Photoshopの削除したデータを復旧するには?

Adobe(アドビ)の画像作成ソフトである、「Photoshop」(フォトショップ)を使用している際に、
誤って作成中のpsdファイルや、加工した後のjpeg、pngなどのファイルを、
フォルダーから削除した場合には、どうすれば後からデータ復旧をすることができる?という疑問について。

Photoshop「一段階戻る」の機能で修復する

まず、psd(Photoshop Data)の拡張子は、jpegやpngと同じく一つのファイルで、
容量の大きさは高くなりやすいですが、普通のファイルとしてデータ記憶装置に保存されます。

画像の編集・作成中に、誤って画像の一部分や必要なレイヤーを削除した時は、
「一段階戻る」(アンドゥ)の動作で元に戻すことができます。

または「一段階戻る」の動作で削除してしまった時は、「一段階進む」(リドゥ)を選択して直すこともできます。

パソコンの筐体に内蔵されたハードディスクやSSDから、誤ってpsdなどのファイルを削除した場合は、
普通はまず、ゴミ箱フォルダーに表示が移行します。

そちらを開いて対象のファイルを選択して、「元に戻す」で以前のフォルダーの位置に復元できます。

NASやクラウドサービスにバックアップを取っている場合には、そちらのデータを開いてみます。

誤ってゴミ箱から拡張子を削除したり、フォーマットでまとめて消去した場合でも、
そこから新しくハードディスクやSSDに、別のデータを上書き保存していなければ、
まだデータ記憶装置のセクタに拡張子の痕跡が残っている可能性が高く、復元できる見込みがあります。

専門業者のデータ復旧センターに注文をして、パソコンのHDDや外付けハードディスク、
あるいは外付けのRAIDケースやDVD-Rなどの、保存していた補助記憶媒体を見てもらい、
消去した拡張子の痕跡からPhotoshopのファイルを復元してもらわれる方法が最も確実です。




フォトショップの消去したファイルの復元をするには?

こちらのページでは、AOSデータからより販売されているデータ復元ソフトウェアの、
「ファイナルデータ」をWindows 10のパソコンで使用して、自身で復旧を試みる場合の一例を説明いたします。

まず、Cドライブとなる内蔵のハードディスクかSSDに保存していたPhotoshopのデータを復旧したい、
という際には、そのままパソコンにデータ復元ソフトをインストールすると、
セクタがその分新しいファイルで上書き保存されるため、DVD/USBブートの機能を使って起動をしてください。

増設したDドライブのハードディスクや外付けHDD、RAID、USBメモリなどに保存していたファイルを、
後から復元したい場合には、パソコンにインストール・セットアップしても大丈夫です。

パソコン上の「psd」のファイルだけでなく、USBメモリやSDカードから間違えて削除してしまった、
「jpg」といった画像ファイルなども、データの復元を試みることができます。

間違えた操作で消えたpsdなどの画像ファイルのリカバリー

次に、ファイナルデータを起動して、「ファイルの復元」を選択します。

「ゴミ箱から削除した場合」または「フォーマットをした場合」を選びます。

対象のボリュームを選択して、「検索」を押して、ドライブスキャンを開始します。

リストに検出できたファイルの一覧が表示されますので、「ファイル種類フィルタ」を押して、
「グラフィックファイル」にチェックを入れて「OK」を押します。

psdなどの必要なファイルにチェックを入れて、「選択したファイル復元」を押します。

別のドライブ装置やパーティションに保存して、
そちらをフォトショップで正常に開ければ、データのリカバリーの作業は完了です。

また、フォトショップの画像のデータファイルを復元する方法について詳しくは、こちらのページにて。

ですが、目当てのファイルの検出ができなかったり、拡張子が破損した状態で保存される場合もあります。

その際には、プロのデータ復元のサポートを実施された事業で、ファイルの復旧をしてもらわれることを推奨します。




Photoshopのトラブルシューティング

また、illustrator(イラストレーター)といったほかのCGソフトの方で、
元が同じ画像のファイルを編集して別名で保存していたり、
素材の写真やイラストのデータを別に保管していましたら、そちらもさがされてみてください。

ほか、Photoshopのソフトウェアを操作する際でのさまざまな問題の解決には、
Photoshopのよくある質問なども参考になります。

また、Adobeのフォトショップの画面にある、
メニューバーの右側にあります、「ヘルプ」も参考にされてみてください。

データ復旧サービスで画像のサルベージをしてもらう

一方で、誤った削除ではなく、拡張子自体は残っているけれどプログラムが破損して開けない、
という場合には、一般の個人ユーザーでは画像ファイルの修復が難しくなることが多いです、

また、HDDやメモリーカード自体が破損してしまった時も、読み込みがなくなってしまいます。

これらの際にはそれ以上の上書き保存や通電を控えて、プロのデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、
論理障害ないし物理障害での、ファイルのサルベージの作業をしてもらわれることをおすすめします。