I-O DATA(アイ・オー・データ機器)の復旧サービスとは?

株式会社アイ・オー・データ機器 (I-O DATA DEVICE, INC.)とは、
石川県金沢市の桜田町に本社を置かれています、大手コンピューター機器メーカーの一社です。

こちらでは、ハードディスクやメモリーカードから失ったデータを復旧してもらえるサービスも、
サポートで実施されている?という疑問について。

アイ・オー・データでコンピューターからのデータ復旧もできる?

まず、アイ・オー・データ製の外付けHDDやNASといった各種ストレージの製品は、
家庭用・企業用のデスクトップパソコンやノートパソコンを問わず使用ができて、
一般にとても幅広く普及しています。

また、I-O DATAでは故障やエラーを引き起こしてしまった各種製品の交換・修理のサポートとともに、
アイ・オー・データ製のSDメモリーカードや、microSD/miniSDHCメモリーカード、
またコンパクトフラッシュといったデジカメ用のメモリーカード、外付けハードディスク、NASといった、
各ストレージから間違えて消去したファイルの、データ復旧サービスも実施されています。

コンピューター上で、誤ったフォーマットや全削除の動作で消した写真画像などを元に戻したい時や、
機材が故障して読み込みできなくなった時には、やはりプロのデータ救出のサービスが大変役立ちます。




失ったファイルを復元してもらえるストレージは?

次に、IODATAのデータ復旧サービスで受けられる対象のストレージは、
パソコンや外付けのHDDやRAIDケースにある、ハードディスクドライブやSSD、
またNASやDAS、SDメモリーカードやコンパクトフラッシュ、USBメモリー、
そしてDVDやCD、Blu-ray Disc、MOが、データの復元の対象になります。

また、他社製品の電子機器でも、アイ・オー・データのサービスで、
失ったファイルの復元を請け負ってもらうことができます。

NASのLANDISKが読み込みできない時は?

次に、アイ・オー・データ製のNAS(ネットワークアタッチストレージ)の製品である、
LANDISK(ランディスク)が読み込みできなくなった場合の復旧の仕方について。

まず、パソコンからMagical Finder(マジカルファインダー)の管理ソフトを開き直して、
インターネットを通しての、I-O DATAのNASへのアクセスの状態を確認されてみてください。

また、公式ホームページで、LANDISKのドライバ/ユーティリティソフトのプログラムも提供されています。

アップデーターの修正パッチを当てて更新をすることで、エラーから修復できる見込みもあります。

もし、I-O DATAの製の機材のコントローラ(基板)といった重要な回路が故障して開けなくなっていたり、
誤ってExcelやWord、またAccessやPowerPointなどで作成・編集をした大事なファイルを削除していた時は、
カスタマーサポートで、データを残したまま、または復旧サービスと併用で修理を注文されてみてください。

また、NAS本体に不具合はなさそうでもパソコンやインターネットに繋がらずにストレージが開けない、
という場合には、私設のPC修理・設定のサポートに注文をして、問題を解決してもらう方法もあります。

I-O DATAの製品にあるHDDが認識しない時は?

次に、I-O DATAの外付けハードディスクケースやNASにある、HDDが認識しない時の復旧について。

まず、LANDISKといった製品の取扱説明書を開いて、
ランプがどのように点灯しているかを見直されてみてください。

無線LANルーターに接続ができていない場合でしたら、回線を繋げ直しての読み込みができます。

ですが、ハーディスクが故障している場合は、交換をする必要があります。

HDDの換装は、アイオーデータのメーカーのカスタマーサポートに問い合わせて、
製品を宅配便で郵送して、内蔵されたストレージの交換修理の形で行ってもらうことができす。

ですが、それまでに保存していた個人用のデータファイルも、壊れたHDDから取り出してもらいたい、
という際には、全国のデータ復旧のサービスの方で、同じく行ってもらうことができます。




壊れたハードディスクをデータ復旧サービスで検査してもらう

そして、対象の電子機器、またはその内部から取り出ししたHDDやメモリーカードを提出してから、
検査と復元の作業をしてもらい、成功した後に、そのデータファイルが格納された、
USBメモリーまたは外付けHDD、といった補助記憶装置をお送りしてもらう形になります。

もし、間違えて削除したファイルの復元をする際には、
データリカバリーサービスに依頼をした方が安い時も多い?という疑問については、こちらのページにて。

また、トラブルの度合いは軽度・中度・重度障害と、その他の状態に分類されています。

I-O DATAの機器にある壊れたハードディスクドライブからの、データの取り出しは、
中度~重度の物理障害への対処になるため、復旧にかかる料金は高めになります。

間違えて消去してしまったファイルを修復してもらう際には、
軽度の論理障害からの復活の作業になるため、復元にかかる費用は安くなります。

ちなみに、アイオーデータのデータ復旧のサービスは、事前の申し込みが不要のサービスでもあります。

また、ほかにもデータ救出のサービスは、数多くの業者にて実施されています。