増設や分解をしたパソコンのデーターも復元してもらえる?

自作の組み立てパソコンや、自分で一度分解したり組み立てや増設などをしたことのある
デジタル機器が壊れてしまい、中身のデータファイルが読み出せなくなった時は
データ復旧サービスセンターで取り出し作業をしてもらえる?という疑問について。

パソコンの内部

まず、結論から書きまして、通常のハードディスクドライブなど一般に普及されている
正規の部品を使用されて、またそれらのパーツ自体に特に複雑で問題のあるカスタマイズを
施していなければ、基本的には受け付けられています。

自作組み立てPCやBTOパソコン、などでしたら特に問題はないです。

ですが、市販の完成品であるハードウェア製品を一度でもご自分で分解したり、
パーツ交換、システムの大幅な書き換えなどを行った場合は、
開発元のメーカー企業では、パソコン本体のカスタマーサポートでの修理サービスは、
一定期間内の保証が適用できなくなり、有償での趣里のみになる場合があります。

私設のパソコン修理サポート店やデータ復元サービスでは、そのまま検査が実施されていて、
また即日スピード診断といったお役立てのサポートを行われている企業もあります。





また、ノートパソコンの方も、パーツを少し換装したくらいであれば、基本的には特に問題ないです。

私設のデータ復旧サービスセンターなら、自分で組み立てたり、パーツを換装したパソコンや、
ハードディスクを交換した後の外付けHDDケースなどからのデータの復元も請け負ってもらえます。

ポータブルHDDケース

ですが、かなり新しいパーツの製品に換装していた場合や、逆に相当に古いパーツの場合、
データの読み込みにその製品がサービスで対応されていない、という場合もありえます。

ハードディスクやメモリーカードに変なデーターやシステムが混じっていたり、
コンピューターウイルスなど何らか問題のあるプログラムが混じっている可能性があり、
それによってOSが破損して開けなくなった、という場合は必ず事前にアドバイザーに伝えてください。

日頃からコンピューター製品の正しい使用と安全な管理を心がけられることが、やはり大切です。



『「修復料金・価格」のカテゴリーの前後のページ』

«

»