データ復旧サービスの価格も比較してみるとお得?

近年ではパソコンやサーバー、外付けHDD、USBフラッシュメモリ、コンパクトフラッシュ、
microSDHCメモリーカード、ファイルサーバー、DVD-RAMなど大容量のデジタルデータを
保管できる大容量記憶媒体が企業・家庭間を問わず一般的に普及してきました。

その分で今度は、機材の故障や誤った動作で貴重なデータやアプリケーションを
損失してしまうアクシデントが非常に多きなっています。

そのため、消えたファイルを復元したり、故障して読み込みできない補助記憶装置から
ファイルやプログラムを取り出して救出してもらう、プロの[データ復旧サービス]が
パソコン修理サポート、とともに日本全国各地にて事業展開がなされています。

NAS製品

データサルベージ・コーポレーションおきの違い

各都道府県にはそれぞれ、東京都や大阪府、愛知県などの大都市圏には
少なくとも数十箇所ものデータ救出サービス会社(data salvage corporation)があります。

また、地方でも各県おきに数箇所~10箇所以上の店舗があります。

容量が1テラバイト以上あるハードディスクやリンクステーション、サーバ、テラステーション、
ソリッドステートドライブといった容量の大きい記憶装置の内部のデータの修復は
どこの会社でも費用は結構高くなりがちです。

ですが、逆に料金の差額もそれなりに大きく違ってくる時もあります。




記憶装置の分解が必要なケース

間違えて外部接続のボリュームの内部にあるディレクトリに保存したデータを
痕跡から復元してもらう代行作業の依頼の場合は、「論理障害」と呼ばれています。

誤消去や誤フォーマット、ファイルの破損、オペレーティングシステムの不具合といったソフトウェア的な
問題である場合でしたら、比較的に安価になり、数千円以内の予算で収まることが多いです。

ですが、業者によってはそれぞれサービスのサポート体制の幅や出張などに対応してもらえる範囲、
アフターケアの優良具合、などの要素で、値段が高かったり、または低かったりする事もあります。

また、「物理障害」、すなわちハードディスクドライブのプラッタのヘッド吸着やコントローラーの破損、
SSDやUSBメモリの中身のメモリチップ屋ボードの損傷など、機材の内部パーツが破損した時には、
カバーケースをクリーンルームの中で空けて部品の分解とファイルの抽出作業を
伴う作業を依頼する事になります。

作業の複雑さや設備の維持費などの要素もあり、物理障害の場合は論理障害と比較して
数万円~数十万円と、結構な高額料金になります。

なので、注文をされてみる前に、一度パンフレットやホームページ、お問い合わせにて、
修復作業の平均的な価格の違いやNAS、サーバ、RAIDのHDDの数、格安サービスの有無を見て、
データ復旧業者事や時期、サービス内容ごとに見比べてみるのも大きな選択の幅になります。



『「修復料金・価格」のカテゴリーの前後のページ』

«

»