メール受信箱のデータを削除した時に元に戻すには?

現在はインターネットのプロバイダーとの契約で使用ができる電子メールや携帯電話のメール、
またGoogleやYahoo!といった大手検索エンジンやポータルサービスのアカウントサービスで
提供されているEメールをネットワーク上で利用することができます。

主なメールサービスには、GoogleのG-Mail、Yahoo!メール、
マイクロソフトのOutlookメール、エキサイトメール、AOLメールなどがあります。

Eメールにも受信箱、送信済みトレイ、迷惑メールフォルダ、下書き、ごみ箱などの
各ボックスに送受信メールが振り分けられていまして、また迷惑メール防止ツールや
NGワードフィルターなどのセキュリティ機能も充実されていますので、
大変使いやすいサービスとなっています。

長く使っていくほどいつの間にかメールマガジンやアドレス登録型のサービスに
登録されていくため、次第に一日に受信するメールの量も多くなっていきます。

ポータルサービスでメールで受信できる量には基本的に限度がありますので、
受信メールを一括で削除したり迷惑メールに振り分けたり、受信拒否に設定したりと
時々整理を行う必要があるのですが、ここで注意することは誤ってメールを削除してしまうことです。




Outlook[アウトルック]やThunderbird[サンダーバード]、Windowsメールは、
パソコンにて保管するクライアントソフトで、メールはパソコンのHDDに保存されたデータになります。

メールソフトでは、「ゴミ箱フォルダー」が用意されていますので、そちらを開いて、削除したメッセージなどを元に戻すことができます。

また、ゴミ箱から誤って削除したメールも、データ復元ソフトのメール復元機能で元に戻せる見込みがあります。

ポータルサイトでは提供されているレンタルサーバーのスペースの内部に
メールが保存されていますので、こちらの保管データを消してしまった場合は、
そのかわりに、ゴミ箱フォルダーがありますので、誤って削除したメールデータは
ゴミ箱を開いてフォルダーの配置を元に戻すことで、後から復活させることができます。

また、エクスポート機能がありましたら、そちらを使ってメールをバックアップします。

しかし、コンピューター上のデータ復旧ソフトやシステムの復元ツールでは元に戻すことができません。

そのため、受信したメールの中で必要なものをうっかり削除してしまわないように日々ご注意ください。

また、使用できる容量(バイト)が全て埋まってしまうと新しくメールを受信することが
できなくなりますので、たまに不要なメールを消去していくことも大切です。

パソコン内部のフォルダーに保存していたメールが消えてしまい、個人では元に戻すのが
難しい場合は、プロのデータ復旧サービスに注文をされてみることを推奨します。