SSDの寿命が来る前に新品に交換する対策とは?

パソコンなどで使用するデータ記憶装置である、ハードディスクドライブにも寿命があり、
数年ほど使っているとそのうち物理的に回路が故障して使えなくなるように、
同じデータ記憶デバイスの「SSD」(ソリッドステートドライブ/メモリディスク)にも、
やはり寿命があり使用限度がある、ということをご存知でしょうか?

Solid State Driveの製品のメリットとは?

Solid State Drive(ソリッドステートドライブ)は、読み込みの速度や頑丈さに優れていて、
安定した高性能のデータ記憶媒体です。

フラッシュメモリの装置であるため、あまり壊れやすい部品がなく、
消費電力や発熱も少ないため故障が起こりにくく、また小型で衝撃にも強いという様々な利点があります。

その反面で、最大容量がまだハードディスクより大幅に少なかったリ、価格が高額であるという
難点もあるのですが、こららも今後の技術進歩により徐々に改善されていくでしょう。

SSDのデータの書き換えが可能な限度の回数とは?

しかしSSDなどのフラッシュメモリには、保存データの削除や上書きによる書き換えが可能な回数に、
数千回~数万回と、使用の限度があります。

SSDが導入されたパソコンの本体を数年以上の間 使用し続けて、その一定の回数を越えると
データーの書き込みに支障が出始めやがては製品としての寿命を迎えて使えなくなってしまいます。

SSDに保存データを書き換えできる回数や期間は、製品の種類や使用している頻度、
取り扱うファイル、インストールしているアプリケーションソフトの数やPCの配置している環境など、
様々な要素によって個人で変わってきます。

(搭載しているフラッシュメモリによってはおよそ10万回と言われています。)

データの定期的なバックアップと状態の検査

パソコンはやはり何年も長いこと、毎日のように使っていくことが多いため、
そろそろデータ記憶ストレージの状態が心配かな…と思われてくる頃に、
一度は別のPC本体や外付けハードディスク、DVD-Rなどの別のデータ記憶媒体に、
大事なデータファイルをバックアップしてコピーで保存する対策を取りましょう。

また、S.M.A.R.T.(スマート)のモニタリング機能を読み取るための、
メーカーから配布されている検査用のソフトウェアで、故障の状態をチェックしたり、
簡単なエラーの修復を行うこともできます。

SSDが破損するトラブルのケースとは?

しかし、Solid State Driveが丈夫で読み込み速度も速い、といっても、
換装する頃合いの時期の大分前に、ある日突然、何かの故障で動かなくなることもまた起こりえます。

また、MacBook Airといったノートパソコンの本体を持ち歩いている際に
うっかり硬い床に落としたり、強くぶつけたり、水濡れや水没をさせてしまったりと、
破損を引き起こしてしまうおそれもあります。

ほか、コンピューターウイルスの感染などでシステム的に破損して、認識しない状態になる危険もあります。

開けなくなったデータを復旧してもらうには?

もしもSSDの内部に保存していた、重要な個人用データをバックアップをする前に、
パソコンやそのOSに破損が起きてしまい、どうしても開けなくなった時には、

プロのデータ復旧サービスセンターに注文をして、デスクトップPCまたはノートパソコンを持っていって、
メモリディスクの内部に記録されたファイルを読み込んでもらい、
後に交換した新品のSSDの方にデータの移し変えをして、元に戻してもらうこともできます。

SSDは現在、物理的な故障が起こった場合には、内部のデータを取り出すのが非常に困難な
補助記憶装置なのですが、システム的なエラーや誤った削除操作のトラブルの場合は、
ハードディスクドライブと同じくデータを後から復元できる見込みがあります。