テラステーションから削除したファイルを復元するには?

BUFFALOから発売されていますネットワーク・アタッチ・ストレージ(NAS)の製品の一つである、
TeraStation』(テラステーション)を日々使ってデータを管理している際に、

共有フォルダーやWEB設定などのページからアクセスして操作している最中に
誤った入力操作やフォーマットなどで、必要なファイルを削除してしまったら、
どうすればネットワークドライブの機器から消えたデータを復元できる?という疑問について。

TeraStationのごみ箱フォルダーから元に戻す

まず、「share」など通常の共有フォルダーからファイルを削除した場合、
WEB設定画面のページで「ごみ箱」の自動作成機能が有効になっていれば、
trashbox』(トラッシュボックス)のフォルダーが一つ上のディレクトリ内に表示されます。

このゴミ箱の中に、消去したファイルが一旦、自動的に移行します。

こちらを開いて誤って削除したデータを選択して、
元の位置のフォルダーなどにコピー&ペーストか移動で貼り付けると、元に戻せます。

ゴミ箱からも削除していた場合に、ファイルの復元を行いたい、という際は、
まず、TeraStationやLinkStationのNASは、WindowsやmacOS/Mac OS Xのパソコンに対応された
ファイルシステムでフォーマットがされていない仕様です。

そのため、基本的には専門事業のデータリカバリーサービスに出して、見てもらわれることを推奨します。




RAIDやNASのHDDからのデータ復旧の料金は高めになる?

次に、パソコンのハードディスクドライブと、他の機器に使われたHDD、またメモリーカードでは、
データの復旧をしてもらうサービスには料金などでの大きな違いはある?という疑問について。

まず、RAIDの装置やサーバ、NASは、ハードディスクドライブを複数台で使うものが多く、
最大容量が大きくなり、故障した部品の換装やHDDからのデータの救出にその分費用が掛かりやすくなります。

具体的には、データ復元の際には、補助記憶装置に実際に保存した容量というよりも、
スキャンに掛かる時間などから、基本的に最大容量の方で決まります。

そのため、RAIDやNAS、サーバは、HDD一台分のパソコンや、メモリーカードに比べて料金は高めです。

ですが、NASはファイルシステムも特殊で、パソコンで使うハードディスクよりファイルの復元が
難しめなため、プロのデータリカバリーサービスに注文をされた方が、より確実です。




テラステーションからファイルが削除されていたら?

TeraStation(テラステーション)を使用していた間に、ハードディスクに保存されていた
ファイルやフォルダーを通常とは違う手順で消去していた場合は、ゴミ箱フォルダーに残らずに、
HDDのディレクトリの表示上ではデータがそのまま削除されます。

もしゴミ箱の機能を設定で無効にしていたり、例外的にごみ箱に移動せずに直接ファイルが
TeraStationから消えていたり、WEB設定ページで「すべての共有フォルダー内のごみ箱を空にします」を実行していたり、
またはフォーマットやRAIDの再構築、ディスクの削除などの操作を行った場合は、
ボリュームの初期化などにより、ファイルがそのまま消去されてしまいます。

その場合は、あらかじめWEB設定の画面で別の外付けハードディスクなどの補助記憶媒体に、
バックアップしたデータを保存するように設定されていれば、そちらを開いてみてください。

そして、消えたファイルと同じものが保管されていて復元できるかどうか、確かめてみてください。

しかし、NAS(ネットワークアタッチストレージ)のテラステーションから、
バックアップデータが取れていなかった場合は、一般個人では少し復旧作業の難易度が上がってきます。

データ復元ソフトで回復を試す方法とは?

もし、NAS(ネットワークアタッチストレージ)のTeraStationから削除したファイルやフォルダーを、
個人で何とかハードディスクから復元させたい、という際には、
少し特殊なデータ復元のアプリケーションソフトウェア(Application Software)を使用します。

ひとまず、それ以上新しくテラステーションのハードディスクに電子ファイルを保存すると、
まだセクタに残っている前の拡張子の痕跡データが消えてしまうので、NAS本体の使用を控えてください。

BUFFALO製のTeraStationに限らず、多くのNASでは、USB接続ではなくネットワークでアクセスする形になります。

XFSのファイルシステムのHDDを読み込むには?

また、NASにはWindowsやmacOS/Mac OS Xのオペレーティングシステムでは読み出しに対応されていない、
『XFS』(eXtents File System)といったジャーナリングファイルシステムが登用されています。

そのため、普通のパソコン用のアプリケーションソフトウェア(Application Software)では、
TeraStationやLinkStation、LANDISKなどのネットワーク対応ハードディスク製品の、
間違えてデータを削除した内蔵のHDDへの読み込みができません。

そこで、こちらの例ではXFSの認識に対応されているバージョンの、
「SysDev Laboratories Japan」により開発・販売されていますデータ復元ソフトウェアの、
復旧天使』を使用して、HDDから表示上で消去されているデータの復元を試みる方法を紹介します。

※パソコンから個人でTeraStationのハードディスクを読み込みを実行しようとすると、
 後にアクセスエラーやRAIDの破損などの問題が発生する場合があります。

 作業を実行される際には、必ず自己責任の下でお願いいたします。

 なるべくであれば、プロのデータ復旧サービスセンターに注文された方がより確実です。

NASからハードディスクドライブを取り出すには?

まず、TeraStationのHDの収納ケースのキーを開けて、中からハードディスクを一台取り出します。

ドライブベイのマウンターに固定されたネジをプラスドライバーで外してハードディスクを分離します。

次にデスクトップ型パソコンの内蔵のドライブベイに取り外したHDDを一時的に取り付けて、
予備のSATAケーブルと、電源ユニットの使用していない中間コネクタを繋げて増設します。

あるいは、シリアルATA方式で3.5インチ型のハードディスク用のポータブルHDDケースの製品に、
ハードディスクドライブを挿入して、USBケーブルからの接続でパソコンに繋げます。

パソコンを立ち上げるとBIOSやデバイスマネージャー、ディスク管理の画面で認識されます。

(ですが、基本的にエクスプローラーなどで中身のファイルを開くことはできません。)

消去した拡張子をストレージから検出するには?

次に、「復旧天使」のソフトウェアのプログラムを購入して、パソコンにインストールします。

(最初は、消えたデータが検出できるかどうかの確認で、試用体験版を入手して
 後でライセンスコードを購入される方法でも大丈夫です。)

アプリケーションソフトウェア(Application Software)のアイコンをダブルクリックして起動すると、
最初にパソコンで認識できた、すべてのストレージの一覧リストが表示されます。

TeraStationのボリュームは「SGI XFS パーティション」という緑色の印が付いた項目です。

親ディレクトリにあたる、ディスクドライブの名称(Drive2:Fixed PT USB PEC-SB2xなど)を
読み込んでいるストレージと合致していましたら、これを選択します。

右クリックして「データ復旧」の項目を押すと、ドライブスキャンによって、
ハードディスクのセクタに残留しているデータの痕跡を検出する作業が始まります。

テラステーションのハードディスクの容量は基本的に500GB~数TBと大きめで、
スキャンに数時間~数十時間がかかるため、しばらくの間、待機します。

スキャンができたファイルを保存して復元する

作業が完了したら、左右にSATA(Serial AT Attachment)のHDDの、ボリューム内部のディレクトリが表示されます。

この中の、trashboxにあたる位置のフォルダーや「LostFiles」といったフォルダーを開くと、
検出できた削除済みのファイルの一覧が表示されます。

この中から必要なデータを選択して、「コピーして保存」の項目をクリックします。

パソコンの内部や外付けHDDといった別のデータ記憶装置のフォルダーを選択して、保存します。

最後に、破損した状態のファイルがないか保存先のフォルダーをエクスプローラーなどから開いて確認します。

データが正常に開ければ、ファイルの復元(Reconstruction of data)の作業は完了です。

LinkStationで削除したデータを復旧するには?という疑問については、こちらのページにて。

データ復旧サービスにTeraStationを出してみる

ですが、NAS(Network Attached Storage)のデータを100%必ず修復できるとは限らず、
必要なファイルがたまたま検出に引っかからなかったり、破損された状態で中途半端に拡張子が復元されることもあります。

より確実に消えたファイルを回復させたい、という際には、上記の通りNAS製品に対応で営業されています、
データ復旧サービスセンターに問い合わせて、TeraStationまたは内蔵されたハードディスクを、
持ち込みか郵送で出して、検査とデータ復元の措置をしてもらわれることをおすすめします。