ファイルを削除する時に他のデータを一緒に選択して消した時は?

Windowsパソコンのエクスプローラーや、MacパソコンのFinderなどの画面上で、
何かのファイルやフォルダーを選択して削除する時に、うっかり隣り同士または離れた箇所に表示されている
他の拡張子のデータを一緒に選択していてまとめて消した時は、どうすれば復元できる?という疑問について。

ゴミ箱フォルダーを開いてデータを探すには?

まず、パソコンに内蔵されたHDD(ハードディスクドライブ)やSSD(ソリッドステートドライブ)、
またはUSBコードから接続した外付けHDDやポータブルSSD、RAIDの内部のディレクトリに保存されているデータは、
グラフィカルユーザインタフェースのWindowsやエクスプローラーやFinderからファイルやフォルダーを
削除した場合であれば、すぐには消去されず、一旦ゴミ箱フォルダーに拡張子の表示が移行します。

ゴミ箱を開いて、削除したファイルが見つかりましたら、アルファベットや五十音順で元々隣あたりの位置に
保存されていたファイルやフォルダーがあるかどうかを、確認されてみてください。

また、たとえばWindowsで一緒に選択して削除してしまったファイルの拡張子のフォーマットがおおよそわかる時は、
画面の右上の検索窓に拡張子の名称「pdf」「jpg」などを入力すると、その拡張子のファイルのみが一覧に表示されます。

元のフォルダーの位置のファイルを復元するには?

対象のまだ必要なデータが残っていましたら、そちらを選択して、右クリックで「元に戻す」を指示すると、
以前のディレクトリの位置に戻る形で、その拡張子を復旧することができます。

ソフトウェアを丸ごと削除した場合は、アンインストールではなくフォルダーを選択して消去した場合でしたら、
同じく、ゴミ箱に一度フォルダーの場所が移り変わります。

ですが、オペレーティングシステムの定期的な更新とともに時間が経つと、ユーティリティーのプログラムに
何らかの不具合が生じて正常に起動や動作ができなる可能性もありますので、
場合によってはアプリケーションソフトのインストールのし直しをされてみてください。

ゴミ箱の最大容量がいっぱいになると、古いデータから順に自動的に消去されていきますので、
早めにデータの復元の措置を行われることを推奨します。

また、キーボードやマウスの調子が悪くなって入力操作がずれやすくなってきたら、
製品の修理や交換をされることも推奨します。

受信箱や送信箱のメールを消去した時には?

電子メールのクライアントソフトや、ポータルサービスのウェブサイト上の管理画面で
不要になったメールを削除する時にうっかり複数のデータを選択して、受信箱や送信箱、下書きボックスから消した時は、
同じく設置されているゴミ箱のボックスを開きます。

そして、ゴミ箱のラベルを削除すると、受信箱などの元の位置にデータを復旧することができます。

ウェブ上のEメールサービス場合、ゴミ箱に入ってから30日あたり以内に元に戻す手順を行わなければ、
自動的にゴミ箱の中から消去されますので、ご注意ください。

USBメモリーやSDカードからファイルを消去してしまったら?

USBメモリやSDメモリーカード、DVD-RW、CD-RWなどのデータ記憶装置から間違えてファイルを消去した時は、
ゴミ箱には移動されずにそのままフォルダー上の表示から消えてしまいます。

また、他のソフトウェアのバルーンの場面から削除したり、shirt+deleteキーで
データを消去した場合も、ゴミ箱には移動しないため、そのままでは開けなくなります。

その際には、「ファイナルデータ」といった、市販のデータ復元ソフトを使用して、
メモリーカードやディスクをスキャンして、まだ残留している拡張子の痕跡データを検出する形で、
一緒に消してしまったファイルをサルベージできる見込みがあります。

最初は試用の体験版をインストールして、ドライブスキャンで必要なファイルが検出できるかどうかを試して、
後から製品版を購入する手順もお薦めです。

また、パソコンのハードディスクドライブやSSDもスキャンして、消えたデータの復旧を試みることもできます。

データ復旧サービスセンターでサルベージをしてもらう

しかし、個人で行う手法はやはり限られていて、値段の低めなソフトウェアの場合は検出ができなかったり
ファイルの半分くらいが画像の乱れや文字化けなどで破損していることも多いです。

より確実に、失ったファイルやフォルダーをもとに戻したい、という際には、
専門事業のデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、対象のコンピューターまたは補助記憶装置を
持参か郵送で提出する、または出張サービスを注文して、見てもらわれることをお薦めします。