Microsoft Accessのデータベースを修復するには?

データベースの作成・編集でお使いのMicrosoft Office Access(マイクロソフト・アクセス-RDBMS)で、
保存中、ないし起動の際に突然エラーが生じてしまったり、作業中に入力のミスをして、mdaやmdbのデータが
保存先のフォルダーから削除されたり破損してしまった時は、どうすれば修復できる?という質問について。

Officeソフトのトラブルシューティングを参照

まず、トラブルシューティング(Troubleshooting)の手順といった方法から順に、解説していきます。

「Microsoft Access」にも、「Excel」や「Word」と同じくトラブルシューティングの保護機能が搭載されています。

こちらのオプションを操作して、ある程度、破損したファイルの修復を試みることができます。

ひとまずデータベース(database)の回復を始める前に、可能な状態であれば念のため、
壊れた「.mdb」のファイルや「.accdb」のファイルをコピーして、バックアップを行ってください。

※レンタルサーバの方に問題が発生していると思われる場合は、
 提供されているサービスのカスタマーサポートに、問い合わせをされてみてください。

Accessのデータベースを修復する作業の例

Accessのウィンドウを開いて、メニューの項目にあります
『ツール』→『データベース ユーティリティ』→『最適化/修復』を選択します。

最適化する元のデータベースから修復したいファイルを選択して、『最適化』と進みます。

この手順で、破損したデータベースの回復が成功できましたら、
「.mda」、「.mdb」、「.accdb」といったファイルの拡張子を保存し直して、Accessでの修復の作業は完了です。

また、メニューの右上にあります。「?」のマークで開く『ヘルプ』項目と『検索窓』により、
いくつかのトラブル解決のパターンの手順も詳しく調べることができます。

アクセスで作成したファイルが元に戻らない時は?

しかし、重度のデータの故障により、オフィススイートのアクセスのソフトで作成したファイルが元に戻らない場合や、
データベース自体が消去・上書きされてしまい、正常に認識でがきなくなる場合もあります。

インターネット上のファイルマネージャーに、アクセスで作成したデータベースをアップロードしていましたら、
そちらからパソコン上に逆に保存する方法もあります。

最後に上書き保存での更新をした状態でのデータであれば、引き戻して復旧させることもできます。

「mda」や「mdb」「accdb」のファイルを復元するには?

Microsoft Access(マイクロソフトのアクセス)で作成・編集したデータベースの、
「.mda」「.mdb」「.accdb」などのファイルは、うっかり操作のミスで削除してしまっただけでしたら、
多くの場合はまだ、ファイルブラウザー(File Browser)などの画面での表示が消えただけの状態です。

AOテクノロジーズの「ファイナルデータ」や株式会社ジャングルの「完全データ復元PRO」といった、
データ復元ソフトを使用して、ハードディスクやメモリーカードから消失した「.accdb」などの拡張子の、
痕跡データからサルベージをする形で、復旧(restitution)ができる見込みもあります。

Accessで削除したファイルを復元する方法については、こちらのページにて。

レンタルサーバやクラウドのファイルからバックアップ

また、WEB上のレンタルサーバやクラウドストレージにデータを事前にアップロードしていた場合は、
そちらの保管庫のディレクトリ(Directory)を開いてパソコン上に保存してから、
あとは細部の更新した分のファイルを書き直すことでも、修復していくことができます。

パソコン上で最後に更新した差分のデータが消えていて、またメモリから一時データがすでに消えていた場合は、
やや修復が難しくなりやすく、ファイルの再度の書き直しが必要になることもあります。

Microsoft Support(マイクロソフト・サポート)では、データベース:トラブルシューティングの、
アドバイザリー(サポート)のサービスも実施されています。

いざという時には、電話やメールにて、パソコンのフォルダー、またはネットワーク上のディレクトリから失った、
データベースの修復をするためのアドバイスを受けることもできます。

https://www.microsoft.com/ja-jp/services/professional-guide.aspx

作業の料金の例 :一時間につき 27,000 円 (税別) TEL : 0120-17-0196

専門のサービスでデータベースの修復の作業をしてもらう

一般の個人では、必要なすべてのファイルを必ずしも復元できるとは限りません。

どうしてもAccessのデータデースが開かない場合は、復旧の成功率が高い、
専門のデータ復旧サービス(Data Recovery Service)の会社にて、復元の作業を注文をされてみることをおすすめします。

もし再製作が困難であるほどの複雑、ないし貴重なデータである場合は、
データ復旧サービスセンターやシステム関連のサポートに依頼を行うのが、最も安全かつ確実な方法です。