Cドライブ(ローカルディスク)が開かない時に修復するには?

パソコンの筐体に配置されている、ハードディスクドライブやSSDのプライマリパーティションこと、
「Cドライブ」(ローカルディスク)が、正常に開かないためにオペレーティングシステムが起動できない時に、
開かないシステムの修復や、内部のデータの復旧をするにはどうすればいい?という疑問について。

ローカルディスクの読み込みの問題が発生したら?

まず、WindowsのOSのパソコン上で、スタートメニューまたはデスクトップアイコンから
「PC」(マイコンピューター)を表示した時に、上から二番目の「ハード ディスク ドライブ」の
項目に『ローカルディスク(C:)』というアイコンが表示されてないます。

このドライブの形をしたアイコンが、パソコンに内蔵されているHDDやSSDのデータ記憶領域で、
ほぼすべてのファイルやプログラムが収納されています。

パーティションを分割した場合は、更にDドライブ、Eドライブ~と表示されます。

普通の状態でしたらアイコンをダブルクリックすればそのまま中身のフォルダ群のメニューに
移動できるのですが、稀にこのCドライブが開けない問題が出てしまうトラブルも存在します。

Windowsとデスクトップが起動できていれば、SSDやハードディスクの物理的な故障という障害の可能性は低いです。

ローカルディスクが開けないのは、コンピューターウィルスが侵入して
Cドライブの中で感染拡大して、システムが破損してしまったことや、
コントローラーボードの破損、マスターブートレコードの破損、OSのエラーなどが主な原因になります。

ウィルス対策ソフトウェアを起動する

ひとまず早急な対処として、インターネットの接続を遮断して、USBメモリやSDカード、CD/DVD-RW、MO、
外付けHDDなどの外部記憶装置を、CD/DVDドライブやUSBコネクタからすべて取り外しましょう。

たとえば、トロイの木馬やワーム型ファームウェアの有害プログラムによる妨害が入っている影響で
アクセスが拒否されました』といったメッセージが表示されて、
Cドライブと内部のデータファイルが開けなくなってしまうことがあります。

その際には、SSDまたはハードディスクを、別のパソコンのドライブベイに増設するか、
外付けケースやUSB変換ユニットに入れ替えて読み込みする方法もあります。

デスクトップ画面のアイコンか右下のタスクマネージャーから、
パソコンにセットしているウィルス対策ソフトウェアを起動します。

そしてコンピューターウィルスの検出を行い、すべての感染プログラムの
隔離が済みましたら駆除を行い、PC上から完全に消去しましょう。

なるべく、トレンドマイクロ・ウィルスバスターやノートンアンチウィルスなど、
性能の高い市販のソフトウェアを、最新のアップデートをした状態で使われるのが望ましいです。

壊れたPCからのデータ救出にはどんな方法がある?

念のために、検知できた有害なコンピューターウィルスのファイル名をメモしておくと、
コンピューターに異常が出ていた時に個別の対処法を調べやすくなります。

その後、「コンピューター」からCドライブが開けるかどうかを確認します。

壊れて使わなくなったコンピューターのデータを復旧するには?という疑問については、こちらのページにて。

しかし、コンピューターウィルス(ワーム)を駆除した後でも、
ローカルディスクの各ドライブが開けなかったり、または検索機能などの別の場所からでしか
内部のファイルを見れない、または壊れて正常に開かない、という場合もあります。

コンピューターウィルスのプログラムによってどのシステム部分が破壊されたかによっても
若干、対処法が異なるのですが、プログラムの破損がひどい場合は、
Windowsの起動ディスクで、オペレーティングシステムの修復を実行してみましょう。

Cドライブのリカバリーで消えたデータの復元をするには?という疑問については、こちらのページにて。

ハードディスクやメモリーカードの中を開けても大丈夫?

外付けHDDケースを使ったハードディスクやメモリーカードの再読み込みには、、
別のデスクトップパソコンの空いているドライブベイへの増設によるデータ復活の手順などがメジャーです。

データ復旧は精密機器にからプラッタやメモリチップを取り出す作業のため、
クリーンラボでのチェックと精密機器の元で行われるため、一般個人では高い安全性には
心もとなく、また専用の機材もないため。行われないようにしてください。

データ復旧のサービスを受けるにはどうすればいい?

OSの再インストールを行う事でしか直せそうに無い場合、今までのファイルや
ソフトウェアが全部消えてしまいますので、再セットアップを行う前には
データ復旧サービスで必要なファイルをバックアップしてもらうことをお薦めします。

まずは郵送受付に対応されている、または最寄りの、データ復旧を行っているサービスを検索します。

次にそちらのアドバイザーの方と相談をして、機材を送付して、チェックを受けた後に、復旧を行ってもらうことを推奨します。