デジタルカメラのデバイスが認識しない時に復旧するには?

普段お使いのデジタルカメラ、またはデジタルビデオカメラをパソコンに接続して
撮影した写真画像などのデータを読み込みしようとした時、デバイスドライバ―が
システムに認識しない状態になり、ファイルが読み込めない時には、どうすれば復旧できる?
という疑問について。

カメラ

※作業の前に、念のため、レンズに傷がつかないようにキャップを付けるか、
 本体から取り外してから行われることをおすすめします。

まず、パソコンのUSBコネクタに繋げているUSBケーブルが、付属のものではなく
間違えて別の機材ものを使っていないか、ご確認ください。

差込口の形が同じでも、実際には認識しないことも多いです。

デスクトップパソコンの場合、特殊なUSBポートに間違えて差し込んでいましたら、
別のUSBポートに差し替えます。

また、デジタルカメラ本体の電源がオフになっていましたら、オンにしてから差し込みます。

デジタルカメラに差し込んでいるSDカードやxDピクチャーカード、コンパクトフラッシュなどを、
引き抜いていたりしていないかどうかもお確かめください。

専門の事業のデータリカバリーサービスで、どの媒体に問題が発生しているかを
検査して、またSDカードなど中身のファイルを取り出ししてもらうこともできます。





Windowsのパソコンで、エクスプローラーなどの画面で正常にカメラのアイコンが
表示されない時は、まずエクスプローラーのデバイスマネージャーの画面を開きます。

ポータブルデバイスの項目を開き、カメラの名称のところに「?」や「!」「×」、
「不明なデバイス」、といった表示が出ていましたら、認識エラーが発生しています。

その際には、その名称を選択して、右クリックで「デバイスのアンインストール」を
選択して、一度デバイスドライバを消去します。

その後、USBケーブルを引き抜いてから、ウィンドウズを再起動して、
もう一度、パソコンに接続し直してみます。

USBコネクタの接続

エクスプローラーに何も映らない時は、コントロールパネルの管理ツールにある
コンピューターの管理→「ディスクの管理」でも、製品によって表示されない場合があります。

まだメモリーカードがフォーマットされていない場合は、そのままでは使用できないため、
デジタルカメラかパソコンでフォーマット(初期化)を実行します。

その際、過去にフォーマットを行っていて、すでに写真が撮影されて保存している場合は、
勢いで誤フォーマットをしてしまうと、データが削除されてしまうのでご注意ください。

デジタルカメラかパソコンの本体、またはオペレーティングシステムのいずれかが
かなり古い製品だと、動作環境が不十分で認識しない場合があります。

その際には、「互換性のトラブルシューティング」などを試されてみてください。

また、デジタルカメラからの接続ではどうしても認識しない場合や、
故障していると思われる場合は、デジカメ本体からメモリーカードを取り出して、
USBカードリーダー/ライターに接続して読み込んでみる方法もあります。

写真画像のファイルを保存したSDカードなどメモリーカードが故障していると思われる場合は、
それ以上の無理な読み込みは控えて、プロのデータ復旧センターに問い合わせて、
中身のファイルのサルベージによる救出作業を行ってもらわれることをおすすめします。



『「デバイスが認識しない」のカテゴリーの前後のページ』

«

»