Blu-ray Disc(ブルーレイ)の保存ファイルは復元できる?

ブルーレイディスクに書き込んでいたデータファイルを
Blu-ray Disc Drive[ブルーレイディスクドライブ]で読み込もうとしたら
ディスクの破損で認識できなかった、または誤って保存したファイルを削除したり、
フォーマットをしてしまった時はどうすれば元に戻せる?という疑問について。

まず、Blu-rayのディスクは内蔵または外付けのBDドライブで読み込む補助記憶媒体で、
BD-REから削除した拡張子は通常、Windowsパソコンではゴミ箱には入りません。

Mac OS Xのパソコンの場合は、外付けデータ記憶装置のファイルも一旦ゴミ箱フォルダーに
移行するため、あとでゴミ箱を開いて元に戻すことはできます。

ファイルを誤って消去してから特に何も新しくBlu-rayのディスクに書き込みしていなければ、
まだディスク上のセクタには拡張子の痕跡データが残留している可能性が高いです。

そこから新しく上書き保存をすると、その痕跡データも消えるのでご注意ください。




痕跡データは個人では市販のデータ復元ソフトを使ってサルベージを試みることができます。

方法として、ソフトウェアを起動してBlu-rayにスキャンをかけて、消えたファイルが検出できましたら
内蔵/外付けHDDやSSD、RAID、USBメモリ、NAS、DVD-Rなどの場所に保存します。

すでに広く普及して世間に十分に浸透できているDVDやCD、HDDとは違い
BD(ビーディー・ブルーレイディスク)はまだまだ普及の途中の段階にあるため、
対象のディスクに対応できないユーティリティーやリカバリーサービスが一部ある可能性もあります。

そのため、データ復元ソフトを使われる場合はなるべく最新のバージョンを選び、
購入・インストールの前には念のために対応された機器についてチェックをされてみてください。

USB機器の対応が可能なツールでしたらほぼ大丈夫です。

データを削除したわけではなく、ディスク自体が読み込みできなくなった場合は、
ブルーレイ対応のディスククリーニングキット(研磨機)にかけて版面を清掃すると
保存したファイルが読み込みできる見込みがあります。

PC/マイコンピューター(デバイスマネージャー)からどうしても認識できない場合は、
無理に読み込ませようとせずに、専門のデータ復旧サービスセンターに
依頼をされてみることをおすすめします。