弥生会計のソフトで作成したデータを復元するには?

弥生株式会社から開発・販売されています、「弥生会計」のシリーズの会計ソフトをお使いの際に、
管理されている帳簿や伝票といったデータの一部をうっかり間違えて削除してしまった時に復元をしたり、
誤って消去してしまったファイルを復旧するには、どのような手順で行えばいい?という疑問について。

弥生会計で入力をミスしたデータを「元に戻す」の機能から復元する時は?

まず、弥生会計のソフトウェアにも、テキストの入力を間違えていたり、
一部を「削除」や「切り取り」、誤った「貼り付け」といった操作をしてしまった時のために、
すぐに修復するための、「元に戻す」(アンドゥ)の機能が備わっています。

「Ctrlキー+Zキー」、または「編集」のタブからプルダウンメニュー(pull-down menu)を開いて、
「元に戻す」を入力して、仕訳日記帳といったテンプレートへの記載で失敗したデータの部分を復元します。

※もし帳簿などが書かれた拡張子自体が破損していた場合は、専門のデータリカバリーサービスにて、
 ファイルが保存されたハードディスクやSSDを提出して、リカバリーしてもらわれることを推奨します。




メモリに保存された一時的なデータはすぐ消えてしまう?

次に、ソフトウェア上での注意としまして、テキストエディタやExcel、Wordと違い、弥生会計のツールでは、
現在のマス目からどこかの別のマス目に移行したら、それだけでメモリの一時データの分がリセットされて、
その箇所では、入力ミスからの「元に戻す」(undo)の動作が効かなくなる部分があります。

そのため、帳簿などのシートでデータの記入のミスがあったら、すぐに入力の部分を元に戻して復元されてみてください。

また、パソコン上で文字を入力する時に表示が「I」のような記号になるアイビームポインタ(i-beam pointer)は、
矢印マークのアローポインタ(arrow pointer)に比べて位置が目立ちにくく、見失いやすいカーソルの形状でもあります。

ですが、キーボードの十字キーなどを押すと、対象のテキストのどの位置にあるかがわかりやすくなります。

また、弥生会計のアプリケーションソフトウェアを閉じたり、パソコンをシャットダウンされる前に、
うっかり上書き保存をしないままで、オペレーティングシステムを終了してしまわれないようにご注意ください。

バックアップの機能で「KB」などのファイルを復旧するには?

次に、弥生会計21といったソフトウェアや関連のサービスには、やよいの青色申告と同じく、
データのバックアップ機能が備わっています。

たとえば、Windowsのパソコンから弥生会計のソフトを起動して何かのデータを開いている時に、
「ファイル」のタブにあります「バックアップ」を開きます。

そちらの機能から予備のデータを別のディレクトリに作成しておいて、後で復元できるようにすることができます。

まず、「事業所データのバックアップ」のバルーンで、「OK」をクリックします。

デフォルトの「C:¥Users¥ユーザー名¥Documents¥Yayoi¥弥生会計21データフォルダ¥Backup」のフォルダー、
または外付けHDDといった任意の場所を参照して、「.KB21」といった拡張子名で、ファイルが保存されます。

後で弥生会計で使用していたデータを失ったためにそこから復旧する際には、
同じく「ファイル」のタブに表示された、「バックアップファイルの復元」を選択します。

一覧表に記載された「.KB21」などの拡張子のファイル名を選択するか、「参照先の設定」をクリックして、
「フォルダを追加」で、別のストレージに保存されたデータを一覧に追加してから選択します。

「開く」→「復元」と進んで、「バックアップファイルの復元は正常に終了しました。」と、
メッセージが表示されて、正しく帳簿といったデータが表示されれば、復旧に成功です。

弥生ドライブのクラウドサービスでデータを復活させる

次に、弥生株式会社で提供されています、クラウドストレージのサービスである「弥生ドライブ」に、
事前にソフトウェアの自動機能または手動で、必要なファイルをバックアップしていたら、
そちらのオンライン上のディレクトリから、データを復活させる方法もあります。

たとえば、確定申告の時期になった時に、昨年に弥生会計のソフトで使用した個人または法人の入力データを、
いつの間にか間違えて削除していたり、どこに保存していたかわからなくなって見つからない場合に、
弥生ドライブの方から開いて取り出す、というデータの復元の仕方も便利です。

弥生会計では、メニューバー(menu bar)にあるタブの「ファイル」から、
「弥生ドライブを開く」の項目で、ソフトウェアの画面を展開することができます。

また、「オプション」から、「環境設定」を開いて、「連携サービス」のタブから、
「データバックアップサービスの設定」の項目にチェックを入れて、送信の設定を決めることもできます。

ほかのソフトウェアで、たとえば、
やよいの青色申告のソフトで保存した確定申告のデータを復旧するには?という疑問については、こちらのページにて。

誤って消去した会計のファイルの拡張子を復元するには

次に、パソコンのローカルディスクや外付けHDD、USBメモリなどに保存していた、
「.KB」といった弥生会計で作成した帳簿や確定申告用のファイルを、間違えて削除してしまっていて、
またバックアップしたデータもなかった時に、別のソフトウェアで復元をする方法について。

まず、ハードディスクやSSDのフォルダーから、表示の面では拡張子が消えてしまっていても、
まだ、見えない部分のセクタに、拡張子の痕跡のデータが残っている見込みがあります。

弥生会計で取り扱う拡張子も、ほかのファイルと同じく、「ファイナルデータ」や「完全データ復元PRO」といった、
専門のデータ復元ソフトによるサルベージによって、ある程度の確率で後から抽出することができます。

DVDドライブが搭載されていない小型のUMPC(ウルトラモバイルパソコン)などの場合は、
USBブートを使用するか、外付けのDVDドライブの装置を接続して、データ復元ソフトを起動するか、
ダウンロード版を購入して直接インストールをすることで、使用することができます。

注意としまして、WindowsのパソコンのCドライブといった、オペレーティングシステムの起動用で使用されている、
アクティブパーティション(active partition)や、同じSSDやHDD内のパーティションをスキャンする際は、
データ復元ソフトをそのままインストール・セットアップすると、
残っている弥生会計などで作成していたデータの痕跡が、新しく上書きされて消えてしまう可能性があります。

その際には、DVDやUSBブートで、データ復元ソフトウェアの起動を行ってください。

ですが、一般の個人でできる範囲では、削除したデータの拡張子の検出に出てこなかったり、
弥生会計で作成していたファイルが一部、破損している状態で修復される場合もあります。

失ったファイルをより確実にリカバリーするには、やはり専門事業のデータ復旧サービスに問い合わせて、
対象のハードディスクやSSD、USBメモリなどを見てもらわれることをおすすめします。