動かないコンピューターのパーツを予備で使う再活用の方法とは?

パソコン本体が故障する原因はまず、ハードディスクドライブにヘッド吸着などの
物理的な回路の破損がいつか発生してまともに起動できずに動かない状態になるケースが多いです。

他にもメモリが壊れたり、マザーボードや電源ユニットもよく故障することは多く、
またCPUファンの止め具が割れてCPUが冷却できなくなる、という場合もあります。

パーツを予備として取っておく運用の仕方とは?

どこかのパーツが老朽化や破損で壊れて動かなくなる場合、パソコンの場合なら
PCケースのカバーを螺子を外して空けて、新しい部品に自分で交換するか、
もしくはメーカー先か私設のPC修理サービスに出して換装してもらえます。

しかし新しいパソコン本体を買ってもう古い方のマシンは使わない場合なら、まだ壊れていない
部品を予備のパーツとして取っておいて、もしもの時のために保管しておく活用法もあります。




HDDやメモリを別のパソコンに増設する活用方法とは?

マザーボード(メインボード)は少し取り外しは難しいのですが、
各種部品の中でも、ハードディスクドライブやメモリは取り外すのが非常に簡単です。

どちらも壊れてさえいなければ、新しいPCのケース内部のドライブベイやメモリのコネクタに
「増設」という形で設置して、再活用することもできます。

(※HDDはパソコンケースに予備の空き部分のベイがなかったら内蔵するのが難しく、
 メモリはすでに中に2枚取り付けてあってスペースが埋まっていたら使えません。)

古いパソコンの部品の一部を新しいPCに付け替えるには?

また、もし新品のパソコンの一部品が故障した時に古い方の部品を付け替えれば、
読み込み速度や空き容量などの性能が落ちやすいものの、修理することができます。

もちろん、液晶モニタやマウス、キーボード、無線LANカード、ルーターなどの外部機器だけが壊れた場合なら、
そちらの機器だけ修理に出すか新品を買い直して付け替えれば、コンピューターを元通り動かせます。

または性能のいい部品やサプライの製品なら中古パーツの買取店で売却して引き取ってもらえる場合もあり、
壊れて使えなくなった部品の方は、廃棄処分のサービスに出して引き取ってもらいましょう。

壊れたHDDやSSDは、バックアップを取っていなかった場合はその内部ファイルを
データ復旧サービスセンターで引き出してもらって救出してもらうこともできます。

モバイルコンピューターを分解する場合は?

小型のネットブックや薄型ノートパソコンなどモバイルコンピューターをはじめとする
モバイル製品が強打や水没などの原因で動かない状態になってしまった場合は、
デスクトップパソコンのように自分で分解しやすいコンピューターと違って
一部のパーツのみ分解するのは一般個人では難しくなります。

ですが、その次に同じメーカーで同じようなモバイル製品を引き続き使う場合、
バッテリーやメモリーカードなら予備パーツとして使えますので、
携帯電話やスマートフォンの本体から取り外して、取っておくことをお奨めします。

iPad(アイパッド)などのタブレットPCが動かない場合はコンピュータ-の構造上、
あまり自分で再活用できる部品がないので、故障で動かなくなった時の再活用法は特にないため、
保証サービス期間が残っていたら、そちらを使って修理してもらうか新品交換をしてもらいましょう。

パソコン修理サービスセンターでの注文

また、私設で営業されているコンピューター修理サービスの業者なら、
それぞれの修理に対応されている製品の各種パーツが用意されています。

なのでメーカーのカスタマサポートよりも早く、即日~数日以内に
液晶パネルなどの壊れた部品を交換して修理してもらえる店舗も多いです。