壊れて使わなくなったコンピューターのデータを復旧するには?

近年では家電製品にパソコンやプリンター、デジカメ、携帯電話、オーディオなど
様々なコンピューター製品が加わってきて、またそれらのオプションである電源コードや
データ記録用のHDD、SSD、メモリーカード、

また外部接続型の装置であるマウス、キーボード、スピーカー、リモコンなど、
非常に数多くの種類の電子機器が家庭内やオフィス内に多くなってきました。

その分、購入してから時間が経って使わなくなった古い機器や、
壊れて動かなくなった製品などの不用品も多くなっていく傾向になり、
物置や押入れ、引き出し、クローゼットにたくさん置いてあって
それらの積み重ねた分の処分に少し困られている方も多いかと思われます。

しかし壊れて使わなくなった古いパソコンの内蔵ハードディスクやSSD、メモリーカードなどに
まだ貴重なデータが内部に残っていて、それを何とか復旧してから処分したい、
という場合にはどうすれば内部のファイルをサルベージできる?という疑問について。

RAID

まず、コンピューター、特にPC関連の機器をいろいろ使われている方であるほど、
古くなって壊れたパソコン本体のハードディスクやSSD、外付けHDD、容量の低いデータ記憶装置といった
使わない電子機器の不用品が多くなりやすいすので、やはりどうしても
数年に一回くらいの割合で一括でまとめて回収して処分する必要も出てきます。

その際に、パソコン本体や外付けHDDケースの内蔵ハードディスク、
デジタルカメラのxDピクチャーカード、モバイル製品に搭載されたSDメモリーカードといった
二次記憶装置をまだ取り外していない時には、カバーを空けて取り出すことが重要になります。

コンピューター製品を刷れる際には保証期間も切れているケースが多く、
ケースの蓋を開けたりネジを外すなどの分解をしてもほとんどの場合は問題はありません。

小型・薄型のノートパソコンの場合は、HDDやSSDの取り外しが個人ではかなり難しい
構造の製品の場合は、プロのパソコン修理サポート店かデータリカバリーサービスにて、
作業を代行してもらわれることも推奨します。





複数の使わないコンピューター製品をまとめて整理する際には、大掃除をすることを前提に
一日か二日予定を空けて、その日にまとめて自宅または自社内を
整理整頓する予定を立てると効率的です。

大掃除の際に、使わなくなった家電製品やパソコン用品など、処分する予定の不用品を
一箇所に集めてまとめておく作業を優先的に行います。

まだこの先使うかどうか、不用品ごとにしっかりと確認して分けていきます。

特にPCやケータイ、メモリーカードは中に入っているデータをしっかりと確認して、
必要な分のファイルは必ずバックアップして残しておかれることをおすすめします。

SDカードやxDピクチャーカード、コンパクトフラッシュ、スマートメディア、マルチメディアカード
などのメモリーカードで、搭載しているスマートフォンやデジタルカメラ、ビデオカメラが
故障して、専用の付属ケーブルでパソコンに接続・同期ができない、という時は、
USBカードリーダー/ライターを購入して差し込み、USBポートから繋げて読み込みます。

そして、WindowsのエクスプローラーやmacOSのFinderなどの画面からフォルダーを開いて、
必要なファイルをコピーしてバックアップする形でデータを復旧します。

パソコンの内蔵ハードディスクやSSDの場合は、PCケースのドライブベイから取り外して、
2.5/3.5インチ、IDE/SATA方式のそれぞれの形状に合った外付けHDD/SSDケースを、
またはUSB変換ユニットを購入して接続するか、別のデスクトップパソコンの
空いているドライブベイに増設して、「D~ドライブ」として開きます。

そして、同じくフォルダーをバックアップする形で、必要なデータを復旧します。

また、ファイルを回収しない場合でも必ず、ハードディスクや保存用メモリーカードは
電子機器から全て抜いてデータの記録メディアを別に分けて、処分してください。

データ完全消去サービスで破砕消去をしてもらうと、より安全です。

そして、電化製品、電子機器、パソコン用品、データ記録カードという具合に種類を分けたら、
専門業者にお問い合わせをして、廃品の回収をしてもらいます。

ハードディスクやUSBフラッシュメモリ、SDカード、RAIDケース、NAS、個人用サーバなどが
物理障害による破損で壊れていてデータのバックアップができない時は、
プロのデータ復旧サービスセンターに出して、中身のファイルを引き出してもらい、
壊れたデータ記憶装置自体もそのまま業者のサービスで処分してもらわれることもおすすめします。



『「SSD内部の救出」のカテゴリーの前後のページ』

«

»