ソフトウェアの動作が遅くなった時に修復する方法とは?

パソコンやモバイル端末で使用しているソフトウェアが、普段はスムーズに動くものが、
インターネット環境が一時的に変わったり、一時的に別のPC本体で使用、またはアップデートや設定変更をしてから急に遅くなり、
これを速くするにはどのような方法で修復できる?という疑問について。

インターネット回線の速度の違い

まず、よくある事例としまして、普段はスペックが高くOSも最新のデスクトップパソコンで、
高速のネットワーク回線で活用してるソフトウェアを、外部への宿泊や出張で一時的にスペックの劣るノートパソコンで、
またスピードの遅めなインターネット回線のサービスで使用すると、
かなり速度が遅くなって不具合が出やすくなることがあります。

ネットワーク回線が遅い場合には、有料で高速のサービスを使用したり、
より早いWiFiのアクセスサポートのサービスが他にも受信できていましたら、
普通に使用可能なサービスであればそちらに接続を切り替えをされてみてください。

最新版のユーティリティーでのトラブル

最新のソフトウェアをお使いの際には、そのパソコンの動作環境が充分に満たされているかどうかも事前に確認されてみてください。

場合によっては、メモリを増設したり交換する、または特殊なカード媒体の機器を増設する必要があります。

また、バッテリー切れ寸前になると一旦スリープモードになったり、読み込み速度がやや低下する仕様になる場合もあります。

その際には電源コンセントとACアダプターを差し込んで使用します。

タスクマネージャーを開く

それでも速度が遅かったり、フリーズが頻繁に起こる時には、Windowsのパソコンの場合は
Altキー+Ctrlキー+Delキーで、タスクマネージャーの画面を起動します。

どのユーティリティーの機能が同時に展開されているかを確認して、使用していないツールがありましたら、
そのタスクを選択して「タスクの終了」を選択して閉じるとメモリの容量やCPUの使用量が下がります。

またコントロールパネルからも、オペレーティングシステムのの定期的なメンテナンスを実行されてみてださい。

ウィンドウズを軽くする

また、不要なソフトウェアをコンピューターに大量にインストールしていた時は、順にアンインストールをして、
HDDやSSDの空き容量を増やして、容量を軽くして余裕をとると、速度が次第に復旧していきます。

ディスククリーンアップをして不要なファイルを消去したり、レジストリ・クリーナーを使って
Windowsのレジストリも整理していくと、次第に速度の低下からパソコンを修復できます。

オペレーティングシステムのアップデートやソフトウェアのバージョンアップをした際に動作の遅延が起きてしまった場合は、
「システムの復元」で少し前の復元ポイントに戻すか、スタートアップ修復を使用したり、インストールをし直されてみてください。

パソコン修理サービスへの注文

自身ではどうしても原因がつかめない、という際には、ソフトウェアのメーカー先に訊かれてみるか、
動作の遅い不具合などが発生した際に製品のメーカーのカスタマーサポート、
または私設のパソコン修理サービス店に問い合わせて、直してもらわれることをおすすめします。