古いパソコンを使わなくなった時の保管方法とは?

パソコンは日々性能の進歩を続けていて、容量の大型化や読み込み速度の速さ、グラフィック表示の向上、
OSやアプリケーションの使いやすさに機能の充実性など、ほんの数年の差でも目覚しい発達を遂げる時代です。

日常的にパソコン機器を使って仕事や趣味を行う人なら特に、スペックが良いほど作業効率がはかどるので、
1年~3年単位で定期的に新しいPC本体を購入してデジタル環境を入れ替える場合も多いでしょう。

今まで使っていたパソコンがまだ故障してなくても、スペックが世代的に古くなって
不便になってきたので新しい高い性能のPCに買い換える場合も多いと思われます。

それでは、それまで使っていた古いパソコンをもうしばらく使わなくなったら
故障しないように安全に保管をするにはどうすればいい?という疑問について。

オペレーティングシステムの整理をして修復するには?

まずは古いパソコンの方は、小さな不具合や読み込み速度の遅延が少しずつ
出始めてきたとしても、まだ一応普通に電源が起動できてOSのデスクトップ画面が
開ける状態でしたら、ひとまずそれまでの中身の整理整頓を行ってみましょう。

手始めに、新しいPCに移行したソフトウェアや、いらなくなったアプリケーションを
「スタート」⇒「コントロールパネル」⇒「プログラムの追加と削除」でアンインストールしていきます。

また、デスクトップ左下のタスクバーに表示されているアイコンも、負担がかかるツールは無効にしていきましょう。

これである程度まで、読み込み速度などが修復できます。




データファイルの削除とバックアップをするには?

また、一度IEなどのウェブブラウザを開いて、メニューバーの「ツール」から
「インターネットオプション」を開き、閲覧の履歴にチェックを入れて、
セキュリティ保護のためCOOKIEやパスワード、フォームの記録を丸ごと削除しましょう。

(大事なパスワードは削除の前に必ずメモして取っておきましょう。)

そして、ドライブ内に保管している貴重な記録のデータを、USBメモリや外付けHDD
などの記録装置にコピーやソフトウェアでバックアップして保管しましょう。

次に、いらなくなったファイルやフォルダを順に削除して軽くしていき、
その後でスタート⇒すべてのプログラム⇒「アクセサリ」⇒「システムツール」にある
『ディスククリーンアップ』と『ディスクデフラグ』を実行して整理します。

余裕があればレジストリクリーナーも使ってみましょう。

ケース内外の汚れの掃除をするには?

システム面での整頓が終わったら電源をシャットダウンして全部のコードを外して、
今度は一度PCケースのカバーを空けて、中身を確認しましょう。
その際にデスクトップ機またはノートPCのマザーボードやコードの上にたまった埃も拭き取ります。

おそらく、CPUファンや電源ユニットのクーラー、他にもマザーボードや
一番下の淵などに大量の埃が付着して溜まっているかと思いますので、
それらを専用の掃除器具や面貌などを使って、丁寧に除去していきましょう。

あらかたきれいに掃除が済んだら、ハードディスクドライブだけケースのベイから取り外して、
パソコン本体とは別のもっと安全な鍵のかかった収納庫などの場所に保管しておくのも良いでしょう。

パソコンを保管するのに適した場所は?

肝心の保管場所は日光が当たらず、高熱や低熱の影響を受けにくく、
電子レンジやエアコンが近くになくて水分や湿度の影響も受けにくい場所にします。

押入れや箪笥などに保管する際にはビニール袋などのカバーを必ずかけて、
なるべく空気を抜いた状態で収納します。

またその中に湿気取りや防虫剤を入れておきましょう。

長い間パソコンを放置すると機械の中に湿気が次第に充満して故障の原因に
なりやすいので、時々収納場所から出して、PCの電源を起動させて電気を通してください。

予備のPC本体が壊れていたら?

新型のパソコンがいつか故障してしまい修理に出す期間の間に一切使えない、というトラブルが
ないように、最低一台は正常に動くPC本体を予備マシンとして保管しておかれることをおすすめします。

逆に、収納していた古いパソコンを久々に起動したら保管の期間が長すぎたせいか
ちゃんと動かずに困ってしまった、という場合は、新しいPCがしっかり動くうちに
古いパソコン本体の方も修理サービスに出して直してもらわれることをおすすめします。

また、もし古いパソコンのハードが故障していて、内部にあった大事なデータが読み込めなくなったら、
プロのデータ復旧サービスセンターにて、ファイルのリカバリーの作業をしてもらうこともできます。