BIOS(バイオス)の設定に失敗して起動しない時の修復の方法は?

Windows OSのパソコンに新しくビデオカードやサウンドカード・LANボードなどの増設や
機能の拡張をしたい時、パソコン機種やウィンドウズのバージョン・システム設定が古いままだと、
最新のパーツやデバイスドライバに対応できない場合があります。

そんな時、PC起動プログラムのBIOS(バイオス)を新しいバージョンに
アップデートする必要が出てくることもあります。

BIOSの更新前の注意

バイオスはパソコンの起動に関わる重要なシステムであり、そう頻繁にアクシデントが
起こるわけではないのですが、もしもバージョンアップ作業の途中で障害が出て書き換えに
失敗してしまったりアップデートのエラーが発生してプログラムが壊れてしまうと大変危険です。

パソコンが起動できなくなり、OSのロゴ画面やデスクトップが起動できなくなります。

そのため、もしものBIOSの更新トラブルの発生による損失に備えて
重要なデータファイルのバックアップ作業は事前に必ず行うようにしましょう。

コンピューターのシステム修復ディスク、またはイメージディスクがあれば、
後にオペレーティングシステムをある程度手軽に回復できる見込みもあります。




システム最適化の手段

どうしてもアップデートが必要でない場合は無理に行われない方が安全です。

例えば新しい新型パソコンへの買い替えや部品の取替え、またWindows 7や8、10への
アップグレードやメモリの増設、パソコン快適化ソフトの使用による整理など
他にも最適化や修復による解決方法は沢山あります。

BIOSのシステムを変更する時にはサポート業者に保証付きで依頼をしたり、
またはそれを機に新しいパソコン本体に買い替えをして解決されてみるのも良いでしょう。

また、個人で営業されていますプロのパソコン修理サービス店で、
即日スピードのチェックや訪問サービスなどの速いプランで、パソコンを直してもらうこともできます。