く上書きしなければ、まだ復旧できる見込みがあります。

一般の個人では、AOSテクノロジーズ社のデータ復元ソフト「ファイナルデータ」や、
株式会社Jungleの「完全データ復元プロ」などを使用して、ファイルの復活を試みることもできます。

これらのデータ復元ソフトには試用の体験版も配布されています。

先にそちらの機能を用いてハードディスクのドライブスキャンによる検出作業を行い、
消えたデータが抽出できるかどうかを試して、成功したら製品版かライセンスを購入して、
実際の復元とファイルの保存の作業を行う、という手順で作業を進めていくこともできます。

その際、Windowsのオペレーティングシステムがインストールされてローカルディスク(C:)に保存していた
データを失っていた場合は、そのままデータ復元ソフトをインストールすると、
その分、新しくファイルやフォルダーがハードディスクに上書きされて、拡張子の痕跡データが
消えてしまうリスクが高まるため、DVDまたはUSBブートでユーティリティーを起動されることを推奨します。

専門のデータ復旧業者への依頼

ですが、必要な分のファイルが検出できなかったり、拡張子が破損した状態で修復されることもあります。

一般の個人ではやはり限界があるため、なるべくより確実に、誤った削除の操作などで失ったファイルを
取り戻したい、という際には、専門業者として営業されています、プロのデータ復旧サービスセンターに
問い合わせて、対象のパソコン本体、または内蔵のハードディスクドライブを取り出しして、
送付先に持ちこみか郵送で送付して、データのサルベージの作業を行ってもらわれることをお薦めします。