ブルーレイディスク(BD)のデータが消えた時に復旧するには?

Blu-ray Disc(ブルーレイディスク)に保存していたデータが、誤った拡張子の削除の操作や、
間違えたフォーマットの措置で消えてしまった場合に、表示されない状態になった
ファイルやフォルダーを後から復元するには、どういった方法がある?という疑問について。

BD-Rドライブが故障して開けなくなるトラブルの原因とは?

まず、「BD-R」や「BD-RE」、「BD-ROM」(ビーディー)こと、
Blu-ray Disc Read Only Memory(ブルーレイディスク・リードオンリー・メモリー)とは、
ブルーレイのディスクを使用する、データ読み込み専用の補助記憶装置です。

CD-RWやDVD-RW、DVD-RAM、MOなどに継ぐ、次世代型光ディスク媒体の再生機器となります。

ブルーレイディスクは、DVD以上に優れた保存性を誇る最先端のディスクなのですが、
記録面に深いキズが付いたり、紫外線や湿度、高温、低温などにさらされて、
ディスクが傷んでしまった場合、保存データの再生や読み出しに支障が出るケースもあります。

また、長い間、数多くの書き込みと読み出しを繰り返すと、次第に規格が摩耗して、
いつかはデータの書き出しや再生ができなくなっていきます。

BDの寿命が近くなり、すでに読み込みがまともにできなくなった場合は、それ以上は回転をさせないようにして、
また破損しかけているストレージから、より安全にファイルを回収したい、という際には、
プロのデータ復元のサポートを実施されたサービスで、復旧の作業を行ってもらうこともできます。




ブルーレイディスクをフォーマットしてファイルを消去した時は?

次に、読み込みに不具合が少しずつ出てきたら、ディスクへの書き込みや再生をすぐに中止して、
データ損失の更なる悪化を防ぐため、出来ましたらパソコンを使って、
他のデータ記憶装置に必要な分のファイルやフォルダーを移行していくのが安全です。

BD-REなどに書き込みして保存していたファイルを、間違えて削除してしまったり、
誤ってディスクにフォーマットをかけて、初期化により拡張子などが消えてしまった場合には、
エクスプローラーやFinderの画面から、それ以上のデータをBD-REに書き込みしないようにしてください。

もし、書き込まれたファイルを完全な物理フォーマットで消去してしまった場合は、
別のバックアップされたデータがなければ、復旧がほぼ不可能になります。

ですが、通常の論理フォーマットを行った状態でしたら、
まだ書き込まれたデータの痕跡が完全に消えたわけではなく、復元ができる見込みがあります。

データ復元ソフトでBlu-ray Discをスキャンする

次に、ブルーレイディスクから消去したファイルを個人で修復したい、という場合について。

BDを読み込んだ時に、画面の表示の上ではデータが消えた状態になっていても、
まだ拡張子の痕跡データが残っていて、そちらを引き出す形で復旧ができる見込みがあります。

まず、市販の「ファイナルデータ」などのデータ復元ソフトを購入して、パソコンにインストールします。

そして、ブルーレイディスクをパソコンの内蔵BDドライブ、または外付けBDドライブで読み込みして、
ドライブスキャンを掛けて、消えてしまった拡張子の痕跡の検出を行います。

また、BD-REへの書き換えデータを修復するには?という疑問については、こちらのページにて。

必要なファイルが、検索結果の一覧に表示されましたら、そちらを選択して、
外付けハードディスクなどの場所に保存します。

そして試しにそのファイルを開いてみて、正常に展開ができれば、データの復元に成功です。

また例として、ディスクセーフ 様での、BD-R/BD-RE(ブルーレイ)データ復旧・復元の解説も参考までに。

DVDやCDのディスクでも、間違って消したデータの復旧をソフトウェアで試みることができます。

ブルーレイの盤面を研磨機で清掃して修繕する

次に、BDはDVDやCDディスクより更に高画質で再生できるので、
映画など映像コンテンツの分野でも活躍しています。

その一方で、使用しているうちにブルーレイディスクの盤面に傷が付いたり汚れが付いたりして、
パソコンのBDドライブやレコーダーなどで、データが読み込めなくなった場合について。

まず、BD用の研磨機(ディスククリーニングキット)で清掃を行うと、
ある程度までの傷や汚れを落として修繕することもできます。

また、店頭でブルーレイやDVDのディスクのクリーニングを実施されている研磨サービスもあります。

ほかに、Verbatim Japanのサポートといった、
それぞれのブルーレイディスクやDVDの、メーカー製品ごとの解説も参考までに。

また、ブルーレイディスクレコーダーやBDドライブ装置のトレーの内部も、
洗浄をするためのクリーニング用ディスクが販売されています。

消えた記録ファイルをデータ復旧サービスで修復してもらう

また、Blu-ray Discは、記録面(裏面)の耐久性がさらに改善されて、
CD、DVDよりも優れた保存性を持ち、またDVDの5倍以上もの容量でデータを保存することができます。

その分、多くのデータを取り扱う場合には、やはり間違えて消去してしまったり、
また読み込みができなくなると、損失も多くなってしまうケースもあります。

もし、保存したファイルを間違えた操作で削除や初期化をして、その後で復元ができなかったり、
または書き込まれた拡張子が破損してしまったり、どうしてもデータが読み込みできない時には、
やはリプロのデータ復旧サービスセンターにて、リカバリーの注文をされてみることをおすすめします。