Windowsレジストリの復元とバックアップの機能とは?

Windows OSシリーズの『レジストリ』 (Registry読み:れじすとり)とは
Windows-ウインドウズ内部のデータベースで、パソコンを自由に操作するための
OSやアプリケーション設定など大切な情報が書かれたシステムです。

ウィンドウズ8

このレジストリは自分で設定、更新する事もできるのですが誤って必要な
データまで消してしまうとWindowsの操作に支障が出てしまうこともあります。

レジストリを安全に扱うためには?

エラーやウイルス感染、ショート、物理的な衝撃などの要因でレジストリが
破損して内部の設定やデータが読み込めなくなってしまうケースもあります。

そんな万一の事態に備えてあらかじめレジストリをバックアップしたり、
故障した時に前回正常起動時の構成に復元できる機能も備わっています。





例えば「Windows7や8/8.1」(ウィンドウズ・セブン/エイト/ポイントワン)では、
まずパソコンを起動時にユーザーアカウントにログオンしている状態で開きます。

スタートまたはデスクトップ画面からファイル名やアプリケーション名の検索の
入力欄に[regedit]と打ち込んでEnterキーを押すと、レジストリエディターが開きます。

ファイルのメニュータブにあるエクスポートを選択します。

外付けハードディスクやUSBメモリ、NASなどの保管場所に
レジストリーのバックアップ用ファイルを名前を付けて保存します。

これで、後に何かWindowsのシステム上でレジストリーエラーなどの問題が発生した時に、今度は
「インポート」を選択して、以前にバックアップしたレジストリのデータを取り込みして復元ができます。

また、Windows内のメニューの[システムの復元の開始]→[復元ポイントの作成]
といったシステムツールでも、システムのバックアップや復元はいつでも行えます。

もし、かなり深刻にレジストリまたはパソコン本体のOSが故障した場合は、
システム修復ディスクや起動ディスク、再セットアップ用のディスクなどを使って
ウィンドウズをリカバリーして復元します。

その復元作業の際に、今までに保存していたデータがフォーマットで消去されるため、
先にファイルのバックアップ作業を兼ねている私設のパソコン修理サービスに注文して
OSのリカバリーとともに直してもらう、という方法もあります。

または専門のデータリカバリーセンターにてファイルを復旧してもらうこともできます。



『「Windows」のカテゴリーの前後のページ』

«

»