SSDの寿命が来る前に新品に交換する対策

ハードディスクに寿命があり、数年ほど使っていると
そのうち物理的に回路が故障して使えなくなるように、SSDのメモリディスクにも
やはり寿命があり使用限度がある、という事をご存知でしょうか?

Solid State Drive[ソリッドステートドライブ]は将来的にHDDに代わるとも
言われている安定した高性能の記憶媒体です。

フラッシュメモリの装置であるためヘッドやモーター、プラッタといった部品がなく消費電力や
発熱も少ないため故障が起こりにくく、また小型で衝撃にも強いという様々な利点があります。

その反面で容量がまだハードディスクより少なかったリ、価格が高額であるという
難点もあるのですが、こららも今後の技術進歩により改善されていくでしょう。

しかしフラッシュメモリには書き換え可能な回数に数千回~数万回と限度があります。

数年ほどSSDが導入されたネットブックなどのパソコンを使用して、その一定の回数を越えると
データーの書き込みに支障が出始めやがては製品としての寿命を迎えて使えなくなってしまいます。

SSDに保存データを書き換えできる回数や期間は、製品の種類や使用している頻度、
取り扱うファイル、インストールしているアプリケーションソフトの数やPCの配置している環境など、
様々な要素によって個人で変わってきます。(搭載しているフラッシュメモリによってはおよそ10万回)





何年も長い事、毎日のようにパソコンを使っている場合は、そろそろ心配かな…と思われてくる頃に
一度は別のPC本体や外付けハードディスク、USBフラッシュメモリなどの記憶媒体に
大事なデータファイルをバックアップしてコピー保存する対策を取りましょう。

SSDの交換

しかしSolid State DriveがHDDよりも丈夫で読み込み速度も速い、といっても、
換装する時期の大分前にある日突然、何かの故障で動かなくなったり、パソコン本体を水没させたり、
コンピューターウイルスの感染などで物理的、論理的に破損して認識しない状態になる危険もあります。

もしもバックアップをする前にSSDやそのOSに破損が起きてしまった時は、データ復旧サービス店に
デスクトップまたはノートパソコンを持っていって、メモリディスク内部に記録されたファイルを
修復してもらい、後に交換した新品のSSDの方にデータの移し変えをしてもらい元に戻しましょう。



『「SSD内部の救出」のカテゴリーの前後のページ』

«

»