BUFFALO(バッファロー)の製品のデータ復元をするには?

パソコンの周辺機器のブランドで有名なBUFFALO(バッファロー)の製品は、
株式会社バッファロー(旧社名:株式会社メルコ)より開発されているコンピューター機器です。

ディスプレイやカードリーダー、外付けハードディスクやRAID、NASなどの外付けメディアで、
PCユーザーの多くの方々がバッファローのマルチメディア機器を活用されています。

主なBUFFALO製の周辺機器

NASのAirStation(エアステーション)、LinkTheater(リンクシアター)、TeraStation(テラステーション)、
USBフォン、ブルーレイ/DVD/FDドライブ、増設インターフェース、AOSS、SDHC、MMC、無線/有線LAN、シリコンディスク、メディアプレーヤー、
DVDドライブ、液晶ディスプレイ、アダプター、デジタルチューナー、プリントサーバー、光メディアコンバーター、など。

LinkStationやTeraStation、ポータブルHDDをはじめ、大容量のデータを記録するメディア媒体のカートリッジの装置も多数あります。

これらの各機材に記録していたファイルやフォルダーを、もしうっかり誤操作でバックアップを行う前に削除してしまったり、
ハードウェアの故障で読み込みが出来なくなった時はどうすればデータを復旧できる?という疑問について。

ゴミ箱フォルダーの確認

まず、macOS(またはMac OS X)のパソコンをお使いの場合、誤ってFinder(マイファイル)からデータを
削除してしまった場合は、外部デバイスの装置のデータも一度Macパソコン内部の「ゴミ箱」に移動します。

ゴミ箱を開いて、消えたデータがこちらに移行されていたら、元の場所に戻して復元します。

またテラステーションやリンクステーションをお使いの際には、NASのディレクトリから
データを削除した時にはゴミ箱(トラッシュボックス)が自動的にフォルダー上に作成されます。

ここに一旦データが移動しますので、こちらを開いて元に戻してみてください。

株式会社バッファローのサポートでは、BUFFALO製品専門の修理センターが愛知県名古屋市南区豊田3-3-5の本社にありまして、
BUFFALO製のコンピューター機器の故障の修理を郵送などで受け付けられています。

しかしながら内部データの復旧・取り出し作業までは通常受け付けられていないようなのですが、かわりにバッファローからの
ホームページによるお申し込みで、提携されているデータ復旧業者のサービスが通常よりも格安の価格でご利用することができます。

外付けのデータ記憶デバイスで対応できない機材や、HDDクラッシュなどで
物理的にドライブ装置が壊れてしまった機材は、通常は個人では直すのが難しいいです。

専門のデータリカバリーセンターにて、中身の機器を分解してもらい
書き込みしたファイルを取り出しして修復してもらわれることをおすすめします。