断片化されたファイルの修復を実行するには?

パソコンを購入してからしばらくの期間、内蔵のSSDやHDD(ローカルディスク)に
ソフトウェアをインストールしたりファイルを作成・保存するなどして使い続けていくうちに、
ファイルやフォルダを保存するSSDやハードディスクドライブが
『断片化』を起こして、読み込みが遅くなっていくことが多くあります。

断片化とは、SSDやHDDの中にあるデータを書き込むセクタという記憶領域に
書き込みする際に、ファイルがバラバラの位置に記憶されている状態の事です。

まとまった位置に配置されていないため、ひとつのデーターを読み込む際に
コンピューターのシステムが複数のセクタ位置から読み取りをする事になり、
開くまでに時間がかかったり動作が遅くなっていく原因になります。

この断片化されたファイルの修復をまとめて実行するには、
まず最初に、Windowsの場合は、すべてのプログラムからアクセサリを選び、
システムツール⇒ディスククリーンアップを開きます。

このディスククリーンアップの機能は、ドライブ上にある余分なデータを
圧縮したり消去するためのツールで、まずはこれを使って簡単な最適化をして、
次に、システムツールの項目にあるディスクデフラグを起動します。

このツールはハードディスクやソリッドステートドライブ上で
断片化したファイル群を整理して最適化するための機能で、
これを使ってスキャン⇒実行します。

これで一旦はセクタの整頓が完了するのですが、これだけではまだ
足りない部分も多いため、できれば以下のような作業も実行してみましょう。




快適化の方法

・Cドライブ上にある、使わないファイルやフォルダはDドライブに移動するか、
 外付けHDDやUSBメモリに移し変える。
・使用しないアプリケーションソフトウェアをアンインストールする。
ローカルディスク(C)を⇒クリック⇒プロパティ⇒ツール⇒エラーチェックで
 『チェックする』を押してスキャンをする。
・レジストリクリーナーという、レジストリ修復用ソフトウェアを
 インストールして、専用ツールでデフラグ・最適化を行う。
・メインメモリか、仮想メモリを増設・領域の設定で増やす。

しかしコンピューターの動作が遅くなったり止まりやすくなる原因は、
ディスク断片化の他にも数多くあります。

デフラグ作業を一通り実行しても動作や入力のスピードが遅いままで、どうしても他の原因がわからない、
という場合には、専門のパソコン修理サービス店で一度、
SSDやHDD、またマシン内部のほかのパーツを含めて、状態を診てもらうことを推奨します。



『「SSDの救出」のカテゴリーの前後のページ』

«

»